5月28日(土)スポーツ吹き矢の鳥取県大会

スポーツ用に作られた吹き矢を使って楽しむ「スポーツ吹き矢」の鳥取県大会が28日、米子産業体育館で開かれました。

再生

 この大会は3年前に発足した 鳥取県スポーツ吹き矢協会が開きました。 スポーツ吹き矢は筒の中に、 軽いプラスチックフィルムで 作られた矢を入れて、 離れた的に向かって吹き 得点を競う競技です。 スポーツ吹き矢は 子どもから大人まで 誰でも楽しめる ニュースポーツとして、全国的に競技人口を 増やしています。 この日は鳥取県内から 37人が集まり、 6メートル離れた的を狙う 「6メートルの部」と、 8メートル離れた的を狙う 「8メートルの部」を行いました。 的は直径およそ30cmで、 内側になるほど高得点になります。 一番外側の黒い円から順に 1点、3点、5点で 真ん中の円に刺さると7点です。 1試合に5本の矢を吹いて、 合計得点を競います。 吹き矢を飛ばすのに 力は要りませんが、 腹式呼吸をベースにするため 内臓機能の活性化などの 健康効果が期待されています。 鳥取県ではまだ スポーツ吹き矢の知名度は低く、 鳥取県スポーツ吹き矢協会は もっと多くの人に魅力を 知ってもらおうと体験会などを 開くということです。


サイト内検索