地域のニュース(動画と記事を見ることができます)

米子市立淀江中学校の前庭にあるクロマツの手入れ作業が24日行われ、地域のボランティアが汗を流しました。

今月から鳥取県内全域のコンビニエンスストアに配布されている、特殊詐欺被害を防ぐためのチェックシートを活用して被害を水際で防いだとして、境港市内の女性に感謝状が贈られました。

6月22日(木)タカミメロン出荷
last up date 2017年06月23日

大山町で生産しているタカミメロンが、本格的な出荷時期を迎えています。

6月21日(水)郷土芸能発表会
last up date 2017年06月22日

日野町で21日、県内の高校の郷土芸能部で活動している部員たちが、地域に伝わる伝統芸能を披露しました。

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が、今月17日から運行を開始しました。19日にはJR米子駅に停車し、多くの人たちが歓迎しました。

米子市内の公民館で19日、スポーツ吹矢の体験会が行われ、地域の人たちが楽しいひとときを過ごしました。

6月18日(日)まぐろ感謝祭
last up date 2017年06月18日

境港で水揚げされるマグロをPRしようとまぐろ感謝祭が18日に開かれ、大勢の人で賑わいました。

6月17日(土)伯耆町で花菖蒲
last up date 2017年06月17日

伯耆町の福永地区で、17日から「花菖蒲祭り」が始まりました。地元の人と鳥取大学の学生が一緒に作った祭りです。

境港では連日マグロの水揚げが好調で、16日には78tの水揚げがありました。そしてこの地元で水揚げされたマグロの調理法を、境港市の高校生が学びました。

米子市永江で15日、「支え愛の店ながえ」がリニューアルオープンしました。この店は住民が買い物難民の解消や、コミュニティ作りのためにボランティアで運営するユニークな店です。

6月14日は世界献血者デーです。これに合わせ14日、サッカーJ3ガイナーレ鳥取の選手が献血推進アンバサダーに任命され、米子市内の高校で献血をPRしました。

6月13日(火)特殊詐欺防止訓練
last up date 2017年06月22日

電子マネーを悪用して現金をだまし取る特殊詐欺の被害を防ごうと、境港市のコンビニエンスストアで訓練が行われました。

境港市で12日、マグロの初水揚げがありました。6月12日のマグロの初水揚げは、この10年で最も遅い初水揚げです。

ラムサール条約に登録されている中海と宍道湖で11日、地元の住民たちが一斉に湖岸の清掃活動を行いました。

県西部の花の生産者が育てた切り花などを展示するフラワーフェスティバルが10日、米子市の園芸市場で始まりました。

米子市美術館で、大山の魅力を伝える書の展示会が9日から始まりました。

6月8日(木)ガラス工芸の作品展
last up date 2017年06月08日

ガラスで作った皿や花瓶など、色とりどりのガラス工芸品の作品展が米子市内で開かれています。

6月7日(水)妖怪ブロンズ像 移設
last up date 2017年06月08日

境港市の水木しげるロードが来年7月にリニューアルするのに向け、妖怪ブロンズ像の移設作業が7日から始まりました。

鳥取県西部の特産品の1つに「大山ブロッコリー」があります。この時期は初夏どりのブロッコリーが収穫の最盛期となっています。

6月5日(月)日野町さつきまつり
last up date 2017年06月05日

日野町のサツキ愛好家グループが丹精込めて育てた「サツキ」の展示会が開かれています。

6月4日(日)消防ポンプ大会
last up date 2017年06月05日

米子市で4日、西伯郡・日野郡の消防団が集まり、消防ポンプ車の操法技術を競いました。

日吉津村で3日、12時間ソフトバレーボール大会が開かれ、参加した人たちが熱い戦いを繰り広げました。

米子市内でホームステイしているインドの人たちが2日、浴衣の着付けや折り紙などの日本文化を体験しました。

6月1日(木)アユ漁解禁
last up date 2017年06月03日

鳥取県西部を流れる日野川で、1日からアユ漁が解禁されました。

伯耆町福島にある福島城遺跡で、平安時代末期から鎌倉時代の初めにかけて使われた「たたら製鉄の炉」が見つかりました。

米子道の蒜山ICから米子IC間の全線4車線化を実現しようと30日、米子市内に関係者が集まり、国に対して早期の実現を求めることを決めました。

在宅での医療を促進するための施設が29日、米子市内にオープンしました。

5月28日(日)美保基地 航空祭
last up date 2017年05月28日

航空自衛隊 美保基地で28日、毎年恒例となっている航空祭が開かれ、多くの家族連れや航空ファンで賑わいました。

5月27日(土)春のバラ展
last up date 2017年05月29日

愛好家が丹精込めて育てたバラを一堂に展示する春のバラ展が米子市内で開かれています。

鳥取県と島根県、それに広島県と愛媛県の4つの県はサイクリングを通じて観光客を呼び込もうと、大山寺から道後温泉を結ぶ約380kmの広域ルートを作りました。

米子市内で25日、夏の時期に収穫する「夏ネギ」の出荷が始まりました。

5月24日(水)大山の御幸
last up date 2017年05月24日

大山で平安時代から続いている伝統行事「御幸(みゆき)」が24日に行われ、参加した人たちが古式豊かな衣装を身にまとい参道を練り歩きました。

鳥取県の平井知事と米子市の伊木市長が政策課題の解決に取り組むための懇談会が23日開かれました。このなかで伊木市長が新しく建設が計画されている駅ビルにプラネタリウムを誘致したいと話しました。

5月22日(月)酒米の田植え
last up date 2017年05月24日

皆生温泉では地元で育てた米を使ってオリジナルの日本酒を作ってます。22日には酒米の田植えが行われました。

5月21日(日)大山寺の開白法要
last up date 2017年05月23日

大山中腹にある大山寺が開らかれてから、来年で1300年を迎えます。21日にはそれを前にプレイベントが開かれました。

障がいのある人が美保湾のクルージングを楽しむ催しが20日に開かれ、参加者が初夏の海を満喫しました。

境港市で19日、 市内の老人クラブが参加する 恒例のグラウンドゴルフ大会が 開かれ、 青空の下、多くのお年寄りが さわやかな汗を流しました。

日野郡日野町は県内の自治体で、唯一インターネットなどの高速な通信を可能にする光通信網が整備されていませんでしたが、今年度整備することになり、利用開始に向けた準備が進んでいます。

大山町と琴浦町を管轄する八橋警察署が老朽化に伴い新築移転し、名前も琴浦大山警察署に変わります。16日には新しい建物が、報道陣に公開されました。

境港に16日、世界各地を周遊しているクルーズ客船が3隻同時に寄港しました。3隻のクルーズ客船が同じ日に寄港するのは、今回が初めてです。

皆生温泉の旅館で15日、火災訓練が行われ、万一に備えました。

大山寺の本尊である地蔵を通じて大山の歴史や文化に興味を持ってもらおうとお地蔵さまフェスティバルが14日に開かれ、参加した親子が地蔵のそうじをしました。

5月13日(土)「中野港漁村市」
last up date 2017年05月15日

沿岸漁業者の拠点となっている境港市の中野港で13日、漁村市が開かれ、大勢の人で賑わいました。

5月12日は「看護の日」でした。これに合わせて米子市内の病院で「癒し」をテーマにしたコンサートが開かれました。

買い物金額の1%を地元のボランティア団体に寄附できる募金活動が行われています。11日には、関係者が活動を紹介しようと買い物客に呼びかけました。

伯耆町はゴミの減量化を図るため、使用済み紙おむつを燃料にリサイクルする取り組みを6年前から行っています。10日は、近年使用済み紙おむつの増加に悩むマレーシアの関係者が伯耆町を訪れ、処理施設を見学しました。

学校給食で日野町産の米を食べている境港市の小学生が9日、米作りを学ぼうと日野町の小学生と一緒にもち米の田植えをしました。

5月8日(月)がいな祭事務所開き
last up date 2017年05月08日

米子の夏を彩る米子がいな祭の事務所開きが8日に行われ、まつり本番に向け準備が本格的に始まりました。

境港市水木しげるロードの本格的なリニューアル工事を前に7日、安全祈願祭が行われました。

南部町のとっとり花回廊では、ゴールデンウィーク終盤の6日も多くの観光客らで賑わっていました。また花回廊の東館では青色のボールペンで動物や植物を緻密に描く、ボールペン画の作品展が開かれています。

豪華クルーズ客船コスタ・ヴィクトリアが境港に寄港し、新たな航路の就航を祝うセレモニーが開かれました。

5月4日(木)バイクカーニバル
last up date 2017年05月04日

7月に開かれる全日本トライアスロン皆生大会を前に、自転車のコースを確認しながら走るバイクカーニバルが4日、開かれました。

5月3日(水)淀江でよいとまかせ
last up date 2017年05月04日

米子市淀江町で3日、380年続く伝統の神事が行われ、町は多くの人で賑わいました。

5月2日(火)日野川にこいのぼり
last up date 2017年05月04日

県西部の各地では、春の風物詩となった鯉のぼりが風に乗って泳いでいます。

5月1日(月)海水浴場の水質調査
last up date 2017年05月08日

夏の海水浴シーズンを前に1日、皆生温泉海水浴場で水質調査が行われました。

今年の5月1日で創立100年を迎える伯耆町立八郷小学校で記念式典が開かれ、出席した児童や地域の人たちが一緒に祝いました。

県西部の観光地で環境に優しい電気自動車が導入されることになり、29日車の出発式を開いて祝いました。

米子市の副市長として長年、市政を支えてきた角博明さんが今月末で退任することになり28日に退任式が開かれました。

ゴールデンウィークに観光客が増加するのを前に、境港の市場関係者が清掃活動を行いました。

日野町は、かつて町の一大産業だった「たたら製鉄」を活用した街づくりを進めています。26日には拡張現実、いわゆるAR技術を使ったアプリが関係者にお披露目されました。

今年の11月23日に行われる宮中での儀式の一つ「新嘗祭」には、全国の都道府県から新米が献上されます。今年鳥取県を代表して、米を献上する農家が伯耆町の農家に決まり、25日にはその種まき「播種式」が行われました。

5月の大型連休を前に24日、日野川で安全に水辺を利用できるかどうかの点検が行われました。

コケを使った園芸作品を作るワークショップが23日、とっとり花回廊で開かれました。

認知症と共に生きる町づくりを目的に伯耆町が21日、製薬メーカーと連携協定を結びました。

大山町の男性が20日、仕事を引退したことを期に地元の人に感謝の気持ちを伝えようと演芸大会を開きました。

鳥取県西部消防局では、様々な言語の外国人からの通報に対応するため、今月から多言語通訳システムを導入しています。19日にはこのシステムを実際に使った訓練が行われました。

南部町のとっとり花回廊で18日、来園者が園内を巡る電動式のカートが導入されました。

ヴィレステひえづで開かれた健康づくり体操「3B体操」の様子をお伝えします。

境港市の砂浜を歩こうという砂浜ウォークが16日に開かれ、県内外から多くの人が参加しました。

松やケヤキなど、盆栽愛好家たちの作品展が米子市内で開かれています。

4月14日(金)絵本を寄贈
last up date 2017年04月16日

女性や親子の活動を支援している国際ソロプチミスト境港が14日、境港市地域子育て支援センターに絵本を寄贈しました。

米子市は今年度、韓国から新しい国際交流員を迎えました。13日には着任した新しい国際交流員が、野坂市長をたずねました。

4月12日(水)稚アユの放流体験
last up date 2017年04月16日

日野川では毎年、アユ漁解禁日の6月1日には多くの釣り人で賑わいます。それを前に12日には、日野川に園児たちがアユの稚魚を放流しました。

4月11日(火)県西部のサクラは
last up date 2017年04月16日

11日は全国的に雨となり、予定していた花見がおあずけになったという人も多かったのではないでしょうか。10日の夜には雨を前に夜桜を楽しむ人の姿も多く見られました。

米子ソウル便の搭乗者が就航以来50万人を達成しました。9日には鳥取県知事の平井伸治さんなど関係者が出席し、記念のセレモニーが開かれました。

伯耆町大殿の岸本保健福祉センターにフィットネススタジオがオープンし、記念式典が行われました。

4月8日(土)南部町さくらまつり
last up date 2017年04月10日

桜の名所である南部町の法勝寺川沿いではさくらまつりが開かれ、伝統の一式飾りもお目見えしました。

4月7日(金)合同入社式
last up date 2017年04月10日

新入社員に会社の枠を超えた仲間を作ってもらおうと、鳥取県内の企業が合同で入社式を開きました。

鳥取県と島根県の県境付近で両県の警察が、地元プロレス団体のレスラーを1日警察署長に任命して、一緒に交通安全を呼びかけました。

4月5日(水)各地の桜リレー
last up date 2017年04月10日

4月5日は暖かな一日となりました。県西部でも桜が咲き始めています。各地の桜の状況を取材しました。

4月4日は日本記念日協会が認定する「どらやきの日」です。この日に合わせて県西部の企業や団体でつくる「どらやきで米子のまちを元気にする会」が、4つの団体に活動支援金を贈りました。

地域の花や名物が描かれたご当地マンホールの蓋を紹介したマンホールカードが、全国で人気を集めています。米子市でも市の花つつじが描かれたマンホールカードの配布が、3日から始まりました。

4月2日(日)鳥取県で桜開花
last up date 2017年04月10日

鳥取地方気象台は2日、鳥取市の久松公園にある標準木のソメイヨシノの花が5〜6輪咲いているのを確認し、桜の開花宣言をしました。

4月1日(土)専門学校で入学式
last up date 2017年04月10日

4月1日となり平成29年度が始まりました。米子市にある日本海情報ビジネス専門学校では入学式が行われ、新入生たちが学校生活をスタートさせました。

黄色い鮮やかな花を咲かせる、アカシアという植物をご存知でしょうか。境港市内の道路沿いでは今、アカシアの花が見頃を迎えています。

6月17日から運行を開始するJR西日本の豪華寝台列車「瑞風」が30日、山陰の関係者に初お披露目されました。

鳥取県は日本財団と共同で「日本一のボランティア先進県」を目指して取り組んでいます。29日には、働く障がい者の活躍プロジェクトの1つとしてオープンする米子市のカフェレストランのオープニングセレモニーが行われました。

雪のため閉鎖されている江府町御机から伯耆町桝水までの県道で28日、開通に向けた除雪作業が行われました。春の観光シーズンへの準備が進んでいます。

米子市内を循環するだんだんバスの新しい車両が、27日にお披露目されました。

お年寄りたちに楽しく体を動かしてもらおうと境港市で26日、シャッフルボードの大会が開かれました。

台風の接近により避難勧告が出されたとの想定で、鳥取県西部の7つの町村が合同で住民の避難所を作る訓練が25日、日南町で行われました。

大山トムソーヤ牧場では春になり、動物の赤ちゃんが生まれているそうです。どんな様子なのかモーニングキャスターの塩田キャスターがちょっと拝見してきました。

境漁港の水揚げ状況や今年の漁獲の見通しについて報告する会が23日、境港市で開かれ、今年マイワシは平年を上回る一方で、マアジやハタハタそれにアカガレイなどは、下回るという予想が発表されました。

日野高校の生徒が22日、数が少なくなっているニホンミツバチのために植樹をしました。

21日の境漁港はアジやサバなどを中心に1,000tを超す水揚げがあり、港は活気づきました。

3月20日(月)刀剣の鑑賞会
last up date 2017年04月10日

現代の刀工が手がけた刀剣の観賞会が米子市内で開かれ、県内外から多くの刀剣ファンが訪れました。

日吉津村の消防団員が19日、災害を想定した訓練に臨み、万が一に備えた機材の使い方などを確認しました。

新鮮な海産物を多くの人に味わってもらおうと18日、境港市で大漁祭が開かれました。

3月17日(金)ダンボール遊園地
last up date 2017年03月17日

ダンボールで作った様々なアトラクションが楽しめる遊園地が、18日から境港市の夢みなとタワーで始まります。それを前に17日には内覧会が開かれ、参加した子供たちが楽しみました。

1ヵ月後の4月16日には、米子市長選挙が行われます。それを前に投票用紙の印刷が行われました。

米子市の湊山公園では、桜まつりを前にボンボリの取り付け作業が始まりました。

米子市内で14日、大正から昭和中ごろのレコードの曲を聴きながら昼ごはんを食べようというイベントが開かれました。

南部町に移住を考えている人に地域の魅力を感じてもらおうと、一定期間町での暮らしを体験できるお試し住宅が11日に完成し、記念のセレモニーが開かれました。

境港市の竹内南地区では現在、貨客船ターミナルの整備事業が進んでいます。12日には本格的な工事を前に、着工記念式が開かれました。

飲食店で食事をした時に、箸袋を使って感謝の気持ちを表す取り組みが全国で広まっています。11日には取り組みの発案者の男性が、米子市を訪れました。

3月10日(金)交差点が変わる
last up date 2017年03月17日

米子市内には自動車と歩行者が同時に入らない交差点、歩車分離式交差点が4つありますが、そのうちの2つが今月15日から通常の交差点に変わることになりました。

米子市の湊山公園「猿が島」の子ザルが9日、芸を身につけるため、熊本県で猿回しをしている男性に譲り渡されました。

3月8日(水)はサバの日
last up date 2017年03月17日

3月8日は数字の語呂合わせからサバの日です。日本記念日協会によりますと、サバに関心をもってもらうと共に、サバに感謝する日としています。サバが多く水揚げされる境漁港でも、サバの日のイベントが開かれました。

3月7日(火)南天の会 絵画作品展
last up date 2017年03月17日

米子市や南部町で活動する絵画サークル「南天(なんてん)の会」の作品展が、米子市内のギャラリーで始まっています。

米子‐ソウル便が就航以来、初めての搭乗率90%台を先月達成しました。鳥取県は好調の決め手を「温泉」と「カニ」ではないかと分析しています。

3月5日(日)世界腎臓デー
last up date 2017年03月07日

毎年3月の第2木曜日は世界腎臓デーです。それを前に5日、米子市で腎臓のエコー検査などができる催しが開かれました。

米子市内で4日、近未来ビジネスフォーラムが開かれ、訪れた人たちが工夫や発想力で出来る地域の活性化について探りました。

3月3日(金)園児のひなまつり
last up date 2017年03月07日

3月3日は桃の節句ひなまつりです。日吉津村の保育所では園児たちの健やかな成長を願って、ひなまつり会が開かれました。

3月2日(木)中海の赤潮減少
last up date 2017年03月07日

中海では、プランクトンが異常に増える「赤潮」が毎年確認されています。去年は過去5年間で、赤潮の発生が最も少ない年だったことが分かりました。

3月1日から春の全国火災予防運動が始まっています。これにあわせて境港市では、消防署員が住宅用火災警報器の設置状況などを調査しました。

米子―ソウル便の搭乗率が初めて90%を超え、搭乗者数も最高記録を更新しました。2月28日にはそれを記念して、米子鬼太郎空港で関係者たちが祝いました。

2月27日(月)地震受け天井調査
last up date 2017年03月01日

去年10月に起きた鳥取県中部地震で倉吉未来中心の天井の一部が落下したことを受け、鳥取県は県内14の施設の天井の耐震化を進めることになりました。

2月26日(日)若手作家支援展
last up date 2017年03月01日

米子市や米子市美術館は、地元にゆかりのある若手作家を応援しようと、展示会を企画しています。26日からは、米子市出身の画家坂本和也さんの個展が始まりました。

境港市が特産化に取り組む伯州綿を使ったワークショップが25日に行われ、参加者が羊のマグネットづくりに挑戦しました。

海の上の船で急病人が出た際に、医師と看護師がヘリコプターの中で治療する訓練が23日行われ、参加者が万一に備えました。

全国の妖怪ファンたちが妖怪をテーマに作った川柳のコンテストが行われ、23日に境港市で上位の10句が発表されました。

2月22日(水)猫の日
last up date 2017年02月26日

2月22日はニャーニャーニャーということで猫の日です。そこで今月、米子市に初めてオープンした猫カフェを取材しました。

県西部の食材を地元の旅館や飲食店で、積極的に使ってもらおうと21日、食材の商談会が開かれました。

2月20日(月)レジ袋削減で協定
last up date 2017年02月22日

県西部のスーパーマーケット4社が20日、鳥取県や消費者団体とレジ袋削減の推進に関する協定を結びました。これにより県西部の一部のスーパーマーケットでは、4月1日からレジ袋が有料化されることになりました。

去年9月に就航した米子香港便の利用者数が1万人を達成したことから、記念のセレモニーが開かれました。

日野川に遡上するアユは、近年数が減少傾向にあります。米子市内では17日、日野川のアユやその周辺環境について考える講演会が開かれました。

地域おこし企業人をご存知でしょうか。地域おこし企業人とは、都市圏で勤務する大企業の社員を市町村に派遣し、その人のノウハウや人脈を活かして、地域の産業振興や魅力向上を目指す総務省のプログラムです。伯耆町に地域おこし企業人が派遣されているということで、取材しました。

2月16日(木)春の陽気で梅の花
last up date 2017年02月22日

16日は県内各地の最高気温が今年一番を記録するなど、暖かな一日となりました。そんな中、米子市内の梅の名所では雪の被害を受けながらも、梅が色とりどりの花を咲かせ、春の訪れを告げています。

米子市の金融機関が15日、遊具や絵本などを米子市児童文化センターに寄贈しました。

鳥取県内では今月に入って、交通死亡事故が3件発生し、交通死亡事故多発警報が発令されています。これを受けて警察などの関係機関が14日、県民に交通安全を呼びかけました。

病院で働く看護師のアイディアを取り入れた医療グッズが製品化され、今週末に大阪で開かれる医療機器展で発表することになりました。13日には、発表を前に記者会見が開かれました。

2月12日(日)米子書芸院展
last up date 2017年02月14日

書道愛好家たちが書いた書の作品展が、米子市内で開かれています。

2月11日(土)二十歳の書道展
last up date 2017年02月14日

伯耆町に住む女性が、二十歳を記念して書道展を開いています。

鳥取県の平井伸治知事は10日、定例会見を開き、今年秋にベトナム・ハノイのノイバイ国際空港と米子鬼太郎空港を結ぶ、初のチャーター便を運航することを明らかにしました。

