7月12日(火)グラスアート&押し花教室作品展

米子市内の公民館のグラスアートと押し花教室に通っている生徒の作品展が開かれています。

再生

 この作品展は米子市内の2つの公民館で、グラスアートと押し花を教えている末吉節子さんが、生徒の作品を多くの人に見てもらおうと、2年に1回開いています。会場には合わせておよそ100点が展示されています。グラスアートとは、平らなガラス板などにフィルムを貼り合わせて作ります。作品はステンドグラスのように見えますが、平らなものになら何でもフィルムを貼ることが出来るので、時計やランプシェード 写真立てなどに応用することもできます。また押し花教室の作品は、様々な押し花を組み合わせて 一つの作品をつくるコラージュ作品が多く展示されています。講師の末吉節子さんは、生徒一人一人の感性を大事にしていて、教室ではあえて課題は与えず、生徒に作りたいものを作ってもらっています。グラスアートと押し花教室の作品展は、7月17日(日)までコミュニティプラザ百花堂で開かれています。


サイト内検索