6月4日(土)水木ロード3000万人突破セレモニー

境港市の水木しげるロードの入込客数が3,000万人を突破したことから、4日に関係者が集まって記念式典を開き祝いました。会場には水木しげるさんの妻 布枝さんも訪れました。

再生

 4日の記念式典には布枝さんと水木さんの次女 悦子さんをはじめ、境港市や鳥取県の関係者が出席しました。式典では布枝さんが、去年11月に亡くなった水木さんとその作品への思いを話ました。このあと関係者が一緒にくす玉を割って先月20日に入込客数3,000万人を達成したことを祝いました。 水木しげるロードは平成5年にオープンしてから少しずつ入込客をのばし、平成22年に連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が放送されたことで年間の入込客数が過去最高の372万人を記録しました。そして平成24年に2,000万人、先月20日に3,000万人の入込客数を達成しました。 このほか式典では地元の境高校の書道部がパフォーマンスを披露し会場を盛り上げました。 境港市では今年度から観光客がより過ごしやすい場所を目指して、水木しげるロードをリニューアルすることにしています。また今年の8月にも、この3,000万人達成を記念したメモリアルイベントを開いて水木しげるロードを盛り上げる予定です。


サイト内検索