今週末からの寒波を前に米子道の大山パーキングエリアで9日、広報検問が行われ、ドライバーに「雪道への備え」を呼びかけました。

先月23日からの雪は、平成23年以来の大雪となり、県内各地に大きな影響が出ました。今週末は再び強い冬型の気圧配置となり、大雪となる見込みで注意が必要です。

2月7日(火)去年の災害概況
last up date 2017年02月09日

西部消防局は去年1年間の災害発生状況をまとめました。前の年に火災による死者はありませんでしたが、去年は4人がなくなりました。

日本と韓国の高校生がサッカーを通じて交流を深める「日韓サッカー交流」は、今年5周年を迎えます。そこで今年は韓国のサッカークラブ江原FCとガイナーレ鳥取の交流も行われることになり、関係者がスタジアムを視察しました。

2月5日(日)ニュースポーツ大会
last up date 2017年02月09日

境港市で5日、ニュースポーツ大会が開かれ、参加した地域の人たちが交流を深めました。

若者目線で「米子」の魅力を発信するフォトライブラリが、今月1日にオープンしました。どんな方が撮影しているのでしょうか。

米子市のタクシー会社が2日、伯耆国 大山開山1300年祭を前に観光客に「おもてなし」するための講習会を開きました。

子どもから お年寄りまで 全国各地の版画愛好家が描いた今年の年賀状の作品展が南部町で開かれています

境港市では妖怪の町をアピールする、新たな取り組みが始まりました。町でよく見かけるあるものと妖怪のコラボレーションです。

米子ソウル便の1月の搭乗者数が、1月31日の便で4,000人を突破し、平成13年の就航以来最高となりました。

米子市は空き家の利活用を進めようと、不動産関連団体と流通促進のための協定を、30日に結びました。

日本刀やたたら製鉄について学びたい女性、いわゆる「刀剣女子」を対象としたモニターツアーが開かれました。

米子市は、地域の防災意識の向上を図るため、市民を対象に東日本大震災の教訓を学ぶ防災研修会を来月開くことにしています。

鳥取県はイノシシなど害獣の肉を高級食材として料理する、いわゆるジビエの振興に取り組んでいます。26日には、ジビエのおいしさを多くの人に知ってもらおうと米子市内で試食会が開かれました。

全日本トライアスロン皆生大会を運営する皆生トライアスロン協会の総会が26日に開かれ、今年の大会は7月16日に開催する事が決まりました。

去年の末に人工的にふ化した日野川の白ザケの赤ちゃんが、春の放流に向けて成長を続けています。

境港市が市民会館を取り壊して整備する複合施設「(仮称)市民交流センター」の住民説明会が行われ、市は1階にホールや図書館を設ける基本設計案を公表しました。

1月23日(月)県西部各地で大雪
last up date 2017年02月01日

鳥取県内では23日、短い時間に大量の雪が積もり、米子市では午後5時現在38cmの積雪がありました。米子で35cmを超える積雪は、豪雪だった2011年以来6年ぶりのことです。

世界最大の奉仕クラブ組織であるライオンズクラブ国際協会が今年、創立100周年を迎えることから、鳥取県内各地で22日、クラブのメンバーが一斉に清掃活動をしました。

米子高校の芸術科目を選択する生徒たちが、日頃の学習の成果を発表する総合美術展が、21日に開かれました。

皆生温泉旅館組合青年部などが中心となって作る、皆生温泉オリジナル日本酒「海に降る雪」の仕込み作業が、20日から始まりました。

1月19日(木)119番通報増加
last up date 2017年02月01日

1月19日は数字を並べると、「119」、救急車や消防車などの緊急通報の番号になります。鳥取県では、この119番による救急車の出動件数が増加しています。現状を取材しました。

鳥取県警察本部は増える外国人観光客に対応しようと、境港市内で外国人からの110番通報があったという想定の訓練を行いました。

任期満了にともなう伯耆町長選挙は、現職の森安保さん以外に立候補の届け出がなく、森安さんが3期連続無投票で当選しました。

美保湾で養殖しているサバの出荷が16日、本格的に始まりました。

1月15日(日)カニ感謝祭
last up date 2017年01月15日

境港(さかいこう)はカニの水揚げ量が日本一です。15日は、そのカニの恵みに感謝をする祭が開かれ、関係者が豊漁と海の安全を祈願しました。

1月14日(土)日南町消防出初式
last up date 2017年01月15日

日南町消防団の出初式が14日に行われ、団員が今年1年の防災への決意を新たにしました。

日南町、日野町、江府町の日野郡3町は、たたら製鉄をイメージした「たたらんち」というご当地グルメを作って町おこしをしようと取り組んでいます。13日は開発した料理人たちが集まって、試食を行いました。

1月12日(木)春の山陰民窯展
last up date 2017年01月13日

鳥取県と島根県にある窯元の陶芸家たちの作品を集めた展示会が、米子市の百貨店で12日に始まりました。

今月9日は成人の日でした。厚生労働省や日本(にっぽん)赤十字社などは、毎年1月から2月にかけて「はたちの献血キャンペーン」を実施しています。

米子市の皆生温泉旅館組合は、15の旅館の温泉に入れる「美湯めぐり帳」の販売を10日から始めました。

1月9日(月)切り絵の作品展
last up date 2017年01月13日

米子市淀江町にある伯耆古代の丘公園で、切り絵の作品展が始まりました。

1月8日(日)境港市で成人式
last up date 2017年01月11日

1月9日は成人の日です。鳥取県内では8日、各所で成人式が行われ、新成人が晴れて大人の仲間入りをしました。

障がいのある人が暮らしやすい社会をつくろうと、全国から様々な分野の人が参加して話し合うフォーラムが米子市で始まりました。

1月6日(金)花回廊で梅開花
last up date 2017年01月11日

今年は年明けから暖かい日が続き、「暖冬だな」と感じている人も多いのではないでしょうか?どうやらそう感じているのは人間だけではなさそうです。

1月5日(木)境漁港で初セリ
last up date 2017年01月05日

境漁港で5日、今年初めてのセリが行われ、市場には威勢のいい声が響きました。

1月4日(水)書き初め教室
last up date 2017年01月05日

米子市内の公民館で4日、地元の子どもたちが集まり、今年一年の筆はじめを行いました。

1月3日(火)成人式
last up date 2017年01月03日

米子市で3日、成人式が開かれ、新成人が気持ちを新たに大人への一歩を踏み出しました。

新年恒例の初漕ぎ会が2日、米子市内で行われました。

今年は酉年です。米子水鳥公園では、恒例のコハクチョウの観察会が開かれ、訪れた多くの人たちがコハクチョウと初日の出を見ながら新年を迎えました。

境漁港の今年の水揚げ量は速報値で10万7,000tを超え、全国5位となることがわかりました。

12月30日(金)帰省ラッシュ
last up date 2016年12月30日

30日は、年末年始をふるさとで過ごす人の帰省ラッシュで交通機関が混雑しました。

スキー場開きの日に積雪がなく、営業ができなかった大山のスキー場ですが29日は、一面銀世界となり多くの人で賑わいました。

鳥取県西部のほとんどの市町村は、28日に仕事納めをして1年を締めくくりました。

境港市は26日に会見を開き、境港市政の今年1年間の10大ニュースを発表しました。

余子公民館で25日、クリスマスコンサートが開かれ、来場者が、演奏を楽しみました。

米子市では毎年、年末に市政の主要ニュースを発表しています。今年のニュースには、1月に発生した水道管の凍結災害、スポーツの分野では米子市出身の冨田千愛選手がリオオリンピックのボート競技に出場したなど11項目が選ばれました。

正月を前に、米子市のシルバー人材センターの会員が米子市役所前に門松を設置しました。

大山開山1300年に向けて、伯耆国「大山さん」を示すシンボルマークが決まり、22日米子市内で記者会見が行われました。

12月21日(水)冬至の県西部は
last up date 2016年12月21日

12月21日は冬至です。一年で一番太陽が出ている時間が短い日で寒さが厳しくなってくる時期ですが、今年の冬至はいつもと少し様子が違うようです。

冬至の日を前に、大山トム・ソーヤ牧場の人気者カピバラがゆず湯を楽しみました。

米子北高校サッカー部の生徒たちが19日「安全運転で自宅にゴール」をテーマにドライバーに交通安全を呼びかけました。

やわらかいゴムボールを手で相手コートに打ち返すバウンスボールは、鳥取県発祥のスポーツです。そのバウンスボールの大会が18日、米子市内で開かれました。

ICカード乗車券「ICOCA」の利用が、17日からJR米子支社管内の駅で始まり、利用開始を記念したセレモニーが行われました。

12月16日(金)各地で雪
last up date 2016年12月18日

鳥取県西部では15日から16日にかけて上空に強い寒気が流れ込み、山沿いを中心に雪が積もりました。

年末が近づき、障子の張り替えを受注しているシルバー人材センターは、忙しい時期を迎えています。

JRの職員と警察官が、駅で不審者が現れた際の対応訓練を行いました。

12日から年末の交通安全県民運動が始まりました。米子市内では推進式が行われ、参加した人たちが交通死亡事故ゼロを目標に取り組むことを誓いました。

南部町で11日、大縄跳びの大会が開かれ、参加した人たちが体を動かして楽しみました。

大山町の中山地区で踊り継がれている「いさい踊り」は、小泉八雲の著書の中で紹介されています。10日には八雲のひ孫にあたる小泉凡さんが「いさい踊り」ゆかりの地を訪れ、地元の人たちと一緒に踊りを楽しみました。

県立米子養護学校の高等部に通う生徒の芸術発表会が9日、米子市文化ホールで開かれました。

とうふを食べると、1年間についた嘘が帳消しになるというイベントが米子市で開かれました。

12月7日(水)大雪(たいせつ)
last up date 2016年12月07日

7日は二十四節季の1つで平野部にも雪が降り始めるといわれる「大雪(たいせつ)」です。県西部にはまだ雪は降っていませんが、気温が下がり冬の気配が深まっています。今回は寒い時期の風物詩、日野町の「オシドリ」をご紹介します。

12月に入り鍋の季節になりました。今年9月から11月にかけて野菜の価格高騰が続いていましたが、今はどんな状況なのでしょうか。取材しました。

境港と博多、そして東京とを結ぶ海上貨物輸送ルートを開拓しようと、大型車が直接乗り降りして、貨物を運べるRORO船を使った実証実験が行われています。

県西部を中心に活動しているハンドベルグループが4日、コンサートを開きクリスマスソングを演奏しました。

消防業務を体験できるイベントが3日、境港市で開かれ、訪れた人たちが防災について考えました。

年齢や障害のある・なしに関わらず、多くの人が利用しやすいデザインのタクシー「ユニバーサルデザインタクシー」が、鳥取県内で12月から導入されることになり、米子市内で出発式が行われました。

鳥取県は白ネギの生産地として有名です。12月1日は、古くからこの地に根付いていたとされる白ネギの品種で、鳥取県のオリジナルブランド「伯州美人」の初出荷が行われました。

消費者庁は去年3月に家庭用品品質表示法を改正しました。それに伴い、12月1日から衣類などの洗濯表示が変わります。

JR米子支社に今月から新しいラッセル車が配備されました。29日には、本格的な雪のシーズンを前に車両が報道機関に公開されました。

「境港サーモン」という新たなブランドとして売り出している美保湾のギンザケの養殖が、今年も始まりました。

11月27日(日)伝書鳩の品評会
last up date 2016年11月29日

鳩が特定の場所に戻ってくる特性を生かして、遠い所からの通信手段として使われていた「伝書鳩」。その伝書鳩の品評会が27日に日吉津村で開かれ、中国地方の代表を決める審査が行われました。

伯耆町福岡地区の人たちが、地域おこしで作っているどぶろくの新酒が出来上がりました。25日には関係者が集まって、今年の出来を確かめました。

境港市は今月30日から、オートバイのナンバープレートに水木しげるさんのマンガ「ゲゲゲの鬼太郎」のイラストを描いたご当地ナンバープレートを導入することを明らかにしました。

米子市の高校で24日、選挙出前講座が開かれ、生徒たちが講義を受けたり模擬投票をしたりして、選挙の重要性について学びました。

南部町の特産である富有柿を多くの人に食べてもらおうと23日、恒例の柿の種吹きとばし大会が開かれました。

米子市淀江町に咲く彼岸花の写真や、咲いている様子を詠んだ俳句の作品展が米子市内で開かれています。

一人乗り用のヨットを使ったオリンピック種目「セーリング」のレーザー級世界選手権大会が、2019年の夏に境港市の公共マリーナで開催されることが正式に決まりました。21日にはその祝賀式典が開かれ、関係者が大会の成功に向けて準備をスタートしました。

日野町役場前で20日、日野郡新そばまつりが開かれ、訪れた家族連れなど多くの人が今年の新そばの味を楽しみました。

11月19日(土)原子力防災訓練
last up date 2016年11月24日

島根原子力発電所の事故を想定した住民避難訓練が19日に行われ、参加した人たちがバスや列車など様々な交通機関を使った避難行動を確認しました。

米子市出身のピアニスト中ノ森めぐみさんが、ふるさと米子で初めてのピアノリサイタルを開きました。

中四国の警察や消防などが、大規模災害の発生に備えて17日に米子市で訓練を実施しました。

境港市の高校で70年つづく伝統のある実習、新巻ザケ作りが16日に行われました。

デイサービスに通う人たちが、筍の皮や毛糸で動物を作った作品展が米子市内で開かれています。

11月は児童虐待防止月間です。12日にはシンボルカラーのオレンジ色のたすきをつなぐリレーが行われ、ランナーや集まった人たちが児童虐待防止を訴えました。

本格的な冬の訪れを前に凍結防止剤をまくなど、米子自動車道の維持管理をする雪氷作業車の出動式が11日、米子市内で行われました。

日野郡日野町に伝わる郷土料理「じゃぶ汁」を多くの人に知ってもらおうと、日野高校の生徒たちが町内産の蕎麦を使った新しいメニューを開発し、9日試食会を開きました。

11月9日から15日までの7日間は秋の全国火災予防運動週間です。9日は、米子消防署の署員が事業所をまわって消防設備などを立ち入り検査しました。

大山町では、40歳以上でメタボリックシンドロームに該当する人が県内で一番多いなど、住民の健康問題が課題となっています。これをうけて8日、男性専用のフィットネスクラブが町内にオープンしました。

11月7日(月)松葉ガニ 初セリ
last up date 2016年11月07日

境港で7日、冬の味覚「松葉ガニ」の初競りが行われ、カニのシーズンが始まりました。

鳥取県西部の高校生を対象にした創業チャレンジセミナーが6日、米子市内で開かれ、参加した生徒が会社を立ち上げるために必要なスキルについて学びました。

日野町と日南町それに江府町では地域活性化を目的におととしから、日野郡★秋の陣と銘打って様々なイベントを開催しています。5日は日野町で金持開運ウォーキングが開かれ、参加した人たちが色づいた紅葉の景色を楽しみながら汗を流しました。

11月2日に高齢者が運転する車が誤って店舗に衝突する事故が、米子市内で相次いで発生しました。幸いけが人はありませんでしたが、こうした事故が増えています。なぜ事故が起きてしまうのか?

11月3日(木)添谷楽校祭
last up date 2016年11月03日

伯耆町の添谷集落で3日、閉校になった小学校を利用した「添谷楽校祭」が開かれ、多くの人で賑わいました。

11月2日(水)大山で初冠雪
last up date 2016年11月03日

中国地方最高峰の大山で2日、今シーズンの初冠雪が確認されました。

誰もが楽しめる観光地を目指して、境港市の水木しげるロードでは来年から大規模なリニューアル工事が行われます。それに伴い妖怪のブロンズ像が増設されることになり、そのスポンサーの公募が1日から始まりました。

手話を交えたガイドツアーが大山町で10月31日に行われ、聴覚障がいがある人が大山の景色や文化に触れました。

米子市の湊山公園で生まれた猿が30日、里帰りをして多くの家族連れを前に様々な曲芸を披露しました。

大山町で芋ほり園が29日にオープンし、町内外から訪れた人たちがサツマイモを収穫しました。

今から71年前、第二次世界大戦が終結した後に、日本軍の捕虜などがシベリアなどで抑留され、旧ソ連に強制労働を課せられました。そんなシベリア抑留者の体験を語り継ぐ集いが、28日に米子市内で開かれました。

地震の復興に向けて、県西部総合事務所に募金箱が設置されています。

境港市に26日、中国のマカオからメディアが視察に訪れ、妖怪などの日本文化に触れました。

鳥取県中部を震源とする大規模な地震が21日に発生しました。その影響が建物被害のなかった皆生温泉などにも出ています。25日には皆生温泉旅館組合の職員などで作る観光宣伝隊が風評被害払しょくのため、関西にむけて出発しました。

今月告示された南部町長選挙で、無投票で初当選した陶山清孝さんが24日、南部町役場法勝寺庁舎に初登庁しました。

米子鬼太郎空港と韓国の仁川国際空港とを結ぶ米子―ソウル便は、23日から格安航空会社エアソウルが運航を始めました。初便となる23日には、関係者集まって初就航を祝いました。

航空自衛隊美保基地に配備が予定されている空中給油・輸送機と類似機のKC―767のデモフライトが22日に行われ、周辺自治体の住民などが騒音や機体の大きさなどについて体感しました。

10月21日(金)猫の写真展
last up date 2016年10月22日

猫を専門に撮り続けているカメラマン 森原 輝明さんの写真展が米子市内の百貨店で開かれています。

10月20日(木)ミニ大山 秋に
last up date 2016年10月20日

JR米子駅の構内にある大山の模型、「ミニ大山」が20日、大山町内の有志によって新緑から紅葉の姿に塗り替えられました。

米子市博労町で19日、地元の高校生が自分たちで作ったゴミストッカーを自治会に贈りました。

境港に18日、白いベニズワイガニが水揚げされ、話題となっています。

大山町宮内の高杉神社では、4年に一度「嫐(うわなり)神事」という珍しい祭を行っています。どんな神事なのかご紹介します。

特殊詐欺を未然に防ごうと米子市内のスーパーマーケットで16日、街頭広報が行われました。

加藤勝信拉致問題担当大臣が15日、39年前に米子市から北朝鮮に拉致された、松本京子さんの拉致被害現場を視察しました。

10月14日(金)水彩画の作品展
last up date 2016年10月17日

花や風景などを描いた水彩画の作品展が、米子市内で開かれています。

伯耆町で13日、不法にゴミが棄てられている場所がないかを調べる監視パトロールが行われました。

境港沖の銀鮭の養殖場で、海上に作った設備から自動で魚にエサを与える世界初のシステムが、今年の12月から試験運用されます。このシステムを使えば、沖合で大規模な魚の養殖ができるようになるということです。

米子水鳥公園に11日、冬の使者「コハクチョウ」が初飛来しました。

米子市内で障がいのある人たちが水泳とランニングの2種目を続けて行うアクアスロン大会が開かれ、参加した選手たちは日頃の練習の成果を発揮しました。

全国のご当地バーガーを集めた「とっとりバーガーフェスタ」が9日、大山町で始まりました。

米子に本部がある日本武術、本派揚心流柔術の記念大会が8日、鳥取県立武道場で開かれました。

10月7日(金)盗難の日
last up date 2016年10月07日

10月7日は数字の語呂あわせから盗難防止の日です。この日に合わせて、県の職員などが鍵かけをしっかり行うよう呼びかけました。

米子市は、暮らしやすさ日本一であることを知ってもらおうと市の公用車にステッカーを貼り付け広くPRすることになりました。

今月9日と10日に恒例のとっとりバーガーフェスタが開かれます。それを前に県内の出店団体が集まり、健闘を誓い合いました。

先月30日まで行われた秋の全国交通安全運動期間中、県内では19件の交通事故が発生しました。

10月2日(日)市民大茶会
last up date 2016年10月02日

米子市の秋の文化イベント、市民大茶会が湊山公園にある日本庭園で開かれ、訪れた人たちが心のこもったお茶を堪能しました。

伯耆町の溝口公民館で1日、日本とベトナムの食文化を通じて国際交流を図るイベントが開かれ、参加した人たちがお互いの国の麺料理作りに挑戦しました。

今年5月にヨットで単独太平洋往復航海に出発した境港市の庄司信吉さんが、9月30日に無事、境港に帰ってきました。単独でヨットで太平洋往復航海に成功したのは、鳥取県では初めての快挙です。

航空機事故に対応する訓練が29日、美保飛行場内で行われ、参加者が万が一に備えました。

9月28日(水)輝太郎柿 初出荷
last up date 2016年09月28日

南部町のあいみ選果場で28日、鳥取県の新品種の甘柿「輝太郎」の出荷が始まりました。

9月27日(火)実りの秋 栗の収穫
last up date 2016年09月28日

秋を代表する味覚の一つ、栗の収穫が日南町で行われています。

漁業のまち境港で26日、水産関係者が日頃の感謝を込めて魚を供養する法要を執り行いました。

9月25日(日)日南町で防災訓練
last up date 2016年09月25日

日南町が毎年行っている総合防災訓練が25日に行われ、町民が非常時の動き方を確認しました。

9月24日(土)ケヤキ通り祭り
last up date 2016年09月25日

国道431号沿いのケヤキ並木を守り、地域のにぎわいを作ろうと24日、米子ケヤキ通り祭りが開かれました。また同じ会場内で木の住まいフェアが開かれ、大勢の人で賑わいました。

