7月18日(月)中国地方で梅雨明け

広島地方気象台は18日、「中国地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

再生

 気象台によりますと、今年は、平年より3日早く、去年より6日早い梅雨明けとなりました。梅雨入りした6月4日からの降水量は、米子285ミリ境港255.5ミリ日南町茶屋は385.5ミリでした。18日の県西部地方は、太平洋高気圧に覆われて良く晴れ、この日の最高気温は米子で30度6分、境港で29度7分、 日南町茶屋で27度9分でした。皆生温泉海水浴場では、本格的な夏のシーズンを迎え、多くの海水浴客が集まっていました。向こう一週間は、湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、雨や雷雨となるところがある見込みです。またさらに気温が上がる日が続くため、熱中症への注意が必要です。


サイト内検索