7月1日(金)全国ホタル研究大会始まる

全国のホタル愛好家が集まり研究成果を発表する全国ホタル研究会が、県西部を会場に1日から始まりました。

再生

 この大会はホタルを通して、 環境に対する関心を高めるとともに、愛好家同士の交流を図ろうと、全国各地持ち回りで開いています。49回目となる今大会は米子コンベンションセンターを主会場に、米子市と南部町それに江府町と日南町が合同で開きました。初日の1日は全国からおよそ200人のホタル愛好家が集まり、 交流を深めました。またこの日は4つの会場で分科会が開かれ、このうち米子市の会場ではホタルの復活のため人工飼育と放流を行っているホタルネット春日の田後孝明さんが、取り組みを発表しました。発表のメインとなる2日には開会式が開かれる他、ホタルの保護に取り組んでいる大山小学校や会見小学校の児童の発表も予定されています。 


サイト内検索