9月23日(金)酒米の稲刈り
last up date 2016年09月25日

皆生温泉の旅館はオリジナルの日本酒造りを今年で9年前から行っています。23日には、伯耆町で日本酒にする酒米の稲刈りが行われました。

9月はがん征圧月間です。南部町では行政関係者が、スーパーマーケットでチラシを配ってがん検診の受診を呼びかけました。

9月24日からの結核予防週間を前に、保健事業団などが結核の撲滅と予防を呼びかけました。

健康志向の高まりとともにウォーキングをする人も増えています。そんな中、境港市では市内の名所などを巡るウォーキング大会が開かれました。

敬老の日を前に18日、境港市で今年度100歳を迎える人に伯州綿を使った記念品が贈られました。

日野郡日野町では、中海の海藻を肥料にする「海藻米」が栽培されています。17日には、境港市の子どもたちが海藻米の稲刈りに挑戦しました。

南極の昭和基地に燃料や食料を届ける、海上自衛隊の南極観測船「しらせ」が16日、境港に入港しました。

9月15日(木)各地で敬老会
last up date 2016年09月15日

今年で敬老の日が制定されて50周年となりました。そして15年前まで9月15日は敬老の日でした。これに合わせて各地で高齢者の長寿を祝うイベントが開かれました。

9月14日(水)米子‐香港便就航
last up date 2016年09月14日

米子鬼太郎空港と中国の香港国際空港を結ぶ米子‐香港便が、14日に就航しました。

米子高専が13日、とっとり自然環境館に学生手作りのベンチを寄贈しました。

今月1日に漁が解禁されたベニズワイガニが、12日境漁港に初水揚げされました。

ボートやカヌーなど、誰でも楽しめるスポーツを体験できる「アウトドアスポーツフェスタ」が、11日に米子市の中海で開かれ、参加した人たちがマリンスポーツを満喫しました。

9月10日(土)環境フェスタ
last up date 2016年09月10日

市民に環境保全について考えてもらうイベント「よなご環境フェスタ」が10日に開かれ、大勢の家族連れで賑わいました。

9月9日(金)救急の日
last up date 2016年09月09日

9月9日は、数字の語呂合わせから救急業務と救急医療の啓発を目的に「救急の日」と定められています。日南町では公式キャラクター「オッサンショウオ」が一日救急隊長に任命され、小学校で救急の大切さを伝えました。

オリンピックやパラリンピックが開催され、ブラジルが注目を集める中、大山町でリオを含めた南米の風景などを写した写真展が開かれています。

9月7日(水)中海の海藻米 販売へ
last up date 2016年09月07日

中海の海藻から作った肥料で栽培する「海藻米」が、米子?島屋で販売されることになりました。

車いすに乗った人が、誤って線路に転落したことを想定した対応訓練が6日、JR米子駅で行われました。

米子市とJR米子支社それに鳥取県は、JR米子駅の南北を結ぶ自由通路の整備について協議しています。5日には地元自治会の代表者が、米子市に要望書を提出しました。

9月4日(日)南部町で防災訓練
last up date 2016年09月05日

南部町の東西町で住民避難訓練が行われ、参加した人たちが災害時の行動を確認しました。

平成25年に発生したゲリラ豪雨で、南部町赤谷川の護岸が土砂などで流出しました。この復旧作業が完成し、3日に竣工式が行われました。

米子市の野坂市長は、2日に開かれた9月議会の冒頭で、今期限りで引退する考えを表明しました。

9月1日(木)防災の日
last up date 2016年09月01日

9月1日は「防災の日」です。台風や地震などの災害について認識を深め、それに対処する心構えを準備する日として今から56年前の昭和35年に定められました。そこで、もしものための備えを取材しました。

9月1日のベニズワイガニ漁の解禁を前に、境漁港を拠点とするカニカゴ漁船が日本海へ出発しました。

大山町と米子高島屋が9月からふるさと納税で事業提携することになり、30日に調印式が行われました。

9月14日に米子鬼太郎空港と香港国際空港を結ぶ定期便が就航します。それを前に米子市内で、山陰両県の旅行会社を対象とた説明会が開かれるなど準備が進んでいます。

8月28日(日)認知症対応訓練
last up date 2016年08月29日

米子市の五千石地区で28日、認知症の行方不明者を捜索する訓練が行われ、地域住民や警察、それに行政が連携して行動を確認しました。

来年春から運行が始まるJR西日本の豪華寝台列車トワイライト・エクスプレス「瑞風」。27日には完成した一部の車両が、米子市の後藤総合車両所で中国地方で初めてお披露目されました。

年齢が上がるにしたがって機能が低下することを自覚し、安全な運転につなげようと26日、老人クラブの交通安全研修会が開かれました。

薬剤師を目指している学生が鳥取県内の医療機関で実際の医療現場を体験しました。

JR山陰本線と伯備線でICカード乗車券「ICOCA」の導入を予定していることが発表されました。

日常生活の何気ない瞬間を切り取った写真展が、米子市内で開かれています。

鳥取県を代表する果物「二十世紀梨」の出荷が、22日から県内各地の選果場で始まりました。今年の二十世紀梨の出来はどうなのでしょうか?

中海で21日、サーフボードを浮かべてパドルで漕ぐ新しいスポーツ「SUP(サップ)」を体験するイベントが開かれ、大勢の人が水辺に親しみました。

中海に親しむイベント「中海体験クルージング」と環境フェアが開かれ、大勢の家族連れが参加しました。

8月19日(金)中山のいさい踊り
last up date 2016年08月19日

大山町の中山地区で踊りつがれているいさい踊り。18日には盆踊り大会が開かれ、子どもから大人までが参加して伝統の踊りに親しみました。

今年9月に就航する米子-香港便や米子-ソウル便のLCC化など 海外への航空路線の戦略について話し合う会議が18日に米子市内で開かれました。

夏の花、ヒマワリが伯耆町で見ごろを迎えています。

東京都や長崎県など全国の大学に通う学生が16日、南部町を訪れ、里山体験を通して地域の魅力を学びました。

8月15日(月)夏の成人式
last up date 2016年08月16日

鳥取県西部地区の 伯耆町と日南町、 それに日野町で15日、 夏の成人式が行われ、 3つの町のあわせて 203人が 新たな門出を迎えました。

8月14日(日)野本川レガッタ
last up date 2016年08月16日

米子市の河岡地区を流れる野本川を、ゴムボートを使って下る「野本川レガッタ」が14日に開かれ、参加した人たちが夏のイベントを満喫しました。

米子市はJR米子駅の整備事業について 市民に広く意見を募集する パブリックコメントを始めています。

大山寺旧境内は今年6月に国史跡指定の答申を受けました。それを記念して12日、大山寺旧境内を散策するルートのお披露目ウォークが行われ、参加者が中世から伝わる大山寺の歴史を堪能しました。

8月11日(木)は「山の日」
last up date 2016年08月16日

今年から8月11日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として、国民の祝日「山の日」となりました。「山の日」でにぎわう大山。そして地域の魅力を発信する子どもたちの姿を取材しました。

8月10日(水)伯州綿の花見ごろ
last up date 2016年08月10日

境港市の特産品にしようと多くの人が栽培に取り組んでいる「伯州綿」。その「伯州綿」の花が今見ごろをむかえています。

米子市和田町で9日、みんなで運動した後に一緒に買い物に行くという介護予防の取り組みが始まりました。

9月14日から米子空港と香港を結ぶ定期便が就航することが決まりました。それを前にユーチューブやブログなどを通じて鳥取県をPRしてもらおうと、鳥取県が香港の人たちを招きました。

お盆の時期に開かれる米子市淀江町の「盆踊り花火大会」を前に7日、地域の人たちが海岸を清掃しました。

8月6日(土)米子がいな祭
last up date 2016年08月08日

米子の夏を彩る恒例の「米子がいな祭」が、6日から始まりました。

8月5日(金)原爆朗読コンサート
last up date 2016年08月05日

8月6日は広島原爆の日です。それを前に5日、米子市内で朗読コンサートが開かれ、戦争の記憶が語られました。

8月4日(木)梨の出荷始まる
last up date 2016年08月04日

鳥取県を代表する果物、梨の出荷が4日から始まりました。

鳥取県西部で初めての子ども神楽が創設され、3日に南部町の小学校で子どもたちが初稽古を行いました。

伯耆町日光地区の食材を使った加工品を開発しているグループが、特産のリンゴでご当地バーガーをつくり1日、試食会を開きました。

米子市で1日、大山開山1300年を迎えるための準備委員会が開かれ、2年後の平成30年に行う事業案について話し合われました。

8月6日と7日に開かれる米子がいな祭。祭りを前に地元のボランティアの人たちが、米子市の中心部を清掃しました。

子どもたちが親の職場を見学する親子交流会が30日、米子市内の自動車学校で開かれました。

境高校野球部は夏の高校野球鳥取大会で優勝し、甲子園出場を決めました。甲子園に向け練習にも熱が入っています。

71年前の7月28日は、大山町で大勢の犠牲者を出した戦災「大山口列車空襲」が起きた日です。空襲を経験した人たちが少なくなる中、その体験を語り継ごうと慰霊祭と平和の集いが開かれました。

米子市大崎の県道内浜産業道路沿いに、夏の花ヒマワリが咲いています。

鳥取県警察本部は上半期に発生した特殊詐欺の被害についてまとめました。

7月25日(月)夏山遭難救助訓練
last up date 2016年07月25日

夏山シーズンが始まった大山で25日、遭難者の救助訓練が行われました。

美保湾で海に親しむイベントが開かれ、およそ600人の参加者がヨットやジェットスキーを楽しみました。

大山町のJR御来屋駅を国の有形文化財に登録するよう文化審議会が答申されたことを受けて、23日に現地でセレモニーが開かれました。

鳥取県の無形文化財に認定された米子市の革工芸作家本池秀夫さんの作品展が米子市美術館で22日から始まりました。

サッカーJ3のガイナーレ鳥取の選手が21日、米子地区書道連盟の会員の指導を受けながら、リーグ戦後半戦への思いを作品にしました。

大山町では新たな特産物になりつつあるスイートコーンが収穫のピークを迎えています。

7月19日(火)境港市長 初登庁
last up date 2016年07月20日

今月17日に行われた境港市長選挙で4回目の当選を果たした中村勝治市長が19日、初登庁し、4期目の市政をスタートさせました。

広島地方気象台は18日、「中国地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

県西部舞台に熱戦を繰り広げる全日本トライアスロン皆生大会が17日に行われ、個人の部は、東京都の佐相宏明さんが初出場で初優勝を果たしました。

日南町民がつくった作品を集めた展覧会と、日南町と関わりのある戦争資料などを展示する戦争企画展が、日南町美術館で開かれています。

15日、国の文化審議会は大山町の御来屋駅舎を国の登録有形文化財に登録するよう、文部科学大臣に答申しました。

7月14日(木)ネパールから来日
last up date 2016年07月15日

若手経済人で作る米子青年会議所は、ネパールの首都カトマンズの青年会議所と姉妹締結をしています。そのカトマンズ青年会議所のメンバーが米子市を訪れており、14日鳥取大学医学部附属病院を視察しました。

全日本トライアスロン皆生大会を前に13日、シルバー人材センターがボランティアで競技コースの周辺を清掃しました。

米子市内の公民館のグラスアートと押し花教室に通っている生徒の作品展が開かれています。

境港市長選挙と市議会議員の補欠選挙が始まり、各候補が支持を訴える声が市内に響いています。この選挙の期日前投票が11日からスタートしました。

境港市立第一中学校の生徒と保護者が、障がいのある人たちとパン作りを通して交流しました。

7月9日(土)海水浴場オープン
last up date 2016年07月12日

米子市の皆生温泉海水浴場が9日海開きとなり、親子連れなどが初泳ぎを楽しみました。

今年5月にヨットで太平洋往復航海に出発した境港市の男性が日本時間の5日、目的地のアメリカ サンフランシスコに到着しました。

クロマグロで地域を盛り上げようと、新作料理のお披露目会が7日に開かれました。

来月6日と7日に開かれる米子がいな祭を前に関係者が6日、祭りの成功と安全を祈願しました。

秋の紅葉シーズンの大山の渋滞を和らげようと、マイカーの通行規制が今年も実施されることになり、今年度1回目の協議会が5日、米子市内で開かれました。

境港市に4日、インド洋に浮かぶ島国モルディブから視察団が訪れ、漁業の現場を見学しました。

米子鬼太郎空港と中国の上海を結ぶチャーター便が3日に到着し、鳥取県内の関係者が利用客を出迎えました。

7月2日(土)お福わけポスト
last up date 2016年07月03日

2年後の大山開山1300年に向け地域を盛り上げようと、地元の人たちがお福わけポストを設置しました。

全国のホタル愛好家が集まり研究成果を発表する全国ホタル研究会が、県西部を会場に1日から始まりました。

6月30日(木)公務員ボーナス
last up date 2016年07月01日

鳥取県内の官公庁では30日、「夏のボーナス」にあたる期末・勤勉手当が支給されました。

鳥取県西部で生産されているタカミメロンの出荷が今ピークを迎えています。

6月28日(火)街路樹の実を活用
last up date 2016年06月29日

道路に落ちるだけの街路樹の実。その実を活用したある取り組みが始まっています。

北海道と福井県を往復する貨物船の航路を境港まで延長する試験輸送が行われ、27日境港で歓迎式典が開かれました。

海や湖など自然の水辺で泳ぐ競技「オープンウォータースイム」の大会が26日、米子市の中海で開かれ、大勢の参加者が熱戦を繰り広げました。

米子市の淀江中学校の前庭におよそ70年前に植えられ、地域の人たちに親しまれているクロマツをまもろうと地域の人たちが剪定作業を行いました。

大山山麓地域が4月に日本遺産に認定されたことをPRしようと、24日に関係者が集まって魅力発信推進協議会を立ち上げました。

鳥取県の平井知事は23日に定例会見を開き、米子ソウル便や香港定期便など空の航路を強化するために緊急のプロジェクトチームを立ち上げると発表しました。

JR米子駅で鳥取県警の警察官などが、察署員などが通勤・通学時間の利用客に痴漢・わいせつ行為撲滅を呼びかけました。

伯耆町でスイカの出荷が始まるのを前に農家の人たちが21日、査定会をして今年の出来を調べました。

北海道と福井県を往復する貨物船の航路を境港まで延長する試験輸送が行われ、20日、境港に大型貨物船が寄港しました。

日南町の特産品をPRするイベントが19日、日南町の道の駅「にちなん日野川の郷」で開かれ、多くの人で賑わいました。

大山寺の旧境内が国の史跡に指定されたことを受け18日、記念のセレモニーが開かれました。

企業が仕事の時間中に地域の見守り活動を行う、職域防犯ボランティアの活動が17日からはじまりました。

初夏の訪れを告げる色鮮やかなユリの花が、とっとり花回廊で見ごろを迎えています。

年金支給日の15日、警察官が高齢者を狙った詐欺への注意を呼びかけました。

電波は暮らしや社会の中でいろいろな形で利用されていて、なくてはならないものになっています。ルールを守り適正に利用するため14日、県内の国道で不法無線局の取り締まりが行われました。

住民票の写しなどの証明書がコンビニエンスストアで受け取ることができるサービスが米子市で始まり、野坂市長が実際に証明書を取得して、普及を呼びかけました。

中海と宍道湖の一斉清掃が12日に行われ、鳥取・島根両県からおよそ8,000人が参加して、護岸清掃に汗を流しました。

米子市で栽培されている春ニンジンの、選果作業が10日から始まりました。

よい天気に恵まれた10日、米子白鳳高校の生徒が自分たちの作った和傘を使い地域の伝統的な踊りを披露しました。

6月9日(木)アートフラワー展
last up date 2016年06月10日

布で作られた色とりどりの花の作品展が米子市内で開かれています。

6月5日から始まっている危険物安全週間に合わせ、境港市昭和町でオイルタンクの火災を想定した訓練が行われました。

6月7日(火)ホタル世界展
last up date 2016年06月07日

ホタルのシーズンが始まりました。それに合わせて大山町でホタルの生態を紹介したパネル展が開かれています。

6月6日(月)アルパカの毛刈り
last up date 2016年06月06日

大山トムソーヤ牧場で暮らすアルパカが、長く伸びた毛をカットしてもらい、暑い夏に備えました。

6月5日(日)大山夏山開き
last up date 2016年06月06日

中国地方最高峰の大山で、2日間に渡って夏山開きの前夜祭と山頂祭が開かれました。

境港市の水木しげるロードの入込客数が3,000万人を突破したことから、4日に関係者が集まって記念式典を開き祝いました。会場には水木しげるさんの妻 布枝さんも訪れました。

平成8年6月に開館した日南町美術館は、今年で20周年を迎えました。これを記念して日南町出身でパリ在住の画家 足羽俊夫さんの作品展が3日から開かれています。

境港市の企業が2日、日南町の森林を活用したカーボンオフセットの調印を日南町と結びました。

6月1日(水)日野川でアユ漁解禁
last up date 2016年06月01日

鳥取県内の河川で1日、アユ漁が解禁され、この日を待ちわびた釣り愛好家が初釣りを楽しみました。

5月31日(火)市民健康講座
last up date 2016年05月31日

米子市内で健康講座が開かれ、参加した人たちが腰痛と肩こりの予防法などを学びました。

境港で30日、今シーズン初めてのクロマグロの水揚げと初競りが行われ、港は賑わいました。

流行のメロディや民謡に合わせて踊るレクリエーションダンスの講習会が29日、米子市内で開かれました。

スポーツ用に作られた吹き矢を使って楽しむ「スポーツ吹き矢」の鳥取県大会が28日、米子産業体育館で開かれました。

米子市の太陽光発電施設で、動物たちが除草作業に一役かっています。

境漁港では23日から連日、マイワシが大漁となっています。26日も1,000トンを越える水揚げがあり、港は活気づいています。

県内では特殊詐欺被害があとを絶ちません。そんな中、米子警察署は特殊詐欺被害を防ごうと去年から地域の団体や企業を協力団体に委嘱しています。

5月24日(火)境港でイワシ大漁
last up date 2016年05月24日

境港でマイワシなどが2日連続で大漁となり、港は活気づきました。

5月23日(火)酒米の田植え
last up date 2016年05月24日

皆生温泉オリジナルの日本酒をご存じでしょうか。23日には、その材料となる酒米の田植えが伯耆町で行われました。

5月22日は国連が定めたグリーンウェイブ活動の日です。この日に合わせて米子市の湊山公園などで植樹と芝の植え付けが行われました。

毎年8月に米子市公会堂前で開かれる「米子盆踊り」を前に21日、踊りの講習会が開かれました。

アシアナ航空の米子・ソウル便は今年4月で就航15年となりました。それを記念して20日から韓国の伝統を伝える刺繍の展示会が行われています。

6月5日の夏山開きを前に大山で登山道の整備が行われました。

今月4日に島根県邑南町の県道で起きた落石事故を受けて鳥取県内の県道でも落石の危険性のある場所の緊急点検が行われています。

5月から6月にかけて収穫される初夏どりの大山ブロッコリーの収穫が最盛期を迎えています。

海水浴シーズンを前に米子市の皆生温泉海水浴場で16日水質調査が行われました。

大山町の御来屋漁港で15日、恒例のみくりやポートフェスティバルとサザエ祭りが開かれ、大勢の人でにぎわいました。

今年のセンバツで準優勝した香川県の高松商業高校と地元の米子東高校が14日に交流試合を開きました。

在宅医療の中核を担う訪問看護師を育成しようと13日、看護師育成プログラムの開講式が行われました。

調印式には米子市長の野坂康夫さんをはじめ、陸上自衛隊 米子駐屯地 駐屯地司令の小見明之さんなど5人が出席しました。

日南町産の米を使っている有名ホテルの料理人などが11日、日南町を訪れ生産者と交流しました。

5月10日(火)伯州綿の種まき
last up date 2016年05月13日

境港市の地域おこし協力隊が10日、境港市の特産品である伯州綿の種まきをして今年の栽培をスタートさせました。

5月9日(月)アンネのバラ見ごろ
last up date 2016年05月14日

「アンネの日記」の著者であるアンネ・フランクにゆかりのあるバラの花が米子市内の教会で見ごろを迎えています。

境港市の男性が長年の夢であったヨットでの太平洋の往復航海に8日、出発しました。

子どもの健全な育成を目的に活動する団体ボーイスカウト。このうち米子市を中心に活動するグループが創立から50周年を迎えたことから7日、記念の式典を開き祝いました。

米子の夏を彩るがいな祭の事務所開きが6日に行われ、まつり本番に向けて本格的に準備が始まりました。

米子市淀江町の農場では、ヤギの子どもが生まれ元気に成長しています。

5月4日(水)日野川でアユ遡上
last up date 2016年05月06日

日野川で春の風物詩「アユの遡上」が始まっています。

5月3日(火)伝統のよいとまかせ
last up date 2016年05月06日

米子市淀江町で3日、伝統の神事が行われ、約200人の行列が町を練り歩きました。

米子市淀江町の上淀廃寺跡で国内最古級の彩色仏教壁画が発見されたのは、平成3年のことでした。遺跡近くにある上淀白鳳の丘展示館では、いま復元された壁画の原画が公開されています。

精神や身体に障がいのある人たちが、自ら進んで活動できるきっかけをつくろうと、米子市内でファッションショーが開かれました。

弥生時代の集落跡がある大山町のむきばんだ史跡公園で30日、人型ロボットのペッパーが訪れた人に遺跡の案内をしました。

アメリカで最も愛されている絵本作家のひとりで日本でも人気のターシャ・テューダーの作品やライフスタイルを紹介する特別展が米子市美術館で始まりました。

鳥取県は28日、熊本市の動物愛護施設からの要請を受け、犬1頭を受け入れました。

米子市水道局と市内の水道事業者が、熊本地震で断水している地域で復旧支援にあたるため、27日出発しました。

鳥取県内の目と耳が不自由ないわゆる盲ろう者の相談や支援事業を行う施設が、26日米子市に開所しました。

大山山麓の自然や大山信仰にまつわる地域の歴史物語が、日本遺産に認定されました。

4月24日(日)留学生と国際交流
last up date 2016年04月26日

フィンランドとタイから米子市を訪れている留学生の歓迎会が、米子市内で開かれました。

第二次世界大戦末期の昭和20年4月23日、境港の岸壁で軍用船の玉栄丸が爆発事故を起こし、大きな被害がでました。事故から71年を迎えた今年、事故の発生時刻に合わせて慰霊の献花式が営まれました。

