7月6日(水)がいな祭り安全祈願祭

来月6日と7日に開かれる米子がいな祭を前に関係者が6日、祭りの成功と安全を祈願しました。

再生

 安全祈願祭には米子がいな祭振興会長で米子市長の野坂康夫さんをはじめ、企画実行本部長の秋藤寿樹さんらおよそ40人が出席しました。そして勝田神社の神職が祝詞をあげて、今年のがいな祭の安全を祈願しました。つづいて関係者が玉串をささげて祭りの成功を願いました。今年の米子がいな祭のテーマは、「みんなでひろげるがいなの輪。みんなでつくるがいなの和」です。8月6日と7日の2日間、JR米子駅前通りを中心に恒例のパレードやがいな万灯、それに花火大会などが繰り広げられます。今年のがいな祭は、 小学生から大人までが参加できる水鉄砲を打ち合うイベントや、市内の小中学生がデザインした 花火の打ち上げなど新しい企画が行われます。


サイト内検索