7月29日(金)境高校野球部 甲子園に向け練習

境高校野球部は夏の高校野球鳥取大会で優勝し、甲子園出場を決めました。甲子園に向け練習にも熱が入っています。

再生

 今月27日に18年ぶりの西部地区勢同士の決勝戦を米子松陰高校を戦い、甲子園出場を決めた境高校。夏の甲子園は9年ぶり、 8度目の出場となります。部員たちは甲子園出場を決めた翌日から、8月7日からの甲子園に向け、 練習に取り組んでいます。今回の鳥取大会では、境高校の特徴である足を活かした機動力と、攻撃的な打撃がうまくかみ合い勝ち進むことができました。また逆転勝ちをする試合も多く、大会を通して、勝負に対する粘り強さを磨くことができたということです。またこの日は境高校で、中学生に向けた学校説明会も行っており、集まったおよそ400人の前で優勝報告を行いました。野球部の練習グラウンドの周りには、高校の説明会に来た生徒の他に近隣の住人も訪れ、熱心に練習を見ていました。甲子園開幕まで残り10日をきり、練習にも熱が入ります。一方で鳥取大会を通し新たに見えてきた課題もあるようです。夏の甲子園は8月4日に組み合わせ抽選会が行われ、7日に開幕します。


サイト内検索