鳥取県内で15番目の道の駅が22日、日南町にオープンしました。

知的障がいの子どもがいる県西部の家族たちが、親が亡くなったあとも子どもたちが安心して暮らせる環境を作ろうと、「あんしん後見せいぶ」という法人を立ちあげました。

4月に入り県西部で2件の交通死亡事故が相次いで起きたことを受け、米子警察署と黒坂警察署が合同で広報検問を行い、安全運転を呼びかけました。

4月19日(火)河川の堤防を点検
last up date 2016年04月22日

梅雨の時期を前にした19日、県の職員などが河川の堤防や護岸を点検してまわりました。

黒ねこを題材に描いた絵本の原画展が、米子市内のギャラリーで開かれています。

4月17日(日)行動展
last up date 2016年04月21日

地元や全国各地で活動する作家の絵画作品を集めた「第70回記念 行動展」が、米子市美術館で開かれています。

日南町で16日、ヘリコプターの離発着場を備えた防災基地が完成し、開所式が行われました。

米子市役所で15日、JR米子駅の南北自由通路などの整備について話し合う協議会が開かれました。

境港市の友好都市である中国吉林省琿春市の国際交流員が14日に着任し、辞令の交付を受けました。

4月13日(水)弓浜絣と伯州綿展
last up date 2016年04月14日

県西部の弓ヶ浜半島の伝統工芸品「弓浜絣」とその材料の「伯州綿」を特産化しようとする取り組みを紹介した特別展が、境港市内で開かれています。

4月12日(火)小さな命の写真展
last up date 2016年04月13日

飼い主がおらず殺処分される犬や猫の姿を捉えた写真展が、境港市で始まりました。

米子市内で11日、テロリストに対応する訓練が行われました。

毎年恒例のチューリップマラソンが10日、日吉津村で開かれました。

4月9日(土)梨の授粉作業 始まる
last up date 2016年04月11日

梨の花が満開となり、花粉付けの作業が始まっています。

4月8日(金)交通安全を広報
last up date 2016年04月11日

大山町で8日、八橋警察署の警察官や地元の交通安全協会のメンバーなどがドライバーに安全運転を呼びかけました。

4月7日(木)ろうけつ染の作品展
last up date 2016年04月08日

米子市内で「ろうけつ染」の作品展が開かれています。

春の全国交通安全運動が6日からスタートしました。

香港で鳥取県の物産展が開かれることになり、現地の仕入れ担当者と地元の企業の商談会が米子市内で開かれました。

4月4日(月)新就職者の激励会
last up date 2016年04月05日

境港市の企業に新しく就職する人たちを応援しようと「新就職者激励会」が開かれました。

山陰唯一の国際定期航空路線である米子-ソウル便の15周年を記念したセレモニーが開かれました。

きれいな海岸を維持しようと日吉津村で地域住民らが清掃活動に汗を流しました。

日南町にゆかりの文豪井上 靖さんの長女が、日南町を訪れ、本を出版したことなどを報告しました。

3月31日(木)カヌーの検定会
last up date 2016年04月01日

大山町で多くの観光客にカヌーやカヤックを楽しんでもらおうと、指導員の検定会が開かれました。

3月30日(水)米子市文化奨励賞
last up date 2016年03月31日

地域の文化活動に貢献し、今後の活躍が期待される個人や団体を表彰する米子市文化奨励賞の受賞式が、30日に行われました。

米子市内の路上で倒れた人に心臓マッサージなどをして助けた女性に、米子消防署が29日 感謝状を贈りました。

3月28日(月)大漁祈願祭
last up date 2016年03月29日

境港市で28日、漁業関係者が海上での安全と大漁を願いました。

日吉津村の海浜運動公園で、村民が松くい虫に強いクロマツを植樹しました。

3月25日(金)境港サーモン出荷
last up date 2016年03月28日

美保湾で養殖されているギンザケの今年の水揚げが始まっています。

山陰合同銀行 女子バドミントン部が日本リーグの1部に昇格し、メンバーが24日南部町の赤猪岩神社を参拝して今後の活躍を祈念しました。

3月23日(水)ひと足早く入社式
last up date 2016年03月24日

米子市内の社会福祉法人では、他の企業より一足早く入社式を行い、新入職員が社会人として新たな一歩を踏み出しました。

3月22日に境港で水揚げされた魚はサバを主体に1000トンを超え、市役所に今年初めての大漁旗が揚がりました。

伯耆町の中学生が「一日消防士」に任命され、地域の人たちに火の元に注意するようを呼び掛けました。

3月20日(日)鉄道おもちゃ展
last up date 2016年03月21日

境港市の夢みなとタワーで期間限定の鉄道おもちゃランドが始まり、大勢の家族連れで賑わっています。

国の史跡に指定されている米子城跡の発掘調査で、米子市は新たな石垣などを発見しました。

3月18日(金)花見の季節近づく
last up date 2016年03月19日

米子市の桜の名所の一つ湊山公園では、桜まつりを前にボンボリの取り付け作業が始まりました。

3月17日(木)食のみやこ商談会
last up date 2016年03月18日

鳥取県で開発された加工食品を県内外の小売店に売り込もうと、米子市内で商談会が開かれました。

3月16日(水)濱田珠鳳 指画展
last up date 2016年03月18日

指だけで中国画を描く濱田珠鳳さんの作品を集めた展示会が始まりました。

春の彼岸を前に、切り花として人気の高いストックの出荷がピークを迎えています。

境港市内を走る循環バス「はまるーぷバス」に、水木しげるさんの漫画に出てくるキャラクターが新たにラッピングされ、お披露目されました。

地域住民と地元企業が協力して、JR米子駅前通りなど米子市中心部の美化活動を行いました。

境港市が、「災害に強いまちづくり」をコンセプトに作った竜ヶ山公園と市民会館の整備計画案がまとまりました。

3月11日、JR米子駅では、東日本大震災の復興に役立ててもらおうと義援金の呼びかけが行われました。

米子市の湊山公園で、冬の間ソテツに巻かれていたコモを外す作業が行われ、春を迎える準備が整えました。

3月9日(水)合同テロ対策訓練
last up date 2016年03月10日

米子空港で、海外からの入国者によるテロを想定した訓練が行われました。

3月8日は、数字のゴロ合わせから「サバの日」です。境港市内ではこの日にちなんだイベントが開かれました。

3月7日(月)リサイクルアート展
last up date 2016年03月08日

自然の中に落ちているものや廃材を使って作るリサイクルアートの作品展が、米子市淀江町で開かれています。

地域の「自主防災組織」の活動を広めようと、米子市で研修会が開かれました。

様々な技能をもつ高齢者に活躍してもらおうという制度が始まったのを記念するイベントが開かれました。

米子市内のコンビニエンスストアで、強盗事件を想定した訓練を行い、万が一に備えました。

3月3日(木)看護学校の卒業式
last up date 2016年03月04日

米子医療センター附属看護学校で卒業式が行われ、卒業生が看護師としての一歩を踏み出しました。

3月2日(水)ひな人形の展示会
last up date 2016年03月03日

3月3日の「桃の節句」を前に江戸時代以降のひな人形を集めた展示会が、米子市内のギャラリーで開かれています。

米子市は、弓浜部の住民を困らせているヌカカ、通称干拓虫について、予防対策などをまとめたリーフレットを作りました。

2月29日(月)春ネギの出発式
last up date 2016年03月01日

県西部の特産品「白ネギ」の中でこの時期出荷される「春ネギ」の出発式が行われました。

2月28日(日)新艇 進水式
last up date 2016年02月29日

湊山公園にある米子艇庫に新しいボートが配備され、関係者が集まって進水式を行いました。

早春を代表する花の一つクリスマスローズが見ごろを迎え、とっとり花回廊で鉢植えの展示会が開かれています。

鳥取県西部の小学6年生が、税をテーマに描いた絵はがきコンクールの表彰式が行われました。

鳥取県内には、全域にインフルエンザ警報が発令され、流行が本格化しています。

特殊詐欺を未然に防いだとして、大山町の女性に米子警察署から感謝状が贈られました。

大山町で、警察官や役場の職員が高齢者の自宅を訪れ、特殊詐欺と交通事故の被害に遭わないよう呼びかけました。

日南町に4月にオープンする道の駅で販売する新しい加工品の試食会が開かれました。

桜が咲くのを前に、地域住民らが南部町の緑水湖周辺をきれいする美化活動を行いました。

2月20日(土)優良運転者を表彰
last up date 2016年02月22日

5ヵ月間の無事故・無違反を目指す安全運転 鉄人コンテストの表彰式が、大山町で開かれました。

南部町内に事業場を構える大手自動車部品メーカーが、国内生産を強化するため設備を拡大することなりました。

県西部で広く栽培されている「大山ブロッコリー」が、販売高14億円を突破し、関係者が記念大会を開いてさらなる生産拡大を誓いました。

境港市は、空と海の航路があり国際的な取引を行っている場所であることから、テロ対策を強化しようと、官民一体となった対策協議会が立ち上がりました。

2月16日(火)確定申告はじまる
last up date 2016年02月17日

平成27年分の所得税と復興特別所得税の確定申告が、全国の税務署や特設会場で始まりました。

南部町で、大型の台風が直撃し、甚大な被害が発生することを想定した図上訓練が行われました。

大正から昭和にかけて活躍した米子市出身の彫刻家 戸田海笛の作品を紹介する企画展が、米子市美術館で始まりました。

2月13日(土)旧校舎で授業体験
last up date 2016年02月15日

大山町内で廃校になった校舎を利用した授業が始まり、子どもたちが身近な音を使った音楽作りを学びました。

鳥取県保険医協会は、県内の医療機関で約4割の医師が、医療費の負担を理由に患者から投薬や検査を拒否されたことがあると発表しました。

大山町には田んぼに植えた菜の花で毎年、文字を作っている人がいます。今年はどんな文字が披露されたのでしょうか。

日本最大級のフラワーパークとっとり花回廊の園内で撮影した写真コンクール展が、米子市内のギャラリーで開かれています。

2年後の平成30年に向けて、「大山開山1300年祭」の準備委員会が設立されました。

2月8日(月)火災に注意
last up date 2016年02月09日

冬の時期は、全国的に火災が増える傾向にあります。火災を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

鳥取県西部の7つの市町村や県と国の関係者が集まり、日野川の治水について話し合う会議が開かれました。

米子市の中心市街地に、古い町屋を改修したコミュニティスペース「わだや小路」がオープンしました。

中海で越冬していたコハクチョウの北帰行が始まりました。

2月4日(木)立春
last up date 2016年02月05日

2月4日は立春。暦のうえでは春が始りとされるこの日の鳥取県西部は、天候に恵まれ2月下旬並みの暖かな一日となりました。

2月3日(水)伯州綿の新商品 完成
last up date 2016年02月03日

境港市で作られている「伯州綿」を使った、タオルやハンカチなどの新商品が完成し、2月18日から発売されることになりました。

破産手続きを進めている米子市の老舗デパート”やよい”が、2月2日から閉店セールを始めました。

版画で作った年賀状コンクールの応募作品を紹介する展示会が、南部町の祐生出会いの館で開かれています。

境港市の水木しげるロードに隣接するおさかなロードに、地元の小学生が考案したPRキャラクターのオブジェが新たに加わりました。

医療や介護ロボットをテーマにした講演会が、1月30日米子市内で開かれ、ロボットの開発者や医療関係者が最新のロボット研究について紹介しました。

米子市淀江町で栽培されているにんじんが、全国の野菜や果物の味を競う「野菜ソムリエサミット」で、二つ星を獲得しました。

高齢者の交通事故が増えている中、米子警察署は、運転免許証を返納した人が灯油の配達料の割引を受けられる協定を市内の石油販売会社と結びました。

米子市出身の彫刻家 戸田海笛の石膏レリーフ作品「喜怒哀楽の図」が、1月27日米子市に帰郷しました。

文化財防火デーの1月26日、境港市渡町にある有形文化財の神社で消防訓練が行われました。

全日本トライアスロン皆生大会を主催する皆生トライアスロン協会の総会が、25日に開かれ、今年は7月17日に大会を開くことが決まりました。

米子市の弓浜地域に、65歳以上の人が利用できる老人福祉センターが開所しました。

米子市淀江町の妻木晩田遺跡について理解を深めてもらおうというシンポジウムが、米子市内で開かれました。

1月22日(金)春を待つ稚魚たち
last up date 2016年01月24日

日吉津村の水産施設で、去年孵化したサケとアユが、春の放流を待っています。

長年ネパールを取材してきた写真家河野利晴さんがこのたび写真展を開くことになりました。そこで、河野さんのネパールへの情熱と写真展に込めた思いを取材しました。

昭和初期から戦後にかけての皆生温泉の変遷を紹介する写真展が、米子市内で開かれています。

島根原子力発電所の事故など緊急時に備えて放射性物質の測定をする鳥取県原子力環境センターが、湯梨浜町に完成し、開所式が行われました。

海難事故の緊急通報ダイヤル「118番」を知ってもらおうと、番号にちなんだ1月18日に、海上保安庁の職員が市民にPRしました。

南部町で1月17日書き初め大会が開かれ、参加した人たちが、一本の筆をリレーして文字を書き上げる書道リレーに挑みました。

南部町民でつくる7つの住民組織が集まって、これまで行ったまちづくりの活動を発表しました。

これまで宿泊施設が少なかった境港市にホテルが完成し、15日、関係者にお披露目されました。

1月14日(木)高野豆腐の調刻
last up date 2016年01月15日

お正月のおせち料理には欠かせない高野豆腐を彫りこんだ作品の展示会をご紹介します。

サッカーJ3のガイナーレ鳥取の監督に、元日本代表選手でサッカー解説者としても知られている柱谷哲二さんが就任しました。

暖冬の影響で野菜が値下がりしています。

皆生海水浴場で恒例の寒中水泳大会が1月11日開かれ、参加者が1年の健康を願い冷たい海へ飛び込みました。

1月10日(日)消防出初式
last up date 2016年01月13日

1月10日は、県西部各地で消防出初式が行われ、消防団員が防災の気持ちを新たにしました。

障がいのある人が暮らしやすい社会をつくろうと、全国から様々な分野の人が参加して話し合う「あいサポートとっとりフォーラム」が、1月9日と10日米子市で開かれました。

境海上保安部と境消防署の潜水士が1月8日、今年初めての合同潜水訓練を行い、迅速に救助できるよう連携を確認しました。

1月7日は、「春の七草」です。この日にあわせて米子市内の公民館で地域の子どもたちが「鳥追い」という歌を歌ったり七草がゆを食べたりして今年1年の健康と五穀豊穣を祈りました。

1月6日(水)薔薇ばら展
last up date 2016年01月07日

書家や工芸作家など山陰の芸術家が集まって、バラをテーマにした作品展を開いています。

1月5日(火)囲碁の初打ち
last up date 2016年01月07日

1月5日の「囲碁の日」に合わせて米子市の囲碁会館で初打ちを楽しむ対局が行われました。

日吉津村のショッピングモールで1月4日、高校生が演技や踊りをしながら書の作品を仕上げるパフォーマンスを披露しました。

1月3日(日)米子市で成人式
last up date 2016年01月04日

米子市で1月3日成人式が開かれ、1400人の新成人が大人への第一歩を踏み出しました。

Uターンラッシュが始まった1月2日、米子鬼太郎空港では帰省客らに境港産のベニズワイガニを使ったカニ汁が振る舞われました。

1月1日(金)正月マラソン大会
last up date 2016年01月07日

米子の市民ランナーが集い走り初めをする正月マラソンが1月1日、どらドラパーク米子陸上競技場で開かれました。

米子警察署と日吉津村の職員が年末年始の買い物客が多く訪れる村内のアスパルで交通安全を呼び掛けました。

鳥取県西部の多くの市町村が12月28日に仕事納め式をして今年1年を締めくくりました。

今年9月、鬼怒川の堤防が決壊し茨城県で大きな被害出たことを受けて12月24日、国土交通省日野川河川事務所の職員と日吉津村の住民が初めて合同で堤防の点検を行いました。

1年で最も昼間の短い冬至の12月22日、米子市の牧場ではカピバラがゆず湯につかり、訪れた人を和ませていました。

12月19日(土)イチゴの収穫
last up date 2015年12月21日

米子市彦名町のイチゴ畑ではクリスマスに需要が高まるイチゴの収穫が行われています。

帰省客が増える年末年始を前に境港で12月18日、フェリーの安全点検が行われました。

米子市淀江町の日吉神社に来年の干支「申」にちなんで猿の石像が設置されました。

鳥取県は晩婚や未婚化が進んでいる中、結婚を希望する人たちに出会いの場を提供する窓口を12月16日に開所しました。

南部町は消防自動車と消防用のバイクを新たに導入し12月15日消防団に引き渡す式典を行いました。

年末の交通安全運動に合わせて冬用タイヤの装着を点検する調査が12月14日行われました。

12月13日(日)大なわとび大会
last up date 2015年12月14日

スポーツを通じて地域の交流を深めようと南部町で12月13日、大なわとび大会が開かれました。

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日〜16日)にあわせて、拉致被害者・松本京子さんの出身地米子市では、一日も早い帰国を願ってパネル展が開かれています。

新しい物流のルートを開拓しようと、境港と北九州の港を貨物船で結ぶ試験的な輸送が12月9日行われました。

皆生温泉街の玄関口米子市観光センターで12月8日、花壇の植え替えが行われました。

12月5日(土)魚の木彫展
last up date 2015年12月07日

魚を題材にした木彫りの作品展が、米子市淀江町で始まりました。

大山冬山遭難対策会議が大山町で12月3日開かれ、遭難者の捜索に使うため導入した小型無人機ドローンのデモ飛行が行われました。

米子市内で12月2日から自然の風景を写した写真を集めた、作品展が始まりました。

世界エイズデーの12月1日、エイズの感染を防ぐとともに感染者への偏見をなくそうと米子市内で街頭広報が行われました。

米子市内で道路のバリアフリー化の現状を調べるため、関係者が現地を歩いて整備状況を確認しました。

大山町の高麗地区で11月29日、災害のときの避難所の運営を学ぶワークショップが開かれました。

境港で水揚げされたベニズワイガニと宮城県石巻市のサバなどを使って開発したラーメンが完成し、11月26日お披露目されました。

米子工業高校の生徒が11月25日、地域の防災に役立ててもらおうと手づくりの防災用バケツ保管庫を寄贈しました。

国は、毎年11月25日から12月1日を犯罪被害者週間としています。それを前に日吉津村で11月24日、関係者が犯罪被害者への理解と支援を呼びかけました。

富有柿の産地として知られる南部町で、恒例の「全国柿の種吹きとばし大会」が11月23日に開かれました。

11月22日(日)認知症 捜索訓練
last up date 2015年11月24日

米子市の永江地区で11月22日、認知症で行方が分からなくなった人を探す訓練が行われました。

県内有数の観光地、境港市の水木しげるロードで11月21日からリニューアルのための社会実験が始まりました。

11月20日(金)ミニ大山 雪化粧
last up date 2015年11月24日

JR米子駅の構内にある大山の模型「ミニ大山」が、雪景色に塗り替えられました。

児童の見守り活動をする青色防犯パトロール団体へドライブレコーダーが贈られ、それに合わせて、米子警察署と青色防犯パトロール団体が鳥取県内で初めて11月19日にデータの提供に関する協定を結びました。

11月18日(水)新巻鮭づくり
last up date 2015年11月24日

境港市の高校生が11月18日、約70年続く伝統ある実習で新巻鮭を作りました。

11月1日から14日はレコード週間でした。レコードと聞くと、過去のものと思う方も多いのではないでしょうか。今でも色々なかたちで楽しまれているレコードについて取材しました。

大正時代から昭和40年代まで米子から南部町をつなぎ、多くの人々の生活を支えてきた法勝寺電車。南部町は、その電車の車両を3年前から修理に出しており、今月、帰ってくることになりました。それに合わせて現在、町では法勝寺電車の思い出を募集しています。

11月15日(日)大凧揚げ大会
last up date 2015年11月24日

日野川河川敷で11月15日、「米子福生大凧揚げ大会」が行われました。

2府8県の高校生が参加する近畿高等学校総合文化祭が11月14日から鳥取県を舞台に始まりました。米子市では14日、将棋部門の大会が開かれました。

11月13日(金)除雪車の出発式
last up date 2015年11月24日

本格的な雪のシーズンを前に県西部総合事務所で除雪作業車の出発式が行われました。

11月12日(木)能面の作品展
last up date 2015年11月13日

喜怒哀楽、様々な感情が込められた能面の作品展が南部町で開かれています。

11月11日は「介護の日」です。それに合わせて、介護の仕事に携わる人たちが街頭キャンペーンを行い、多くの人に介護の大切さを訴えました。

米子市のふるさと納税が好調です。今年4月から寄付されたふるさと納税の金額が11月10日現在で過去最高だった前年度の寄付額を突破しました。

10月26日に落石が見つかってから全面通行止めになっている伯耆町内の県道は11月10日から片側通行ができるようになりました。

日南町で11月8日、戦没者追悼式が行われました。この中で小学生が平和学習会の成果を発表しました。

11月7日(土)ズワイガニ初競り
last up date 2015年11月24日

日本海の冬の味覚、ズワイガニ漁が解禁となりました。境港では、11月7日に初競りが行われ、港は活気づきました。

いまから70年前の終戦のときに旧ソ連が日本兵などを強制労働させたシベリア抑留について語り継ぐ集いが11月6日に米子市で開かれました。

境港市の中村市長は11月5日に会見を開き、JR境港駅前に現在建設中のホテルが来年2月にオープンすると発表しました。

高齢化や核家族化が進む中、悩み事をどこに相談すれば良いか分からないという方が増えているのではないでしょうか?そんな中、普段の生活でちょっとした不安や困りごとなどを相談できる新しいサービスが米子市内で始まりました。

