7月24日(日)美保湾でヨットイベント

美保湾で海に親しむイベントが開かれ、およそ600人の参加者がヨットやジェットスキーを楽しみました。

再生

 このイベントは、地元のヨットクラブが海のスポーツ体験を通して、多くの人に海に親しんでもらおうと毎年、みなと祭りに合わせて開いていて今年で29回目となります。また今年は初めて日本セーリング連盟や日本財団なども協力し、「海と日本プロジェクト」として規模を広げて開きました。このプロジェクトは日本の生活を支えている海の豊かな環境を未来の子どもたちへ引き継ごうと海に触れ合う機会を作る取り組みです。この「海と日本プロジェクト」は去年、海の日の20周年を記念して始まり、今年の夏には全国の43の都道府県で125事業、鳥取県内で12事業が行われます。参加した人は美保湾のイルカを見たり、潮風にあたっりして、海を楽しんでいました。このほか、ジェットスキーの体験もあり、訪れた人は普段できない海のレジャーを楽しんでいました。このイベントには土曜日と日曜日の2日間におよそ600人がヨットに乗ったり、水に触れたりして美保湾の海を体感しました。


サイト内検索