6月28日(火)街路樹の実を活用

道路に落ちるだけの街路樹の実。その実を活用したある取り組みが始まっています。

再生

 おいしそうなこのババロア、 材料は何だと思いますか?実は街路樹として植えられているヤマモモの実で作っています。この日は、作業員4人が県道皆生車尾線で街路樹のせんてい作業に合わせてヤマモモの実を採っていました。鳥取県西部総合事務所米子県土整備局管内には国道181号沿いなどにおよそ500本のヤマモモが植えられています。ヤマモモは6月になると赤い実をつけます。しかし近隣住民から道路に実が落ちて、路面が汚れるなどといった苦情が毎年この時期に多く寄せられていました。そこで米子県土整備局はなんとかこの実を活用しようと考え、西部総合事務所で食堂を経営している「あかり広場」に相談してスイーツを作ることになりました。ヤマモモは生で食べると甘酸っぱく、とてもおいしいのですが日持ちが悪いためそのままでまわることはなく「幻の果物」、「高級果物」とも言われています。


サイト内検索