11月3日(火)湊山公園の紅葉
last up date 2015年11月24日

米子市の湊山公園では、紅葉を楽しむ家族連れの姿などが見られました。

米子鬼太郎空港は、新たな航空会社や路線の誘致に向けて、案内表示板を設置するなど空港ビルを改修しました。

JR米子駅と米子鬼太郎空港の空港連絡バスにこの度、ゲゲゲの鬼太郎のラッピングバスが施されました。11月1日には関係者が集まり、記念のセレモニーを行いました。

国の重要文化財に指定されている大山町の「門脇家住宅」で16年ぶりとなるかやぶき屋根の修理が行われており、10月31日は作業が特別に公開されました。

横浜市のマンションで傾きが見つかり、建物を支える杭うちを請け負った旭化成建材の工事データ改ざんが問題になっていますが、鳥取県は旭化成建材が関わっていた工事が県内で16件あると発表しました。このうち、鳥取県が行った米子市内の工事は調査の結果、安全性に問題はないとしています。

10月29日(木)年賀はがき発売
last up date 2015年11月09日

来年用の年賀はがきの販売が10月29日から全国一斉に始まりました。

鳥取県の統計課は毎月、人口移動調査を実施しています。それによりますと10月1日現在の県内の人口は前の月より207人減少しました。

イオン米子駅前店を運営するイオンリテールは、赤字が続いている駅前店を存続させるため店舗ビルなどを買い取って米子市に無償で譲渡する提案を行いました。この提案について米子市は受け入れる方針で検討していることが分かりました。

伯耆町は、使用済み紙おむつをペレット化し、温泉施設で燃料として使う環境に配慮した取り組みを行っています。この度、その取り組みが評価され表彰されました。

10月25日(日)原子力防災訓練
last up date 2015年11月10日

島根原子力発電所での事故を想定した鳥取島根両県の防災訓練が10月25日に行われ、参加者がバスや列車などを使って避難し、万一に備えました。

鳥取県西部の食を集めた「農と食のフェスタ in せいぶ」が10月24日、米子市内で始まり、多くの人でにぎわいました。

東日本大震災から今年で4年が経ちましたが被災地では今も復興作業が続いています。10月23日には、被災した東北地方に米を贈ろうと、伯耆町の小学生が稲刈りをしました。

米子水鳥公園が10月22日で開園20周年を迎え、記念式典が開かれました。

台湾の旅行会社のスタッフが鳥取県と島根県の観光地をコースに入れる旅行商品を開発するため山陰を訪れました。

来年の夏の参議院選挙で選挙区が合区される鳥取・島根両県は、合同の選挙区選挙管理委員会を10月20日に初めて開き、立候補者の届け出は松江市で行うことが決まりました。

10月19日(月)境港地域振興賞
last up date 2015年10月22日

境港商工会議所は、地域振興のために地道な取り組みをしている個人や団体を毎年顕彰しています。10月19日には、今年の地域振興賞の表彰式が行われました。

中海の一斉清掃が行われ、多くの人が水辺のゴミを拾いました。

10月17日(土)秋のバラ展
last up date 2015年10月19日

米子市の児童文化センターで10月17日から秋のバラ展が始まり、色とりどりのバラがお目見えしました。

10月18日に開催される環境スポーツイベントSEA TO SUMMITにアメリカのキャロライン ケネディ駐日大使が参加することになりました。

国立公園大山のスキー場で、リフトのイスを取り付ける作業が10月15日から始まりました。

ガイナーレ鳥取は、10月13日に開かれたJリーグの理事会で来シーズン、J3に参加するために必要なJ3のクラブライセンスの交付が決まったと発表しました。

米子市別所で時期が早い品種「輝太郎柿」の収穫が最盛期を迎えています。

拉致問題の国民の集いが10月12日米子市内で開かれ、拉致被害者の家族らが早期解決に向けた想いを語りました。

全国のご当地ハンバーガーを集めた「とっとりバーガーフェスタ」が10月11日から大山町で始まりました。

大山町で10月10日、合併10周年の記念式典が開かれ、関係者が祝いました。

10月9日(金)合同いけばな展
last up date 2015年10月12日

様々な流派の生け花を一堂に展示する合同いけばな展が米子市内で開かれています。

9月下旬から10月初めにかけて米子市内の小学生が相次いで、病原性大腸菌O157による感染症にかかりました。例年この時期は終息しているはずですが、今年は夏場以降も感染者が多く出ています。そこで感染症対策などを担当している西部総合事務所の木山真大さんに伺いました。

米子水鳥公園に10月7日、今シーズン初めてのコハクチョウが飛来しました。

10月6日で鳥取県西部地震から15年が経ちました。これを機に改めて地域で防災に取り組むことの重要性を訴えるフォーラムが開かれました。

「とっとりバーガーフェスタ2015」に出場する鳥取県の代表者たちが10月5日、本選を前に決起集会を開いて健闘を誓い合いました。

米子市出身の経済学者で、去年9月に亡くなった故 宇沢弘文さんの教え子による講演会が10月4日、米子市内で開かれ多くの人が訪れました。

米子水鳥公園に10月2日、とても珍しいムラサキサギ1羽が飛来していることが確認されました。

10月2日(金)園児が伯州綿 収穫
last up date 2015年10月15日

海とくらしの史料館で10月2日、地元の保育園児たちが伯州綿の摘み取りを体験しました。

全国一斉に行われる、赤い羽根共同募金が10月1日から始まり、各地で募金活動がスタートしました。

9月30日(水)白ネギ選果場 完成
last up date 2015年10月01日

鳥取県の特産品である白ネギの出荷作業を行う選果場が新しくなり、関係者らが完成を祝いました。

米子市内で朝と昼そして夕方に防災無線で流れている時報の音楽が、10月1日から「米子市の歌」にかわります。

9月28日(月)輝太郎の初選果
last up date 2015年10月01日

鳥取県が開発した早生の甘柿「輝太郎」の出荷が9月28日に始まりました。

9月27日(日)日南町の防災訓練
last up date 2015年09月28日

鳥取県西部地震が起きて来月で15年になります。日南町では、同じ規模の地震が起きたという想定で9月27日、町全域で一斉に防災訓練を行いました。

9月26日(土)境港水産加工大賞
last up date 2015年10月15日

境港水産加工大賞を決める試食会が9月26日に行われ、市民の投票で大賞が選ばれました。

毎年販売されている鳥取県民手帳に、このほど弓浜絣のカバーが完成し、9月25日に関係者が境港市長に報告しました。

魚を食べる機会を増やそうと、県西部の女性が料理教室で魚の調理法を学んでいます。

南部町のとっとり花回廊では、100万本のサルビアが見ごろを迎えています。

先週から始まった秋の大型連休シルバーウィークも終盤にさしかかり、9月22日交通機関は、休日を行楽地で過ごした人たちで込み合いました。

秋篠宮家の次女 佳子さまが、米子市で開催される「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に出席されるため、9月21日米子空港から鳥取県入りされました。

9月20日(日)ゲタ飛ばし大会
last up date 2015年09月23日

ゲゲゲの鬼太郎のちゃんちゃんこを身につけてゲタを飛ばす大会が9月20日境港市で開かれ、シルバーウィークで訪れている観光客らが参加して賑わいました。

ネパールで医療活動を続けている大山町出身の山根 正子さんが9月19日、米子市内で報告会を開き、地震の被害の状況などを話しました。

9月21日から全国一斉に行われる「秋の交通安全運動」を前に18日、米子市で推進式が開かれ、参加者が安全運転などを呼びかけました。

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」が米子市で9月22日開かれるのを前に、JRの職員が手話を学びました。

米子鬼太郎空港の駐車場にゲートと案内版が設置され、9月16日から混雑状況が事前に分かるようになりました。

段ボールやペットボトルなど、家庭でいらなくなったものを再利用した「エコリサイクルアイデア」の作品展が、境港市で始まっています。

米子市淀江町の国史跡「上淀廃寺跡」の斜面に彼岸花を咲かせるプロジェクトが去年から地域の人たちで進められています。その彼岸花が今年も咲き始めています。

9月13日(日)稲刈り体験
last up date 2015年09月14日

米の収穫時期を迎えた南部町で9月13日、一般の人に稲刈りを体験してもらおうというイベントが開かれました。

境港市の中野港で開かれた漁村市で今月漁の解禁となったばかりのベニズワイガニがふるまわ大勢の人で賑わいました。

障がいのある人たちが作った商品を販売する店が境港市に完成し、9月11日関係者が竣工式をして祝いました。

今年は5年に1度の国勢調査が行われる年です。そして、今年初めて導入されたインターネットでの回答が9月10日から始まりました。

9月9日は「救急の日」です。この日に合わせて大山消防署が特殊災害などの対応訓練をしました。

行政と大学、それに民間企業が連携して町民の健康づくりを行うフィットネス施設が9月8日、大山町にオープンしました。

9月1日に解禁された日本海の秋の味覚ベニズワイガニが7日、境港に初水揚げされました。

9月6日(日)藷神さんの祭り
last up date 2015年09月18日

境港市渡町で、9月6日、藷神(いもがみ)さんの祭が行われ、地区の住民らがサツマイモで飢饉に苦しむ人たちを救った井戸平左衛門の功績を称えました。

米子市内の手話カフェが今月オープンから1周年を迎え、地域の交流の場として定着し多くの人が訪れています。

境港市で高齢者の運動会が開かれ参加者が交流を深めました。

9月3日(木)郷土本を紹介
last up date 2015年09月04日

米子しんまち天満屋で山陰の魅力を伝える本を集めた「郷土本フェア」が開かれています。

高齢のボウリング愛好家を対象にした特殊詐欺に遭わないための講習会が米子市内で9月2日に開かれ、警察官が注意を呼びかけました。

3年後の平成30年に大山開山1300年祭が控えていることから8月31日、県西部の関係者が集まり勉強会を開きました。

9月1日のベニズワイガニ漁の解禁を前に8月31日、境港を拠点とするカニカゴ漁船が日本海へ出漁しました。

8月30日(日)伯耆町民音楽祭
last up date 2015年09月01日

伯耆町で8月30日、町民音楽祭が開かれ、町内の音楽団体が日頃の練習の成果を発表しました。

鳥取大学医学部で8月29日、高校生が最先端の染色体の研究を体験しました。

8月28日(金)鳥取県の市長会
last up date 2015年09月01日

国や県に対する要望などを話し合う「鳥取県市長会議」が8月28日、境港市役所で開かれました。

運転免許証を自主返納した高齢者が金融商品の優遇制度が受けられるようになり、8月27日、警察と金融機関が覚書を締結しました。

香港の旅行会社EGLツアーズの袁社長が8月26日、鳥取県の平井知事と面談し、今年の秋から冬にかけて運航する連続チャーター便について話し合いました。

8月25日(火)油彩画展
last up date 2015年08月28日

米子市内のギャラリーで油絵の個展が開かれています。

8月20日、JR米子駅前を約70人がパレードをして安保法案の廃案を訴えました。

8月19日(水)伯州綿の花 見ごろ
last up date 2015年09月01日

境港市が特産品化を目指して栽培している伯州綿の花が咲き、見ごろを迎えています。

江府町で恒例の「江尾十七夜」が開かれ、多くの人が祭りに訪れました。

鳥取県内ではあまり生産されていないカンピョウの加工が始まっています。

お盆の帰省に合わせ、高齢化が進む日野郡で8月16日、介護サービスや医療についての合同就職説明会が開かれました。

8月15日(土)夏の成人式
last up date 2015年08月17日

鳥取県西部地区の伯耆町と日南町ではそれに日野町は、15日に夏の成人式を行いました。そして3つの町をあわせて193人が大人の仲間入りをしました。

米子市河岡を流れる野本川で8月14日、ゴムボートの大会が開かれ、参加した親子らが夏休みの楽しいひとときを過ごしました。

8月13日(木)お盆の入り
last up date 2015年08月14日

8月13日は「お盆の入り」です。各地の墓地ではお墓参りをする人が見られました。

お盆をふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュが始まり、8月12日は、JRなどの交通機関が混雑しました。

8月11日の午前、九州電力川内原発1号機が新規制基準に基づいて国内で初めて再稼働しました。これを受けて鳥取県の平井知事らがコメントを出しています。

境港市が整備していた給食センターが完成し、8月10日、関係者が開所式をして祝いました。

がいな祭2日目の8月9日も、駅前通りやだんだん広場で大勢の人が祭りを楽しみました。

米子鬼太郎空港を発着するソウル便の7月の搭乗率は円安の影響で韓国旅行客が増え、62.5%に回復しました。

「環日本海定期貨客船」は、利用者が8月1日で15万人を達成しました。

8月6日は広島原爆の日でした。これに合わせて、米子市内で朗読コンサートが開かれ、戦争の記憶が語られました。

鳥取の元気づくりを推進するプロジェクトチームのメンバーが、米子市内の空き家を活用した取り組みを視察しました。

8月15日の戦後70年の節目を前に、戦争の記憶を伝える資料展が境港市内で始まっています。

境港市は津波の時に市民が避難できるビルを指定し、協定を結んでいます。このたび市内の幼稚園が新たに避難場所に指定されました。

8月2日(日)米子市内をきれいに
last up date 2015年08月05日

米子がいな祭に訪れる人たちをキレイな街で迎えようと、地域の人がJR米子駅前などを清掃しました。

8月1日(土)平和のための戦争展
last up date 2015年08月05日

戦争にまつわる展示や体験を通して平和の大切さを考えてもらう催しが米子市内で8月1日開かれ、戦後70年の今年は多くの人が訪れました。

韓国とロシアのウラジオストクを結ぶ定期貨客船「DBSクルーズフェリー」を活用して、初めて県産木材を輸出することになり、7月31日に記念式典が行われました。

7月28日に決まった参議院議員選挙の制度改革により来年夏に行われる選挙は鳥取・島根の両選挙区を統合する合区で実施されることになります。鳥取県の平井伸治知事は30日の定例会見で、両県で設置することになる合同の選挙管理委員会の課題を指摘しました。

鳥取県と県内の市町村は、10月を目標に地方創生の総合戦略づくりを進めています。7月29日には、県西部の市町村や金融機関などが産業振興について意見を交わしました。

鳥取県は来年春に高校を卒業する人たちの県内での働く場を確保するため、各地域の経済団体に対して求人の要請を行いました。

米子市に7月27日、ロシアのウラジオストクを中心とする極東沿海地方の経済団体が訪れ、鳥取県や県内企業などと貿易や投資について意見を交わしました。

7月26日(日)みなと祭
last up date 2015年07月30日

日本有数の港町境港市で7月26日、毎年恒例のみなと祭が開かれ大勢の人で賑わいました。

境港市の神社の境内で7月25日、相撲選手権大会が開かれ、参加した子どもたちが元気な取り組みを繰り広げました。

7月24日(金)ヒマワリの花 満開
last up date 2015年07月29日

伯耆町の国道181号沿いの畑でヒマワリの花が満開となっています。

鳥取県内では7月13日から3件の交通死亡事故が発生しています。これを受けて7月23日、米子警察署は管内の3ヵ所で安全運転を呼びかけました。

子育てに関する相談ができる交流スペースが7月22日、伯耆町内に整備されました。

境港市内にあるハローワークが改装され、7月21日から新たに雇用保険業務いわゆる失業保険の手続きを始めました。

7月20日(月)梅雨明け
last up date 2015年07月21日

広島地方気象台は7月20日、「中国地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

真夏の風物詩 全日本トライアスロン皆生大会は7月19日、県西部の各地をコースにレースが行われ、選手たちが熱戦を繰り広げました。

鳥取県は7月18日、がん検診の受診率を向上させようと米子市内のスーパーで検診の大切さを呼びかけました。

7月17日(金)山陰初 仮想の書店
last up date 2015年07月20日

店舗を持たない仮想の書店「いか文庫」が山陰で初めて米子市内の書店で7月17日から始まりました。

高齢者の事故防止などを目標に行われた「夏の交通安全県民運動」の期間中に発生した交通死亡事故は、去年と同じ2件でした。

7月15日(水)山陰道で合同検問
last up date 2015年07月17日

夏の交通安全県民運動最終日の7月15日、鳥取県警と島根県警は合同で検問を行い、安全運転を呼びかけました。

全日本トライアスロン皆生大会の開催を前に7月14日、ボランティアがコースの一部を清掃しました。

夏の交通安全県民運動期間中の7月13日、高齢者のドライバーを対象に運転の適性を診断する交通安全教室が境港市で開かれました。

7月12日(日)米子市民レガッタ
last up date 2015年07月17日

毎年恒例のボートの大会、「米子市民レガッタ」が7月12日に中海で開かれ、参加した人たちが水上スポーツを楽しみました。

夏の行楽シーズンを迎え、米子警察署などが7月11日、ドライバーに安全運転を呼びかけました。

米子市で7月9日、タクシードライバーが認知症サポーターを養成する講座に参加しました。

米子市陰田町に事故が頻発する場所があります。交通安全県民運動期間中の7月7日にも発生しました。そこでなぜ事故が多発するのか取材しました。

8月8日と9日に開かれる米子がいな祭を前に関係者が7月8日、祭りの成功と安全を祈願しました。

境港市は市内の小中学校の給食に、中海の海藻を肥料に使った日野町産の米を使うことになり7月7日に生産者と調印をしました。

「こどもと高齢者の事故防止」などを重点に交通事故ゼロを目指す「夏の交通安全県民運動」が7月6日、県内一斉にスタートしました。

7月5日(日)水難救助訓練
last up date 2015年07月08日

海開きを前に関係機関が連携して水難事故に備えようと7月5日、米子市で合同訓練を行いました。

7月4日(土)医大で職業説明会
last up date 2015年07月08日

鳥取大学医学部附属病院で7月4日、合同就職説明会が開かれ、参加した人たちが希望する職種について仕事の内容を確認しました。

米子市内の職業訓練校に通う生徒たちが7月3日、地域社会に貢献しようと道路や海岸のゴミを拾い集めました。

境港に寄港したクルーズ船の中で過去最大となる大型クルーズ客船 クァンタム・オブ・ザ・シーズが7月2日に入港しました。

読書活動の推進や出版文化の向上に取り組むNPO法人「本の学校」が7月1日、鳥取県で初めての認定NPO法人になり認定書が交付されました。

中海をきれいにしようと6月30日、人工的に水の流れを発生させて水を循環させる水質改善装置が米子湾に設置されました。

6月29日(月)ハスの花 見ごろ
last up date 2015年07月02日

米子市淀江町の伯耆古代の丘公園では、ハスの花が見ごろを迎えています。

湖などの自然な水辺で泳ぐ競技オープンウォータースイムの大会が6月28日、中海で開かれ、大勢の参加者が熱戦を繰り広げました。

鳥取県西部で栽培されているメロンをPRしようと6月27日に日吉津村でメロンまつりが開かれ、大勢の買い物客が旬の味を確かめました。

6月26日(金)天の蛍を出版
last up date 2015年07月02日

江府町を舞台にした歴史小説「天の蛍」が6月28日に出版されました。作者の松本薫さんが出版を前に会見を開き、作品に込めた思いを話しました。

鳥取県で農業の担い手を増やす方法を検討している協議会のメンバーが、6月25日、農業の最先端技術を視察しました。

日南町の花見山スキー場ではユリ科の花「ニッコウキスゲ」が見ごろを迎えています。

米子市の民家でウチョウランが見ごろを迎えています。

6月22日(月)ことしのスイカは
last up date 2015年07月02日

伯耆町でスイカの査定会が開かれ、6月24日に初出荷することが決まりました。

乳がんの早期発見、早期治療を呼びかけるピンクリボンフェスタが米子市内で開かれました。

生のクロマグロの水揚げ日本一をPRしようと境港市で6月20日、まぐろ祭が開かれ多くの人で賑わいました。

6月19日(金)大山メロンの出荷
last up date 2015年06月22日

県西部で生産されているメロンが本格的な出荷の時期を迎えました。

6月18日(木)海岸表示板 設置
last up date 2015年06月19日

米子市の皆生海岸で水難救助や津波が起きたときに避難の誘導に対応しようと6月18日、番号を表示した看板が設置されました。

鳥取大学医学部附属病院は6月16日、韓国で感染が拡大している「中東呼吸器症候群MERS」への対応について、職員を対象にした研修会を開きました。

6月の「環境月間」に合わせて16日、伯耆町内で県や町の職員が不法投棄を見て回りました。

6月15日(月)テムザック竣工式
last up date 2015年06月16日

医療や介護の現場で使うロボットの研究・開発を行うテムザックの技術研究所が米子市旗ヶ崎に完成し、6月15日、関係者が集って竣工式を行いました。

中海と宍道湖の一斉清掃が6月14日行われ、鳥取・島根両県から約8,000人が参加し、護岸清掃に汗を流しました。

境港市民が日頃の芸術活動の成果を発表する美術展覧会が、6月13日から始まりました。

6月12日(金)米子で真夏日
last up date 2015年06月16日

6月12日の鳥取県西部は各地で気温が上がり、米子では真夏日となりました。

6月11日(木)熱中症に注意を
last up date 2015年06月12日

暑い夏を元気にのりきろうと市民が6月11日、健康講座に参加して熱中症の予防法を学びました。

6月10日は時間の大切さを尊重する「時の記念日」です。この記念日にちなんで米子市内の男性が所有する100年以上前に作られたアンティーク時計を取材しました。

6月9日(火)消防救助技術大会
last up date 2015年06月10日

消防隊員の技術を競う大会が6月9日に開かれ、実際の災害現場さながらの技術を披露しました。

6月8日(月)病児保育施設 開所
last up date 2015年06月10日

米子市は6月8日、市内で初めて総合病院内に併設する病児保育施設を開所しました。

6月7日(日)大山夏山開き
last up date 2015年06月10日

国立公園大山で恒例の夏山開き前夜祭と山頂祭が開かれ、夏山シーズンが到来しました。

6月6日(土)伝統の蔵 完成
last up date 2015年06月10日

江戸時代に建てられた蔵の改修工事が終了し、しっくいで描く伝統工法「こて絵」などが6月6日、関係者にお披露目されました。

障がいがありながら口を使って絵を描く画家が、日吉津村のショッピングセンターで技術を披露しました。

6月4日(木)土砂災害避難訓練
last up date 2015年06月08日

鳥取県の土砂災害防災訓練の実施に合わせ米子市祇園町の自治会が6月4日に避難訓練をしました。

6月3日(水)梅雨入り
last up date 2015年06月04日

広島地方気象台は、中国地方が6月3日に梅雨入りしたとみられると発表しました。

危険物安全週間を前に6月2日、境港市で石油タンクの火災を想定した消防訓練が行われました。

6月1日(月)アユ漁 解禁
last up date 2015年06月03日

6月1日、鳥取県内の河川でアユ漁が解禁され、日野川でも早速アユ釣りを楽しむ人の姿が見られました。

日吉津村に新しく完成した複合施設「ヴィレステひえづ」のオープニングセレモニーと内覧会が5月31日に開かれ、多くの村民が完成を祝いました。

緑溢れる大山で5月30日、自然との触れ合いをテーマにした体験型のイベントが開かれました。

生マグロの水揚げ日本一を誇る境港で5月29日、今年初めてのマグロが境港に水揚げされました。

米子市の石井地区では、農業排水が最終的に流れ込む中海を守ろうと、環境に配慮した農作業が行われています。

JR西日本米子支社は5月27日に定例会見を開き、来月から定期的に後藤総合車両所の無料の見学ツアーを開くことを発表しました。

心臓病の患者に対する手術の負担を軽くしようと、心臓の弁の治療を行う最先端の手術が山陰地方で初めて鳥取大学医学部附属病院で成功しました。

企業などを対象に田んぼのオーナー制度を設けている水田オーナーズクラブが5月24日、日南町で田植えをして地域との交流を深めました。

5月24日(日)航空祭
last up date 2015年05月26日

境港市の航空自衛隊美保基地で5月24日、恒例の航空祭が行われ多くの人で賑わいました。

5月23日(土)商店街にぎわう
last up date 2015年05月26日

5月23日、米子市内の商店街で戸板市など多くのイベントが開かれ、買い物客でにぎわいました。

5月22日(金)地元の人が宅配
last up date 2015年05月25日

全国展開する運送会社が米子広域シルバー人材センターと協力をして荷物の宅配を始めました。

鳥取県の平井知事は5月21日の定例会見で、選挙後の補正予算案が過去最大規模になることを明らかにしました。

大地震で大きな被害を受けたネパールに、国が派遣した医療チームの一員として活動していた鳥取大学医学部附属病院の薬剤師が帰国し5月20日、現地での状況を報告しました。

