7月20日(水)スイートコーン収穫盛ん

大山町では新たな特産物になりつつあるスイートコーンが収穫のピークを迎えています。

再生

 大山町石井垣にある畑ではブロッコリー農家の森下英明さんがスイートコーンを育てています。大山町ではブロッコリー農家が、 ブロッコリーを植えていない夏のこの時期に、スイートコーンを栽培しています。森下さんは25年程前にスイートコーンの栽培を始めたベテランです。新鮮さを保つために、気温の低い明け方に収穫をしています。この日は午前5時ごろから作業をはじめ、およそ250キロのスイートコーンを収穫しました。大山町では去年までは33軒のブロッコリー農家がスイートコーンを栽培していましたが、今年は39軒と6軒増えています。また栽培面積も3年前の3倍の、15ヘクタールに広がっているということです。また去年からは大阪や京都、広島などに出荷していてより多くの人に大山町のスイートコーンを知ってもらいたいということです。


サイト内検索