地域のニュース(動画と記事を見ることができます)

JR西日本が運行する豪華寝台列車「瑞風」が今年7月から車両の定期検査を米子市の後藤総合車両所で行っていました。9月15日は、検査を終えて試運転に向かいました。

県内各地の古民家や自然を描いたペン画の作品展が、米子市の加茂公民館で開かれています。

新型コロナウイルスなどの感染リスクから医療従事者を守ることのできる使い捨ての飛沫防止ボックスを鳥取大学医学部附属病院が全国で初めて開発し、9月10日から販売を始めました。

台風9号の接近に伴って南から暖かく湿った空気が入り、9月2日の県西部地方は米子と境港で猛暑日となりました。この暑さに負けず、米子市内の中学校ではひまわりが元気に咲いています。

9月1日の防災の日に合わせて米子市旗ヶ崎にある住吉公民館では、地域で助け合うための防災講座が開催されました。

9月1日のベニズワイガニ漁の解禁に合わせて8月31日、境漁港で出漁式が行われました。

コナラやミズナラなどの広葉樹が枯れる「ナラ枯れ」の被害が大山周辺で発生していることから8月28日、国と県、それに周辺自治体が現地検討会を開き、被害の状況を確認しました。

8月24日(月)「銀河」お披露目
last up date 2020年09月14日

JR西日本は新型コロナウイルスの影響で運行開始を延期していた「WEST EXPRESS銀河」を8月22日、報道関係者に公開しました。

新型コロナウイルスの影響で社会が疲弊している中、地域を元気にしようと取り組む人たちが8月22日、米子市役所にプランターに入ったひまわりを並べました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でお盆の帰省を控える人などのため、鳥取県米子市内のタクシー会社が墓参りの代行サービスを始めました。

8月23日に米子がいな祭の代替イベントとして開催予定だった「米子がいな祭2020」は、米子市内でも新型コロナウイルスの感染者が出たことを受けて8月9日に中止が決まりました。

2020年のニュース
last up date 2020年01月13日

2019年のニュース
last up date 2019年08月30日

2018年のニュース
last up date 2019年02月06日

2017年のニュース
last up date 2019年02月06日

2016年のニュース
last up date 2019年02月06日

サイト内検索