5月19日(火)避難救助訓練
last up date 2015年05月21日

夏の山開きを前にした5月19日、登山者の遭難に備えて、遭難者を迅速に救助する訓練が行われました。

国は今年10月に、住民票を有する国民と一部の外国人に12桁の番号を通知し、いわゆるマイナンバー制度を始めます。マイナンバーの通知まで5ヵ月を切り、企業を対象にした説明会が5月18日、境港市で開かれました。

鳥取県はオリンピックなどの国際大会で活躍できる選手を育成しようと取り組んでいます。5月17日は米子市淀江町でトップアスリートの候補生たちがアーチェリー競技の体験をしました。

5月16日(土)中学生の野球大会
last up date 2015年05月19日

中海圏域の中学生による野球大会が5月16日に境港市で開催され、選手たちが熱戦を繰り広げました。

今年は終戦から70年目となる年です。5月15日は、県中部の湯梨浜町でシベリア抑留者の慰霊祭が行われました。県内では、主催団体のメンバーが高齢化していることから今年が最後の慰霊祭でした。

鳥取県の平井知事は5月14日に定例会見を開き、今年9月から県内の全市町村で第3子以降の保育料を無償化する方針であることを明らかにしました。

4月に大きな地震があったネパールで、5月12日にM7.3の余震が発生し、被害が広がっています。ネパールで医療活動を続けている大山町出身の山根正子さんは診療室で地震を感じましたが無事でスタッフとともに活動を続けています。

5月12日(火)看護の日
last up date 2015年05月14日

5月12日の看護の日に合わせて、米子市の病院で看護の心を知ってもらおうとイベントが開かれました。

春の全国交通安全運動が始まった5月11日、米子警察署と安来警察署は合同で広報検問を行いました。

5月10日(日)ウドの食味会
last up date 2015年05月14日

南部町が特産化に取り組む、「ウド」を使った料理を味わう、「食味会」が10日に開かれました。

5月9日(土)中野港で漁村市
last up date 2015年05月14日

境港市の中野港で、沿岸漁業による新鮮な魚を販売する漁村市が開かれ、多くの人で賑わいました。

米子の夏を彩る「米子がいな祭」の事務所開きが、5月8日に行われました。

覚醒剤や拳銃などの密輸を防ごうと、5月7日、境港市で、境税関支署の職員らが取り締まりの協力を呼びかけました。

5月6日(水)こどもペーロン大会
last up date 2015年05月11日

境港市の中浜港で子ども達が手こぎ船のペーロン大会に参加して中海の自然を楽しみました。

5月5日(火)米子駅で子どもの日
last up date 2015年05月11日

子どもの日の5月5日には、各地で様々な催しが開かれました。JR西日本は、親子で駅に親しんでもらおうと、JR米子駅で子ども祭りを開きました。

5月4日(月)水木ロードにぎわう
last up date 2015年05月07日

県内有数の観光地、水木しげるロードは、5月の連休に大勢の観光客で賑わっています。

5月3日(日)大山町で藤まつり
last up date 2015年05月07日

六尺藤で知られる大山町の住雲寺で5月3日から藤まつりが始まりました。

5月2日(土)帰省ラッシュ
last up date 2015年05月07日

ゴールデンウィーク後半の5月2日、JR米子駅では帰省ラッシュが始まりました。

水産大手の日本水産の子会社 弓ヶ浜水産は東日本大震災により、宮城県女川町から境港市に拠点を移して、4年前からギンザケを養殖いしています。そして、このギンザケを多くの人に食べてもらおうとこの度、加工場を作りました。5月1日には、境港市内の水産関係者などが参加して内覧会が開かれました。

ネパールの首都カトマンズの青年会議所と姉妹締結している米子青年会議所は、ネパール地震の被害復興に役立ててもらうため、義援金を集めて送ることにしています。

今年の春、小学校に入学した児童たちによる稚児行列が4月29日、米子市内で行われました。

4月25日にネパールで発生した地震で、現地で医療活動に取り組んでいる大山町出身の山根正子さんの無事が確認されました。

4月27日(月)日吉津村長 初登庁
last up date 2015年05月01日

日吉津村長選挙で4回目の当選を果たした石操村長が4月27日、当選後、初登庁し、子育て支援を重点施策として、定住に繋げる方策を作りたいとする決意を職員に示しました。

まんが王国とっとりをPRしようと「名探偵コナン」のキャラクターをプリントした列車が、4月26日に報道向けに公開されました。

4月25日(土)米子つつじまつり
last up date 2015年05月01日

米子市の花、ツツジの季節に合わせて4月25日、米子つつじまつりが開かれました。

江府町の国道181号沿いに県内で14番目となる道の駅が4月24日、新しくオープンしました。

境港に接岸していた軍用船玉栄丸が爆発事故を起こした事故から70年を迎えた4月23日、発生時刻に合わせて慰霊の献花式が執り行われました。

米子市の野坂康夫市長は4月22日に定例会見を開き、市内を巡回するバスの利用促進を図るため、6月から運賃の割引を始めることを明らかにしました。

4月21日(火)河川の堤防を点検
last up date 2015年04月29日

米子市で4月21日、雨が多くなる時季を前に、川の堤防の点検が行われ、梅雨や台風に備えました。

大山町の地域おこし協力隊が高い生産技術を持つ農家、「アグリマイスター」の下で、農業研修を受けています。4月20日には、特産の20世紀梨の実を間引く摘果作業を行いました。

境港市にある水産物直売所の民営化1周年を記念して、4月19日、感謝祭が開かれました。

南部町鶴田にあるとっとり花回廊では、チューリップが満開です。

日本と韓国の国交正常化50周年にあわせて韓国・江原道の使節団が4月17日、鳥取県を訪れ、境港市の水木しげるロードで観光PRを行いました。

4月16日(木)中学校給食 開始
last up date 2015年04月20日

米子市の長年の懸案だった中学校給食が4月16日から始まりました。

伯耆町のスーパーマーケットで4月15日、警察署の職員や交通安全指導員が買い物客にシートベルトとチャイルドシートの着用を呼びかけました。

鳥取県西部地区には外国からの観光客が増加しています。そこで、外国人観光客を対象にした鳥取県西部のガイドマップを作ろうということになり、マップへの掲載店舗を募る説明会が4月14日、米子市内で開かれました。

大山町の男性が4月13日、町の教育委員会から学校で防犯対策の指導などに取り組むスクールガードリーダーに委嘱されました。

日吉津村で4月12日、恒例のチューリップマラソンが開かれ、大勢の参加者が村内を巡りました。

4月11日(土)南部町の一式飾り
last up date 2015年04月15日

南部町で4月11日、江戸時代から続く一式飾りがお披露目されました。

3月20日で今期のズワイガニの漁期が終わりました。水揚げ量は前の年よりも7t減少して3年連続の減少です。

4月9日(木)園児が稚アユ放流
last up date 2015年04月15日

日野川で4月9日、6月のアユ漁の解禁を前に地元の園児たちが稚アユを放流しました。

公益財団法人とっとりコンベンションビューローは4月8日、負担すべき駐車料金を不正に支払わなかったとして40代の男性職員やその上司などを処分し、会見を開いて謝罪しました。

4月7日(火)給食センター内覧会
last up date 2015年04月08日

境港市で2学期から中学校の給食を実施するため、建設を進めていた学校給食センターが完成しました。

4月6日(月)期日前投票好調
last up date 2015年04月08日

4月12日に投開票が行われる鳥取県知事選挙と鳥取県議会議員選挙の期日前投票が各市町村役場などで行われていて、多くの人が投票を済ませています。

4月5日(日)緑の募金を呼びかけ
last up date 2015年04月08日

米子市で活動するボーイスカウトの団員が日吉津村のショッピングモールで森林整備に活用される緑の募金への協力を呼びかけました。

4月4日(土)さくら祭り
last up date 2015年04月08日

米子市の介護老人保健施設でさくら祭りが開かれ、利用者や地域の人で賑わいました。

4月3日(金)鳥取県議選 告示
last up date 2015年04月08日

鳥取県議会議員選挙が4月3日に告示されました。県西部地区では、米子市と境港市それに西伯郡と日野郡の4つの選挙区で合わせて18人が立候補を届け出ました。

日南町は地方創生のための戦略づくりの委員に中学生にも参加してもらおうということになりました。

4月1日(水)新年度スタート
last up date 2015年04月02日

新年度を迎えた4月1日、米子市役所でも新入職員が新たなスタートを切りました。

旧米子市と旧淀江町が合併し、「新米子市」が誕生してから3月31日で10周年を迎えました。これを記念して米子市公会堂で式典が開かれ、新しく制定された米子市の歌が披露されました。

境港市民が市内の飲食店や店舗などで利用できるプレミアム付き商品券の販売が3月30日から始まりました。

3月29日(日)世界腎臓デー
last up date 2015年04月02日

3月第2木曜日の「世界腎臓デー」にちなんで、腎臓について知ってもらおうというイベントが3月29日、米子市内で開かれました。

3月28日(土)鳥取でサクラ開花
last up date 2015年04月02日

鳥取地方気象台は3月28日、サクラの開花を発表しました。

境港市は伯州綿の栽培や商品開発などに力を入れるため、地域おこし協力隊員3人を新たに採用しました。

鳥取県西部で初めてとなる公立の認定こども園が3月26日、南部町に完成し、竣工式が行われました。

3月25日(水)大漁祈願祭
last up date 2015年03月26日

境港市で3月25日、漁業関係者が漁の安全と大漁を願って祈願祭を執り行いました。

任期満了にともなう日吉津村議会議員選挙が4月26日に予定されています。それを前に立候補予定者説明会が開かれ、10の陣営が出席しました。

米子市議会のすべての議員が出席する全員協議会が開かれ、米子市淀江町に開設を目指す産業廃棄物最終処分場について、運営の主体を民間企業から第3セクターに変更することが報告されました。

地元の青少年で構成する米子ユースオーケストラの演奏会が3月22日、米子市内で開かれました。

魚と妖怪のまちづくりを進めている境港市で、3月21日から地元の水産物を使った料理のコンテストなどを行う大漁祭が始まりました。

3月20日(金)春の訪れ
last up date 2015年03月22日

3月21日の春分の日を前に、米子市内の春の様子をご紹介します。

南部町は鳥取県内で初めて、ゴルフ場と災害時の協定を結びました。

3月18日(水)彼岸の入り
last up date 2015年03月22日

18日は彼岸の入りでした。

米子市両三柳にある西部広域消防局の指令システムが17日から新しくなりました。

3月16日(月)大山町で深海魚
last up date 2015年03月22日

大山町の漁港で15日、深海魚が見つかりました。

伯耆町の桝水高原で「枡水」の歴史を伝えようと新たに地蔵を建立しました。

1月に合併10周年を迎えた伯耆町で記念の音楽コンサートが開かれました

3月13日(金)県立高校 合格発表
last up date 2015年03月22日

鳥取県立高校で13日、合格者が発表され受験生が喜びの春を迎えました。

今月10日未明、大山町で突風が吹き、民家の屋根がわらが外れるなどの被害が出ました。

春のセンバツ高校野球大会の開幕を前に11日、米子北高校で野球部を送る壮行式が開かれました。

10日の県西部地方は強い冬型の気圧配置となり寒い1日となりました。

境港市で県営の太陽光発電施設の開始式が行われ、関係者にお披露目されました。

3月8日(日)認知症の見守り訓練
last up date 2015年03月11日

米子市の永江地区では、地域住民が徘徊している認知症の人を見つける訓練を行いました。

3月7日(土)県内産 肉の試食会
last up date 2015年03月11日

鳥取県のブランド肉を食べ比べる催しが米子市内で始まり、大勢の人で賑わいました。

春のセンバツに出場する米子北高校で、全校生徒が応援練習を始めています。

3月5日(木)県立高校入試
last up date 2015年03月08日

鳥取県立高校の一般入試が始まりました。

4月12日に行われる県議選の立候補予定者への説明会が開かれました。

3月3日(火)新酒の発表会
last up date 2015年03月08日

皆生温泉オリジナルの日本酒が完成し、大勢の人がその味を確かめました。

スカイマークは米子空港を発着する便を9月1日から休止する方針です。

3月1日(日)春の火災予防運動
last up date 2015年03月08日

春の火災予防運動に合わせて米子市で消防署員や消防団員が参加する消火訓練が行われました。

2月28日(土)交通安全教室
last up date 2015年03月08日

日吉津村のショッピングモールで県警などが買い物客にチャイルドシートの使用を呼びかけまいした

県立米子南高校で27日、県内のトップを切って卒業式が行われました。

福米西ミニバスケットボールクラブの男子チームが3月28日から東京都で開催される全国大会に出場することになり、米子市長を表敬訪問しました。

米子市は、新年度平成27年度の一般会計当初予算案を発表し、過去最大の613億円あまりになることが分かりました。

来月実施される県立高校の入学試験には県西部で合わせて1488人が出願し競争率は1.14倍となりました。

19年ぶりに鳥取県西部からセンバツに出場する米子北高校の野球部にJA鳥取西部から地元の野菜など210キロが贈られました。

一般公募で集まった県民が演じる創作ミュージカル「アオイ」が21日と22日に公開されました。

米子水鳥公園で越冬したコハクチョウが北に帰る北帰行が21日に確認されました。

米子市が進めている湊山球場の敷地の史跡公園化に対し、凍結を求める要望書が出されました。

バリアフリーを推進する協議会が米子市で開かれました。

食のプロを目指して調理について学んでいる高校生が保護者を招待して昼食会を開きました。

春のセンバツに出場する米子北高校の野球部が米子市役所を表敬訪問しました。

ベンチが壊れたままだった境港市のバス停に高校生が手作りのベンチを贈りました。

中海に生息している魚や貝などを自分たちの手で調理し、食べる会が米子水鳥公園で開かれました。

南部町ではマイナンバー導入を見据えた実証実験を2月から始めており、そのシステムを活用した避難訓練が行われました。

米子市の新しい学校給食センターが完成し、オール電化の厨房や食物アレルギーの児童・生徒に対応する調理場などが公開されました。

鳥取県の2月議会が12日に開会し平井知事がおよそ3,336億円の新年度一般会計当初予算案など、63議案を提案しました。

JR米子駅に南北自由通路を設置する事業の協議会が開かれました。

南部町のゴルフ場でイノシシの肉を使ったいわゆるジビエ料理の試食会が開かれました。

境港市の余子地区でニュースポーツの大会が開かれ参加した人たちがスポーツを通して交流を深めました。

境港のさかなに関する基礎知識を問う「境港さかなの達人検定」が行われました。

2月7日(土)伯州綿でヒツジ作り
last up date 2015年02月20日

伯州綿で羊の人形を作る教室が境港市で開かれました。

境港市と境港警察署は大規模な災害が起きた時に市内の遊技場を避難所などに利用できるよう、遊技場の組合と災害応援協定を結びました。

鳥取県は5日に臨時議会を開き地元産品の消費の拡大につなげようとプレミアム商品券を発行することなどを可決しました。

2月4日(水) 立春
last up date 2015年02月19日

米子水鳥公園でも越冬していたコハクチョウの群れが北帰行の準備を始めています

2月3日(火)大山蒜山協議会 発足
last up date 2015年02月04日

大山隠岐国立公園の保護や活用などについて関係団体が情報を共有しあい取り組みを進めていこうと2月3日「大山蒜山地域連絡協議会」が設立されました。

大手自動車部品メーカーが現在南部町にある生産と研究開発の事業所を拡充することになり、2月2日、米子市内で調印式が行われました。

韓国江原道の小学生と中学生が2018年の平昌オリンピックを広報するため、鳥取県を訪れました。1月31日には米子市内の百貨店で国の伝統的な音楽を披露しました。

今年に入り、山陰道や米子自動車道で相次いで交通死亡事故が起きたことをうけ、山陰両県の警察隊らがドライバーに事故防止を呼びかけました。

米子市美術館協議会が1月30日に開かれ、米子市出身の彫刻家 戸田海笛の壁画「喜怒哀楽の図」を複製したブロンズを米子市美術館の屋外に設置する計画案を合意しました。

スカイマークは業績の急速な悪化によって経営に行き詰まり、裁判所に民事再生法を申請したことが1月28日に明らかになりました。

1月28日(水)お試し住宅 公開
last up date 2015年02月02日

米子市は、市内への移住を検討する県外の人に、一定期間住宅を貸し出し、移住前に米子市の生活を体験してもらう「お試し住宅」を3軒整備しました。そのうちの一つである米子駅前の住宅の内覧会が1月28日行われました。

1月27日(火)誘致企業の開所式
last up date 2015年02月02日

鳥取県と米子市が誘致した、企業向けの福利厚生サービスを全国展開する会社の開所式が開かれました。

1月26日は、文化財防火デーです。境港市の有形文化財 日御碕神社では、氏子らが消防訓練をして、万一に備えました。

1月25日(日)仮装して滑走大会
last up date 2015年02月02日

好きなキャラクターの衣装を身に着けて滑りながらパフォーマンスを披露する「仮装して滑走大会」が1月25日、大山町のスキー場で開かれました。

JR伯備線で作業員3人が犠牲になった事故から1月24日で9年を迎えました。事故を2度と繰り返さないよう関係者が花を手向けて安全運行への誓いを新たにしました。

1月23日(金)米子北甲子園初出
last up date 2015年01月27日

今年の春のセンバツ野球大会に米子北高校が出場することになりました。

皆生トライアスロン協会の定期総会が1月22日開かれ、今年の全日本トライアスロン皆生大会は7月19日に開催することが決まりました。

スカイマークは1月21日、3月29日から8月31日までの運航ダイヤを発表しました。

鳥取県と県西部の市町村、それに商工業団体などが連携して国の「地方創生」の取り組みについて意見を交わす「鳥取地方創生チーム」の会議が1月20日、初めて開かれました。

境港市の市民会館は耐震性不足のため、現在使用できなくなっています。境港市は、地元の文化団体などで作る委員会を立ち上げ、市民会館を含む美保飛行場周辺のまちづくり計画を作成しており、今年度中に基本構想をまとめることにしています。そんな中、米子高専の学生が1月19日、授業で作った建て替え案を提案しました。

1月18日(日)カニ感謝祭
last up date 2015年01月20日

カニの水揚げ日本一を誇る境港市で1月18日、恒例のカニ感謝祭が開かれ、大勢の観光客で賑わいました。

伯耆町の誕生10周年を祝い1月17日、関係者が集まって記念式典が開かれました。

日南町で1月16日、初めてホームセンターがオープンし、大勢の人で賑わいました。

1月15日(木)イチゴの収穫
last up date 2015年01月16日

1月15日は全国いちご消費拡大協議会が語呂合わせで制定した「いいイチゴの日」でした。1月中旬はイチゴの収穫や出荷が本格化する頃だということで伯耆町のイチゴ農家を取材しました。

