地域のニュース(動画と記事を見ることができます)

西日本の記録的な大雨を受けて鳥取県西部消防局は7月12日、広島県に緊急援助隊の隊員を派遣しました。

中国からの観光客が7月6日に大山寺を訪れ、県西部の文化や自然に触れました。

日南町議会は7月4日、議員報酬の引き上げについて住民から意見を聞く公聴会を開きました。議員のなり手不足の解消に向けての一手になるのか本格的な議論が始まります。

米子白鳳高校の生徒たちが地元の伝統工芸品「淀江傘」の製作に挑戦しています。その様子を取材しました。

境港市にある水木しげるロードに新しいブロンズ像3体が6月28日に設置され、7月14日のリニューアルオープンに向けて準備が進んでいます。

無人航空機いわゆる「ドローン」の操縦を指導する学校が米子市内に完成し、関係者らが開所を祝いました。

境港市の水木しげるロードでは、7月のリニューアル完成に向けて準備が進んでいます。

鳥取県と島根県にまたがる汽水湖 中海を泳ぐ大会「中海オープンウォータースイム」が6月24日に開かれ、県内外から大勢の参加者が熱戦を繰り広げました。

6月22日(金)テロ対策訓練
last up date 2018年06月28日

日吉津村のショッピングセンターで6月22日、警察や施設の職員などが不特定多数の人を狙ったテロ行為に対応するための訓練を行い、万一に備えました。

インターネットで出資者を募ることで近年注目を集めているクラウドファンディング。米子市は今年初めてクラウドファンディングを使って、がいな祭の運営資金を募集することになり、6月21日から受付が始まりました。

大山町で主力メロンの目合わせ会が6月20日に開かれ、出荷が本格的に始まりました。

米子市の中心市街地に賑わいを取り戻そうと6月18日、若者などが活動する「まちなか拠点」がオープンしました。

とっとり花回廊のメインフラワー ユリの花を約80品種楽しめるゆりまつりが、6月16日から始まりました。

米子市の和菓子メーカーが6月16日、工場祭を開催して訪れた人たちが限定のどら焼きやつくりたての和菓子を楽しみました。

境港総合技術高校で6月15日、生徒たちがマグロ解体のプロの技を見学し、加工に挑戦しました。

北朝鮮による拉致被害者 松本京子さんの兄 (はじめ)さんが、6月12日に、シンガポールで開かれた米朝首脳会談を受けて、米子市で記者会見に臨みました。松本さんは、拉致問題解決に一歩前進したと話しました。

7月1日から運行を開始するJR西日本の新たな観光列車「あめつち」の車内が6月11日、関係者にお披露目されました。

伯耆町の福永地区で9日から「花菖蒲祭り」がはじまり、多くの人でにぎわいました。

日吉津村で6月2日、毎年恒例となっている12時間ソフトバレーボール大会が開かれ、参加者が優勝を目指して競い合いました。

6月1日(金)日野川のアユ漁解禁
last up date 2018年06月07日

鳥取県西部を流れる日野川で6月1日、今シーズンのアユ漁が解禁され大勢の釣り人でにぎわっています。

2018年
last up date 2018年05月21日

2017年
last up date 2018年01月30日

2016年
last up date 2018年01月30日

サイト内検索