6月17日(金)職域防犯ボランティア活動開始

企業が仕事の時間中に地域の見守り活動を行う、職域防犯ボランティアの活動が17日からはじまりました。

再生

 防犯ボランティアを行うのは境港市の造園会社、『環境緑地』です。 この会社は米子空港や境港市内の街路樹の剪定などをしています。社用車7台に「みんなまもり隊」と 書いたマグネットなどを貼って、子どもの登下校の見守りなどを 行います。17日は活動開始を前に出発式が行われ、社員一人一人に防犯ボランティアのバッジが 配られました。出発式の後、さっそく 街路樹の剪定とパトロールに 向かいました。境港市内では3月4日に10歳代の女性が身体を触られるわいせつ事件が発生していて、市内に住む21歳の男が 逮捕されています。境港市内では現在、地域のボランティアが青色回転灯をつけた青パト4台で地域の見守り活動を 行っていますが、企業が防犯ボランティア活動をするのは初めてです。


サイト内検索