鳥取県は1月14日、今シーズン初めての「インフルエンザ警報」を出しました。これは県内の医療機関から報告された患者の数が1医療機関あたり30人を超えたためです。

米子高校の3年生が、コンビニエンスストアと共同で開発したスウィーツが、1月13日から中四国の店舗で販売されています。

1月12日(月)寒中水泳大会
last up date 2015年01月15日

新年恒例の寒中水泳大会が1月12日、米子市で開かれ、参加者が真冬の海に挑みました。

1月11日(日)南部町の成人式
last up date 2015年01月12日

鳥取県内の6つの自治体で1月12日の成人の日を前に成人式が行われ、新成人が大人への一歩を踏み出しました。

米子市で1月10日、障がい者が暮らしやすい地域社会をつくろうと全国から様々な分野の人々が参加して話し合うあいサポートとっとりフォーラムが始まりました。

1月9日(金)寒ボタンが見ごろ
last up date 2015年01月12日

松江市八束町の日本庭園「由志園」では赤やピンク色の寒牡丹が花を咲かせ、訪れた観光客を迎えています。

1月8日(木)春を待つ稚魚たち
last up date 2015年01月09日

日吉津村の水産施設で去年のふ化したアユとサケの稚魚が春の放流を待っています。

1月7日(水)新春かるた大会
last up date 2015年01月09日

新春恒例のかるた大会が1月7日、米子市内の高校で開かれ、生徒たちが熱戦を繰り広げました。

1月6日(火)米子の商工祈願祭
last up date 2015年01月09日

米子市で1月6日、地元企業の経営者らが集まり、商工業の発展を祈願しました。

1月5日(月)仕事始め式
last up date 2015年01月09日

年末年始の休みが終わり1月5日から仕事という方も多いのではないでしょうか?鳥取県や県西部の市町村の行政機関でもこの日仕事始め式をして今年の業務をスタートさせました。

1月4日(日)鏡開き式
last up date 2015年01月09日

米子市にある鳥取県立武道館で1月4日、武道や武術の上達と1年の健康を願う鏡開き式が行われました。

1月3日(土)米子市成人式
last up date 2015年01月09日

1月3日、米子市で大人の仲間入りを祝う成人式が開かれました。

1月2日(金)今年の干支は「未」
last up date 2015年01月09日

2015年、今年の干支は羊です。県西部の観光地の1つ大山トムソーヤ牧場では、羊が正月飾りを身に着けて観光客を出迎えています。

1月1日(木)初詣に多くの人出
last up date 2015年01月09日

2015年が幕を開けた1月1日、県西部では初詣客で賑わいました。

お正月をふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュが始まっていますが、JR米子駅では職員がプレゼントを配って出迎えました。

新年に向けて、いろいろな店でお餅やしめ縄の販売が行われていますが、米子市内ではつきたてのお餅の販売が人気です。

5年連続で観光客が200万人を突破した境港市の水木しげるロードで12月28日、1年の感謝の気持ちを込めてパレードなどが行われ、観光客でにぎわいました。

本格的な冬山シーズンを迎えた大山で、12月27日、登山者に安全を呼びかけるパトロールの出発式が行われました。

12月18日から23日の間に交通死亡事故が連続したことを受けて、鳥取県には、交通死亡事故多発警報が発令されています。26日には日吉津村で、警察や関係者がビラを配り交通安全を呼びかけました。

境港市の今年の10大ニュースが12月25日に発表となり、中村勝治市長が今年の出来事を振り返りました。

米子市と境港市は12月24日、鳥取県の生活協同組合と災害時に生活物資の支援を受ける協定を結びました。

県西部を代表するスキー場「だいせんホワイトリゾート」が12月23日にオープンし、大勢の利用客で賑わいました。

米子市出身の女性が12月22日、海外ボランティアに出発する前に市長を表敬訪問しました。

米子市内で12月21日、米子高校の生徒が主催するダンスの発表会が開かれました。

水木しげる記念館の来場者が12月20日、300万人を突破しました。

スカイマークが米子空港を発着する路線から撤退する方向で検討していることが明らかになりました。

今年収穫した酒米で作ったどぶろくの披露会が12月18日、伯耆町で開かれ、訪れた人が今年のどぶろくを味わいました。

17日の鳥取県は強い冬型の気圧配置となり、県西部では米子市と境港市で今シーズン一番の寒さとなりました。また、強風の影響で、JRの運転が見合わせが相次ぎました。

観光客や市民に楽しんでもらおうと 境港市のおさかなロードに 石鯛のオブジェが設置され、16日、 除幕式が行われました。

雪道を走る際の事故や立ち往生を防止しようと大山町で15日、交通安全協会の会員らがドライバーに冬用タイヤの装着などを呼びかけました。

米子市東福原の山地地区に住む人たちが12月14日、戦後から続く伝統ある行事で勝田神社に大しめ縄を奉納しました。

大山町で12月13日、住民と一緒にアイディアを出し合って作ったまちづくり計画が発表されました。

米子市で12月12日、平成12年の鳥取県西部地震で被災した農業用排水路の地下部分、暗きょ排水路の定期点検が行われ、住民が現地を確認しました。

米子市でロボットを研究開発する研究所が建設されることになり12月11日、地鎮祭が行われました。

12月9日から年末の交通安全県民運動が行われています。米子市と境港市では初めて2つの市が合同で広報検問を行い、ドライバーに交通安全をよびかけました。

12月9日から鳥取県内で年末の交通安全県民運動が始まりました。

米子ソウル便の利用促進を図るための意見交換会が12月8日、米子市内で開かれ、アシアナ山陰ファンクラブの会員を増やしていくことを決めました。

12月7日(日)松葉がにまつり
last up date 2014年12月09日

山陰の冬の味覚、松葉がにを来場者に堪能してもらおうというイベントが境港市で開かれました。

鳥取県出身の岡野貞一が作曲し、多くの人に親しまれている唱歌「ふるさと」をテーマにした映画作りが大山町の古民家で行われています。

特殊詐欺被害が相次いでいるなか、境港市内で特殊詐欺被害を未然に防いだ3人に12月5日、警察署長から感謝状が贈られました。

鳥取県は12月3日、県内でインフルエンザの流行が始まったと発表しました。これを受けて感染予防の注意を呼びかけています。

12月2日に衆議院議員選挙が公示されたのを受け、県内各所で3日から期日前投票が始まりました。

12月2日の鳥取県西部は強い冬型の気圧配置の影響で寒気が流れ込み、平野部でも雪が降るなど今シーズンで一番の寒さとなりました。

県内外の養殖場で育てられたギンザケの幼魚を美保湾に移す沖出し作業が12月1日から始まりました。

伯州綿の綿がらなどを使ったクリスマスリース作りの教室が11月30日、境港市内で開かれました。

日本と韓国の高校生が11月29日、大山町でサッカーを通じて交流を深めました。

ヒトデの大量発生により美保湾の小型の底引き網漁業に影響が出ています。そのような中、美保湾で関係者による美保湾のヒトデの一斉駆除が行われました。

米子市は大手芸能プロダクションの吉本興業と共同で米子市をPRする映画を制作することになり11月27日に実行委員会が立ち上がりました。

鳥取県の11月議会が26日に開会し、平井知事が一般会計補正予算案など24議案を提案しました。

11月25日から12月1日までの1週間は、犯罪にあった人が置かれた状況への理解を深めようという「犯罪被害者週間」です。これを受けて、日吉津村で25日、街頭広報が行われました。

境港市の美保通信所で見つかった不発弾の処理が11月24日行われ、作業は無事に終了しました。

富有柿の産地として知られる南部町で、恒例の「全国柿の種吹きとばし大会」が開かれました。

大山町名和ICの近くにある道の駅「大山恵みの里」が11月22日、リニューアルオープンしました。

境港市は写真家植田正治が住んでいた境港市の住宅を国の登録有形文化財に申請しました。

米子市の湊山公園で11月20日、冬に備えてソテツのこも巻きが行われました。

米子市内のコンビニエンスストアで11月19日、障がいのある人が手作りのお菓子などを販売しました。

米子市の野坂市長は11月18日の会見で米子市職員全員が災害時発生時などに着る「防災服」を準備したことを明らかにしました。

危険ドラッグを全面的に禁止する鳥取県の条例が11月17日に施行されました。これに合わせて、鳥取県庁内に危険ドラッグ撲滅対策本部を設置して第一回の対策会議が行われました。

地元の歴史を知ってもらおうと11月16日、南部町で歴史探訪ウォークが開催されました。

米子高専が創立50周年を記念する式典を開いて、今後地域に密着し、新しい時代を切り開く人材の育成に、力を入れる方針を発表しました。

島根県安来市で鳥インフルエンザのウイルスが検出されました。それを受けて、鳥取県は、野鳥の緊急調査を行いました。

日南町にゆかりのある文豪「松本清張」の資料室が11月13日に開所し、関係者と地元の人が完成を祝いました。

11月12日の午前7時50分ごろ米子市内の遊歩道で上半身が焼けた状態で倒れている人を近くを歩いていた人が発見し119番通報しました。

聴覚障がいやろう者の現状について広く、一般の人に理解してもらおうと11月11日、米子市手話の集いが開かれました。

鳥取県警は犯罪を抑止しようと毎月10日を「防犯の日」に定めています。11月10日、米子市内では、オレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害を防ごうと米子信用金庫淀江支店で職員が訓練をしました。

11月9日(日)東北支援の芋煮会
last up date 2014年11月10日

東日本大震災により鳥取県や島根県に避難している人たちが11月9日、大山町に集まり、東北の秋の恒例行事、芋煮会を開いて親ぼくを深めました。

全国のご当地バーガーが集まる「とっとりバーガーフェスタ2014」が大山の博労座で開かれ、多くの人で賑わいました。

山陰の冬の味覚、ズワイガニ漁が解禁になり、境港で11月7日、水揚げされたばかりのカニの初競りが行われました。

自然を楽しみながら旅行する形態を「エコトラック」と呼びます。そのルートに、大山や中海を周遊する県西部のエリアが全国で初めて、認定されました。

米子市淀江町に産業廃棄物処分場の建設計画について11月5日、市民団体が、米子市長宛の質問状を提出しました。

西部総合事務所で11月4日、消防訓練が行われ、職員が万一の事態に備えました。

11月3日(月)大山初冠雪
last up date 2014年11月04日

国立公園の大山で、11月3日、初冠雪が確認されました。

伯耆町で最も高齢化が進む日光地区で11月2日、地区の活性化を目指した施設がオープンしました。

11月1日(土)図書館まつり
last up date 2014年11月04日

米子市立図書館で11月1日、図書館まつりが3年ぶりに開催され、大勢の人で賑わいました。

大山町で10月30日、農業の生産技術を伝えて担い手の育成を図ろうという協議会が新たに発足しました。

10月30日には、線路に降った雪をかき分けるラッセル車の整備が始まりました.

県が定めた薬物乱用の防止に関する条例について正しく理解してもらおうとJR米子駅前で街頭広報が行われました。

10月28日から北朝鮮のピョンヤンで拉致被害者などをめぐる日朝会談が始まっています。同じく28日には、米子市で拉致問題の集いが開かれ、拉致被害者の家族らが早期解決に向けた想いを語りました。

去年7月から9月にかけて全国各地で発生した局地的な集中豪雨を受けて、米子市では地域防災計画の見直しを行っており、10月27日の防災会議で修正案が承認されました。

伯耆町の番原地区が10月26日、特殊詐欺被害を撲滅するモデル地区に指定されました。

鳥取県西部の食を集めた「農と食のフェスタ in せいぶ」が10月25日、米子市内で始まりました。

JR米子駅で10月24日、職員が、エレベーターに閉じ込められた人を助け出す訓練をしました。

今年に入ってコスタビクトリアやダイヤモンドプリンセスといったクルーズ客船の寄港が続く境港ですが、10月23日には、アジア最大のクルーズ客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」が初寄港しました。

将来のマイナンバー制度の導入を見据えて自治体やケーブルテレビ会社などが共同で住民サービスの実証を行う協議会の初めての会合が南部町で開かれました。

米子市など、県西部の市町村で学校給食に県外産の牛乳が使われていることについて鳥取県の平井知事は来年度は大山乳業の牛乳を流通させる目途がたったことを明らかにしました。

大山町の平澤牧場にヒツジの畜産を学ぼうと高校生が研修に訪れました。

10月19日(日)市民大茶会
last up date 2014年10月20日

米子市で19日、 恒例の市民大茶会が開かれ大勢の人がお茶席を楽しみました。

10月18日(土)原子力防災訓練
last up date 2014年10月20日

島根原発での事故を想定した鳥取島根両県の防災訓練が18日に行われ、住民が鉄道や船などを使って避難し、万一に備えました。

国立公園大山のスキー場で、リフトのイスを取りつける作業が17日から始まりました。

鳥取県西部の食に関するイベント食のみやこ鳥取県 「農と食のフェスタ in せいぶ」が10月25日と26日に開かれます。16日には、関係者が集まり、イベントの実施内容について最終確認をしました。

地震や大雨などの災害時に、行政が管理している排水処理施設が被災した場合、現場の調査や復旧作業を支援する協定が15日に結ばれました。

10月14日(火)鳥取県議会 閉会
last up date 2014年10月15日

鳥取県の9月議会は14日、危険ドラッグの販売や使用を禁止する全国で初めてとなる条例の改正案などを可決して閉会しました。

10月13日(月)大山町防災訓練
last up date 2014年10月14日

大山町で13日、大雨と土砂災害を想定した訓練が行われ、万一の事態に備えました。

米子水鳥公園に12日、今シーズン初めてのコハクチョウが飛来しました。

鳥取県の園芸試験場が開発した新品種の柿をPRしようと11日、日吉津村などで試食販売会が行われました。

境港市で10日、貨客船での様々なテロを想定した訓練が行われました。

航空機の火災事故を想定した消火と救助の総合訓練が、米子空港で9日に行われました。

職業の実習で境港市に3年間滞在する中国人に安心安全な生活を送ってもらおうと、8日、交通安全と防犯の講習会が行われました。

10月18日に島根原子力発電所の事故を想定した避難訓練が鳥取島根両県で行われます。それを前に米子市長が崎津地区などでの訓練内容を説明しました。

10月6日(月)地域振興賞
last up date 2014年10月08日

地元の特産品であるカニをPRしている団体が地域振興に貢献しているとして境港商工会議所から表彰されました。

日吉津村で5日、地震を想定した訓練が行われ、大勢の人がもしものときに備えました。

全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会のコンサートが4日、米子市公会堂で開かれました。この中で、今年で友好交流20年を迎える鳥取県と韓国江原道が協定を交わし、互いに連携しながら障がい者の住みやすい社会づくりを進めていくことになりました。

10月3日(金)米子市議会 閉会
last up date 2014年10月05日

米子市議会の9月定例議会が3日 最終日を迎え、今年度一般会計補正予算案など14の議案を可決して閉会しました。

ガスを製造するときに発生する熱を利用した「エネルギー発電システム」の運用が2日から米子市内で始まりました。

米子鬼太郎空港の東京便は10月1日で就航50周年を迎え、記念の式典が開かれました。

鳥取県が定めた10月の不法投棄防止強化月間を前に県西部の関係者が集まり、対策を協議しました。

10月から外国人旅行者向けの免税制度が改正されるのにともない、29日、境港市で説明会が開かれました。

障がいのある人とボランティアの人たちが一緒に歩くイベント、「1000人ウォーク」が米子市内で開かれました。

9月27日(土)ケヤキ通り祭り
last up date 2014年09月28日

米子市の国道431号沿いのケヤキ並木を守り、地域のにぎわいを作ろうと27日、米子ケヤキ通り祭りが開かれ、大勢の人で賑わいました。

鳥取県内の企業や学校それに研究機関などが技術や活動内容を一堂に紹介するとっとり産業フェスティバルが米子市で始まりました。

テロなどの緊急事態が発生した場合に備えて連携を強化しようと陸上自衛隊と県警が共同で訓練を行いました。

ホタル研究家らの全国大会「全国ホタル研究会」が、2年後の平成28年に県西部で開かれることが決まり、開催に向けて初となる会合が米子市内で開かれました。

9月23日(火)上淀廃寺の彼岸花
last up date 2014年09月24日

米子市淀江町の上淀廃寺跡周辺を彼岸花で彩り、地域活性化につなげようという運動があります。そして、地元の人たちが今年6月に植えた彼岸花が今、見頃を迎えています。

妻木晩田遺跡の最大規模の墳丘、仙谷8号墓で弥生時代の石の棺が見つかり、一般を対象にした現地説明会が開かれました。

9月21日(日)境港福祉文化祭
last up date 2014年09月23日

境港市で障がい者福祉施設やボランティア団体などが一堂に会して文化祭を開き、大勢の人で賑わいました。

米子市内で20日、環境フェスタが開かれ訪れた人が環境保全の取り組みについて理解を深めました。

9月19日(金)コスモスが見ごろ
last up date 2014年09月22日

米子市淀江町でコスモスの花が見ごろを迎えています。

ドイツで再生可能エネルギー事業を手掛ける会社の経営者が18日、日南町のNPO法人「フォレストアカデミージャパン」などを視察しました。

9月17日(水)震災対応訓練
last up date 2014年09月18日

米子市で17日、県内の3つ消防局の職員などが地震で建物が倒壊したという想定で合同訓練を行い、いざという時の行動を確認しました。

日野高校への入学希望者を増やすため地域と日野高校の橋渡し役となってもらおうと「コーディネーター」の辞令交付式が16日、行われました。

9月15日は「敬老の日」です。これは長年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日です。この日、境港市の福祉施設では今年度100歳になる2人の女性に中村市長から記念品が贈られました。

米の収穫時期を迎えていますが、南部町では一般の人に稲刈りを体験してもらおうというイベントが14日開かれました。

鳥取県内で大規模な災害や交通事故が発生した場合に備えるため、県内の医療救護者や消防隊員が集まり、13日、米子市内で訓練を行いました。

第八管区海上保安部美保航空基地に今年4月から配属された2人の隊員が12日、研修修了式に臨み、機動救難士としての新たな一歩を踏み出しました。

9月11日は警察相談の日です。県民に安全な生活のための相談窓口としてより一層警察を利用してもらおうと県内各地でPR活動が行われました。

9月10日(水)境港市議会開会
last up date 2014年09月11日

境港市の9月定例議会が10日に開かれ、9億4800万円余りの今年度一般会計補正予算案など13議案が提案されました。

9月10日からの1週間は「自殺予防週間」です。週間を前に自殺の動機の一つであるうつ病の症状、「不眠」の早期発見につなげてもらおうという街頭キャンペーンが行われました。

9月8日(月)伯州綿の収穫
last up date 2014年09月10日

境港市で、特産の弓浜絣の原料となる伯州綿の収穫が始まっています。

9月7日(日)地域包括ケア研究会
last up date 2014年09月10日

米子市で7日、地域包括ケア研究会が開かれ、先進地の事例を通して高齢化社会への対応を探りました。

教育や文化にとらわれず作家のありのままの心を表現する芸術アール・ブリュットの作品展が6日から米子市美術館で始まりました。

日南町生山地区に町内初のホームセンターができることになりました。5日、工事の成功と安全を祈願して地鎮祭が執り行われました。

日吉津村の9月定例議会が4日に開会し、今年度一般会計補正予算案など11議案を提案しました。

JR境港駅前に境港市が誘致したビジネスホテルの地鎮祭が、3日に行われました。

気象庁は1日、台風や前線の影響による大雨などで天候が悪い日が続いたことから西日本の8月の雨量が平年の2.7倍となり、統計を取り始めた1946年以降最も多かったと発表しました。

9月1日(月)関東大震災の記憶展
last up date 2014年09月10日

関東大震災が発生してから今年で91年が経ちます。10万人以上の死者、行方不明者が出た関東大震災を伝える企画展が南部町で開かれています。

境港市で31日、かにかご漁船の出漁式が行われベニズワイガニ漁をする9隻の船が日本海へ出発しました。

境港市で30日、恒例の「ゲゲゲの鬼太郎ゲタ飛ばし大会」が開かれ、多くの観光客で賑わいました。

8月29日(金)がん征圧月間
last up date 2014年09月03日

9月は、がんの予防について意識を高めてもらい、早期発見、早期治療に繋げようという、がん征圧月間です。29日には、関係者が、がん征圧月間を前に、日吉津村で街頭広報を行い、買い物客に検診の受診を呼びかけました。

広島市北部で発生した土砂災害を受けて、鳥取県や市町村の関係者が合同で会議を開き意見を交わしました。

8月27日(水)日本海の津波想定
last up date 2014年08月29日

国は日本海で大規模地震が起きた時の津波被害について検討会を開いて調査をしており、先日、結果を公表しました。

8月26日(火)新甘泉の初出荷
last up date 2014年08月29日

大山町で26日から鳥取県オリジナル品種の赤梨「新甘泉」の出荷が始まりました。

今月20日に広島県で発生した土砂災害現場での支援活動のため米子市の陸上自衛隊が25日、現地へむけて出発しました。

中海に関心を持ってもらおうという取り組み、「中海体験クルージング」と「中海環境フェア」が米子港周辺で開かれ、大勢の市民が参加しました。

地域防災の担い手を育成しようと県内で初めて米子市消防団少年消防クラブの結団式が行われました。

鳥取県は広島市で起きた大規模な土砂災害を受けて、地質調査に関わる費用を9月補正予算に計上して、県内の危険箇所を改めて確認することを明らかにしました。

21日に米子市議会の委員会が開かれ、米子市泉の大山観光道路沿いの土地で東京都の企業が来年から太陽光発電を始めることが報告されました。

8月20日(水)鳥取力創造トーク
last up date 2014年08月25日

大山町で20日、県西部のまちづくり団体などが集まり、意見交換や交流を行いました。

境港市の中村勝治市長が貿易の物流ルートなどを視察するため、北朝鮮北東部のラソン経済特区を訪問する予定であることが明らかになりました。

米子市の野坂市長は18日に定例記者会見を開き、高齢化が進む消防団を活性化するためのプロジェクトなどについて説明しました。

8月17日(日)よなご未来カフェ
last up date 2014年08月21日

新しい米子市総合計画の策定にむけ、17日、「よなご未来カフェ」と名付けたワークショップが初めて開かれ参加した市民が意見を出し合いました。

お盆をふるさとなどで過ごした人たちのUターンラッシュが16日、ピークを迎えました。

8月15日(金)夏の成人式
last up date 2014年08月21日

鳥取県西部の3つの自治体で15日、夏の成人式が行われ、新成人が気持ちを新たに大人への一歩を踏み出しました。

米子市河岡を流れる野本川で14日、地元の人が参加してレガッタ大会が開かれました。

8月13日(水)お盆の入り
last up date 2014年08月18日

お盆の入りの13日、県内各地の墓地では朝からお墓参りをする人の姿がみられました。

JR米子駅で12日、米子市長らがお盆にあわせて帰省した人に「ふるさと納税」をPRしました。

10日に西日本を縦断した台風11号ですが、県西部でも交通機関が運休したり道路が通行止めになるなどの影響がでました。特産の梨がまもなく出荷の最盛期を迎えるということで心配されましたが、今のところ大きな被害は報告されていないようです。

