5月6日(金)米子がいな祭事務所開き

米子の夏を彩るがいな祭の事務所開きが6日に行われ、まつり本番に向けて本格的に準備が始まりました。

再生

米子がいな祭企画実行本部の事務所開きには、関係者約70人が出席し、事務所前に看板を取り付けました。今年で43回目となる米子がいな祭は、8月6日と7日に行われ、恒例のパレードやがいな万灯、それにステージイベントなどが予定されています。また2日目の夜には、恒例の花火大会が開かれますが、今年は市内の小中学生からデザイン花火の公募を行いました。そして81作品の中から大賞に選ばれた2作品は、実際に夜空に打ち上げられます。企画実行本部では、祭の成功に向けて3ヵ月間準備を進めていきます。


サイト内検索