8月10日(日)台風11号の影響
last up date 2014年08月13日

強い台風11号は、10日の午前中、最も鳥取県に接近しました。この台風の影響で県西部各地に影響がでました。

鳥取県の平井知事は薬物濫用防止条例の改正案を9月議会にも提出して、危険ドラッグの対策を強化する考えを明らかにしました。

スカイマークの西久保社長は6日に、鳥取県の担当者と面談し「スカイマーク社の米子空港事務所は撤退する考えはない」という考えを明らかにしました。

スカイマークは、成田空港を拠点とした国際線の参入を見直すことになりこれに伴い、米子-成田便など不採算路線の撤退を検討していることが分かりました。

鳥取大学医学部附属病院に山陰地区で初めてとなるハイブリッド手術室が完成し、より安全に内科の治療と外科の手術が同時にできるようになりました。

山陰両県にまたがる汽水湖「中海」は今年10月末を期限に鳥獣保護区に指定されていますが10年間延長される方針が決まりました。

8月3日(日)甲川渓流祭り
last up date 2014年08月11日

大山町の甲川(きのえがわ)で3日、恒例の渓流まつりが開かれ大勢の家族連れで賑わいました。

8月2日(土)がいな祭 はじまる
last up date 2014年08月11日

米子の夏を彩る「がいな祭」が2日から始まり、会場は熱気に包まれました。

明治大学のボート部が今月下旬の大学選手権を前に米子市で強化合宿を始めました。

7月31日(木)宇田川の治水計画
last up date 2014年08月05日

米子市淀江町を流れる宇田川流域の浸水被害を改善しようと地域住民や各分野の専門家、それに行政が集まり様々な視点から意見交換を行う「宇田川流域治水計画策定協議会」の現地見学が開かれました。

7月30日(水)魚の絵コンテスト
last up date 2014年08月05日

「魚の絵コンテスト」で受賞した過去18回分の絵の作品展が境港市の海とくらしの史料館で開かれています。

広島・長崎の被ばく体験を風化させず核のない平和な社会の実現を訴える反核平和の火リレーが今月28日から鳥取県内で行われています。

69年前の7月28日に起きた大山口列車空襲の犠牲者を追悼する慰霊祭が行われました。

7月27日(日)境港市のみなと祭
last up date 2014年07月28日

日本海有数の漁業の街「境港市」で恒例のみなと祭が開かれ、大勢の人で賑わいました。

7月26日(土)風船バレーボール
last up date 2014年07月28日

スポーツを通じて障がい者やボランティアなどが交流を深めようと米子市で風船を使ったバレーボール大会が行われました。

7月25日(金)日野川が渇水傾向
last up date 2014年07月28日

今月に入ってから雨が降る日が少なく日野川は渇水傾向にあります。これを受けて、25日、日野川の水を利用する人たちが集まり今後の対応を話し合いました。

7月24日(木)熱中症に注意
last up date 2014年07月28日

連日暑い日が続き、県内でも救急車で搬送される人が出ています。この季節に気になる熱中症の対策について取材しました。

島根原子力発電所の安全対策などを話し合うプロジェクト会議が23日に開かれ今年度の原子力防災訓練を10月18日に開くことを明らかにしました。

米子医療センターの新しい病院が22日にオープンし、記念式典が行われました。

7月21日の海の日に合わせて米子市加茂校区の住民が三柳海岸などの清掃をしました。

梅雨があけた県西部では恒例の夏の風物詩「全日本トライアスロン皆生大会」が開かれ、選手たちが熱戦を繰り広げました。

先日、入場者が700万人をこえた南部町のとっとり花回廊では19日からサマーフェスタが始まり、夏休みや連休を利用して家族連れが多く訪れています。

大山町にあるひまわり畑でひまわりの花が咲き、見る人の目を楽しませています。

7月17日(木)日南トマト 初出荷
last up date 2014年07月25日

寒暖の差の大きい日南町では、県内最大のトマトの産地です。 17日には、トマトの出発式が行われ生産者らが初出荷を祝いました。

南部町にあるとっとり花回廊は、16日、入園者が700万人に達成し、記念のセレモニーが行われました。

今月13日に県内に交通死亡事故多発警報が発令されたことを受けて米子警察署で14日、対策を検討する緊急会合が開かれました。

改選後はじめての米子市議会が14日開会し、新しい議長に渡辺 穣爾さんが選ばれました。

13日の未明、米子市陰田町の国道9号で自転車に乗って道路を横断していた女性が、トラックにはねられ、意識不明の重体となっています。鳥取県内では、今月に入り、重大事故が相次いだことから、13日に、今年初めての交通死亡事故多発警報が発令されました。

米子鬼太郎空港と香港を結ぶチャータ便が12日から就航し、平井知事らが第1便で来日した観光客を出迎えました。

来月2日と3日に開かれる米子がいな祭を前に関係者らが11日、まつりの成功と安全を祈願しました。

鳥取大学医学部附属病院の敷地に、患者搬送用のヘリポートが完成し記念の式典が行われました。

大山町の町有地に太陽光発電事業者が進出することになり、9日、協定が交わされました。

境港に8日、マグロが水揚げされました。これで、今年の水揚げ累計は1366トンとなり去年を上回りました。

アフリカ西部に位置するコートジボワール共和国の行政関係者が公共サービスのあり方を学ぼうと南部町へ研修に訪れました。

7月6日(日)合同水難救助訓練
last up date 2014年07月11日

本格的な海水浴シーズンを前に、水難事故に備えようと、関係機関が合同で皆生海岸で救助訓練を行いました。

今月20日に開催される第34回全日本トライアスロン皆生大会を前に、マラソンコースの沿道に、看板が設置されました。

境港市にある金融機関の職員が、80歳代の男性が振り込め詐欺に巻き込まれるのを防いだとして4日、境港警察署から感謝状が贈られました。

7月3日(木)子どもの夏風邪に注
last up date 2014年07月11日

鳥取県内で、代表的な夏風邪である「ヘルパンギーナ」が猛威をふるっています。県西部ではどうなのでしょうか状況や予防法などについて取材しました。

今月1日から4年間の任期で活動する米子市議会議員の会派構成が決まりました。

7月1日(月)節電要請はじまる
last up date 2014年07月09日

夏の暑い時期にあわせて政府は沖縄県を除く全国で節電要請を始めました。

6月30日(月)公務員のボーナス
last up date 2014年07月09日

公務員の夏のボーナスである期末・勤勉手当が6月30日に支給されました。

今年で4回目となる「中海オープンウォータースイム」が29日に開かれ、県内外からおよそ180人が参加し、中海を泳ぎました。

6月28日(土)クロマツの手入れ
last up date 2014年07月09日

淀江中学校の前庭の土手に開校当時から植えられているクロマツを守ろうと28日、地域の住民らが剪定作業を行いました。

日南町産の米や鳥取県内の食材を使った料理店が大阪市内にオープンしました。26日に、関係者を集めてレセプションが行われました。農家の「6次産業化」の新たな取り組みとして注目を集めています。

6月26日(木)新人議員の研修会
last up date 2014年07月02日

米子市議会の定例会が来月14日から開かれるのを前に、新しく議員活動を始める人たちが議会の流れについて説明を受けました。

マグロの水揚げ日本一を誇る境港で25日、今年18回目のマグロが水揚げされ水揚げ量が1,000トンを超えました。

6月24日(火)日南町議会 開会
last up date 2014年07月02日

日南町の6月議会が24日開会し議員が5月に新たに就任した教育長に対して教育理念などを質しました。

米子市議会議員選挙は、6月22日に投開票され、26人の新しい議員の顔ぶれが決まりました。

米子医療センターは来月から新しい病院での診療が始まります。それを記念して、22日新病院完成式典と内覧会が開かれました。

とっとり花回廊で国内外のユリが観賞できるゆりまつりが21日から始まりました。

中国電力は島根原子力発電所から30キロ圏内にある境港市と米子市で、安全対策などについての住民説明会をすることになり、19日の夜、1回目の説明会が開かれました。

鳥取県は全国でもトップクラスのらっきょうの産地です。らっきょうといえば、鳥取市の砂丘らっきょうを思い出す方が多いかもしれませんが、実は日吉津村もらっきょうの産地です。そして今、らっきょうの出荷がピークを迎えています。

創業350年の大手の酢メーカー マルカン酢が日南町の米と水を使った高級な酢を完成させました。

米子市の野坂市長は17日、定例記者会見を開き、災害が発生した際に情報を集約するモニターや携帯用無線機を新たに整備して、関係機関との連携や情報の共有を強化することを明らかにしました。

6月16日(月)伯耆町議会 開会
last up date 2014年06月19日

伯耆町の6月定例議会が16日に開会し、今年度一般会計補正予算案など14議案を提案しました。

任期満了に伴う米子市議会議員選挙が15日に告示され定数より3人多い29人が立候補を届け出ました。

安倍晋三首相が14日、境港市にある夢みなとタワーを訪れて平井知事から拉致問題や港湾の整備について説明を受けました。

大山遭難防止協会は13日、通行が危険な大山の縦走路を立ち入り禁止にすることを決めました。

明治から昭和にかけて日南町の山上地区で教育者として活躍した「内藤岩雄」さん生誕140年を記念したその偉業を紹介する展覧会が日南町美術館で開かれています。

6月11日(水)鳥取県議会 開会
last up date 2014年06月13日

鳥取県の6月議会が11日に開会し、経済・雇用対策などを盛り込んだ一般会計補正予算案などあわせて12議案が提案されました。

低迷を続ける米子ソウル便の利用拡大を目指して関係者らが委員会を開き、米子ソウル便を利用する際の様々な支援制度をPRすることなどを決めました。

6月9日(月)消防技術大会
last up date 2014年06月13日

鳥取県西部消防局で9日から消防救助技術大会が始まり参加した隊員たちが日頃の訓練の成果を競い合っています。

6月8日(日)中海一斉清掃
last up date 2014年06月13日

中海と宍道湖の一斉清掃が8日に行われ、およそ7、500人が環境保全活動に取り組みました。

6月7日(土)ナデシコの花 見頃
last up date 2014年06月13日

伯耆町日光地区の畑でナデシコの花が満開となり見ごろを迎えています。

境港市で6日、大量の重油を保管する危険物施設で火災が発せしたという想定で訓練が行われ、関係者が万一の事態に備えました。

先月の日本と北朝鮮による政府間協議でいわゆる拉致問題の再調査が始まることになりました。鳥取県内では、政府認定拉致被害者の松本京子さんをはじめ拉致の可能性がある人があわせて5人います。北朝鮮の調査の再開を前に鳥取県や米子市などの、関係機関が5日に集まり拉致被害者の帰国に備えての支援体制を確認しました。

6月は環境月間です。それに合わせ今月5日まで県西部では、県や市町村の担当者らがゴミの不法投棄のパトロールを行い監視を強化しています。

6月3日(火)6月の黄砂に注意
last up date 2014年06月05日

6月に入り、このところ、大陸からの黄砂の飛来が多く車や外に干している洗濯物などに付着することがあります。黄砂はこれまで春に多く飛んできて6月はほとんど見られませんでした。黄砂の今後の美投資や注意する点などについて、鳥取大学医学部の大西一成さんに伺いました。

全国で有数の生マグロの水揚げ量を誇る境港で2日、クロマグロが今年初めて水揚げされました。

6月1日(日)アユ漁解禁
last up date 2014年06月05日

鳥取県内の河川で1日、アユ漁が解禁となりました。このうち、県西部を流れる日野川ではこの日を待ちわびた太公望たちが青空のもと初釣りを楽しみました。

米子出身の彫刻家、戸田海笛の作品「喜怒哀楽の図」を里帰りさせようと活動している市民団体があります。団体は、彫刻を所蔵する茨城県結城市から作品を譲り受ける方向で話し合いが進んでいることから、31日、報告会を開きました。

政府は、北朝鮮が、拉致被害者と拉致の疑いが排除されない行方不明者を含めたすべての日本人の包括的な全面調査を行うことを政府間協議で合意したことを29日に発表しました。これを受けて、米子市の拉致被害者松本京子さんの兄 松本孟(はじめ)さんが取材に応じました。

南部町で29日、町営の大規模太陽光発電施設の竣工式が行われ、関係者にお披露目されました。

中海の環境を考え、田植えをする時に出る濁った水が流出するのを防ごうと米子市成実地区の農家が「浅水代掻き」という方法で取り組んでいます。

大山町の茶畑で新茶の刈り取りが始まっています。

古事記にまつわる場所が多い南部町ですが、清水川にある清水井は命を落とした大国主神(おおくにぬしのみこと)がその水を使ったことで蘇ったという伝説が伝わっています。この伝説の井戸水を使った古代米を作ろうと、25日、地元の人やボランティアらが田植えをしました。

5月25日(日)鳥取県水防訓練
last up date 2014年05月29日

米子市は大雨を想定した避難訓練を五千石地区で行いました。

大山寺の祈願法要「御幸」が3年ぶりに行われ、僧兵や奉行などの古式豊かな衣装に身をまとった参加者が参道を練り歩きました。

5月23日(金)交通安全で表彰
last up date 2014年05月26日

交通安全活動に熱心に取り組んでいる人や団体に贈られる交通安全功労者の表彰式が23日、米子市内で開かれました。

5月22日(木)遭難救助で感謝状
last up date 2014年05月26日

今月5日に大山の縦走路で男性4人が身動きがとれなくなるという遭難がありましたが、その時の救助に貢献した3人に警察から感謝状が贈られました。

鳥取県の平井伸治知事は21日に定例会見を開き現在ある中国地方知事会議の中に防災や観光など8つ分野を設定し、広域的に連携して取り組むことになると明らかにしました。

来月の大山の夏山開きを前に20日、登山者の安全のために関係者が登山道の点検と整備を行いました。

皆生温泉のオリジナルの日本酒「海に降る雪 上代」をご存知でしょうか?その原料となる酒米の田植えが19日、伯耆町で行われました。

米子市の浜河崎地区では青空のもと、地域の人たちが参加する毎年恒例の運動会が開かれました。

JAグループ鳥取は17日、県内7カ所で街頭宣伝をして、地域の農業を守るために適切な情報開示と粘り強いTPP交渉を訴えました。

伯耆町宮原の国道で今月11日に発生した交通死亡事故を受けて16日、事故の再発防止につなげようと関係機関が現場で検討会を開きました。

5月15日(木)事故防止で検問
last up date 2014年05月20日

今年に入って立て続けに発生している国道181号の交通事故を受けて米子警察署と黒坂警察署が14日、合同で検問を行いドライバーに交通事故防止を呼びかけました。

5月14日(水)島根原発地質調査
last up date 2014年05月20日

中国電力は、島根原子力発電所の新基準への適合性確認審査のため、14日から鳥取県西部沖で断層の調査を始めました。

5月13日(火)水墨画展
last up date 2014年05月20日

丸京庵市民ギャラリーで14日からにじみやぼかしを活かした水彩画の作品展が開かれています。

5月12日(月)鳥大看護の日
last up date 2014年05月19日

ナイチンゲールの誕生日にちなんで5月12日は「看護の日」とされています。鳥取大学医学部附属病院ではこの日、看護を身近に感じてもらおうと病院のロビーでイベントが開かれました。

5月11日の母の日にあわせて乳がんを経験した人たちが全国一斉に乳がんの早期発見と早期治療を呼びかけました。

5月10日(土)漁村市
last up date 2014年05月12日

境港市にある沿岸漁業の基地中野港で10日、漁師自らが獲れたての魚を販売する漁村市が開かれ、朝からおよそ2000人が訪れました。

米子の夏を彩る「米子がいな祭」の企画実行本部事務所開きが9日に行われ8月の本番に向け準備が本格的に始まりました。

日南町は、議会のときに活用してもらおうと今年度から町議会議員にタブレット端末を貸し出しています。そのタブレットを使っての初めての議会が8日に開かれました。

5月7日(水)伯州綿の種まき
last up date 2014年05月12日

境港市中野町で7日、特産の弓浜絣の原料となる伯州綿の種まきが始まりました。

5月6日(火)境港でペーロン大会
last up date 2014年05月12日

境港市の中浜港で手漕ぎ船のペーロンの大会が開かれ、参加者が青空の下で爽やかな汗を流しました。

5月5日(月)乳しぼり体験
last up date 2014年05月12日

大山まきば・みるくの里で約4年ぶりに搾乳体験が再開され、5日は多くの家族連れなどで賑わいました。

5月4日(日)バイクカーニバル
last up date 2014年05月12日

7月20日行われる全日本トライアスロン皆生大会を前に、実際の自転車のコースを走る「バイクカーニバル」が4日開かれ大勢の選手たちが親睦を深めながら145キロを走りきりました。

5月3日(土)住雲寺のフジ満開
last up date 2014年05月12日

大山町の住雲寺で、3日から、恒例の「藤まつり」が始まり訪れた人が、可憐な花を楽しみました。

7月20日に開催される全日本トライアスロン皆生大会を前に2日、広島県のトライアスリートが米子市に合宿がに訪れ、汗を流しました。

任期満了にともなう米子市議会議員選挙の立候補予定者説明会が1日に開かれ、30陣営が出席しました。

鳥取大学医学部附属病院が病院患者だけでなく広く一般の人にも利用してもらう外来のラウンジを整備し、30日オープンしました。

春の味覚たけのこを楽しむイベントが大山町にある金龍山退休寺で29日に開かれ、参加した人たちが寺周辺の竹林で大小さまざまなたけのこを掘り出しました。

ゴールデンウィーク期間中の海難事故や人身事故の防止に努めようと28日、境海上保安部の職員が船内の安全点検や旅行客に対してマリンレジャーの事故防止を呼びかけました。

環境省のレッドリストに記載されている珍しい渡り鳥 ヘラサギが27日、米子水鳥公園に飛来しました。

今月中旬の霜の害、霜害(そうがい)により、柿などの農産物に被害が発生したことを受けて、25日、平井県知事が南部町を視察しました。

国際定期貨客船DBSクルーズフェリーで輸入される韓国産のキムチが県西部のスーパーマーケットで販売されることになり、25日、販路拡大を記念して、境港市で式典が開かれました。

JR米子駅の南北を結ぶ自由通路などの整備を話しあう会合が24日に開かれ、平成30年度の工事着手を目指すことを確認しました。

鳥取県西部広域行政管理組合と県西部を直轄する4つの警察署との間で23日、暴力団を排除するための合意書が締結されました。

日本のトライアスロン発祥の地、皆生温泉で、今年の大会の事務所開きが行われ、大会に向けての準備が本格的にはじまりました。

4月21日(月)手作りベンチ寄贈
last up date 2014年04月25日

米子高専の学生が21日、授業の一環で製作したベンチをとっとり花回廊に寄贈しました。

これまで県が運営していた境港市にある水産物の直売所が民営化して新たにスタートを切ることとなり、20日、リニューアルオープンのセレモニーが開かれました。

日本を代表する総合美術展である「日展」が19日、米子市で17年ぶりに開幕しました。

南部町にあるとっとり花回廊がオープンして今年4月で15周年を迎えました。そして、18日にセレモニーを開いて来場者とともに祝いました。

米子市は17日、市街地の渋滞緩和のために安来市と中海上の橋で結ぶ橋の事業費などについて検討した結果を報告し、今後、鳥取島根両県に現在休止中の建設連絡委員会を再開するよう呼び掛けていくことになりました。

県西部でははじめてとなる24時間利用可能な電気自動車のカーシェアリング事業がはじまり、米子市で16日、開始式が行われました。

4月15日(火)米子市長定例会見
last up date 2014年04月16日

米子市の野坂市長は15日に定例会見で昨年度のふるさと納税の実績が前の年に比べ3倍に増加したことなどを発表しました。

鳥取県内では1年間に凡そ2、000人ががんで亡くなっています。鳥取県は14日、従業員のがんの早期発見と治療に積極的に取り組む企業に検診推進パートナーの認定証を交付しました。

日吉津村のチューリップマラソンが13日に開催され、参加者が赤や黄色のチューリップに囲まれたコースを走りました。

4月12日(土)南部町で一式飾り
last up date 2014年04月14日

南部町のさくら祭りにあわせて12日、伝統の一式飾りがお目見えしました。

4月11日(金)日南町の桜 満開
last up date 2014年04月14日

県西部各地の桜のほとんどは散り始めているようですが、日南町は満開ということです。

4月10日(木)大山グルメフェア
last up date 2014年04月14日

大山や中海を中心に広域の情報発信や活性化に取り組むNPO団体「大山王国」が、プロデュースしたグルメフェアが米子高島屋で開いています。

鳥取県で養殖されたヒラメの稚魚が美保湾で12年ぶりに放流されました。

伯耆町では増え続ける高齢者施設などの使用済み紙おむつを燃料にしています。そして、この燃料をエネルギーにするボイラーが完成し、8日から本格稼働しました。

全国春の交通安全運動にあわせて米子警察署と安来警察署が7日、合同で検問を行いドライバーに交通事故ゼロを呼びかけました。

春の全国交通安全運動が6日から始まり、境港市の台場公園で、警察署長らが啓発活動を行いました。

4月5日(土)体操選手の合同練習
last up date 2014年04月10日

体操クラブに所属する米子と京都の中高生が5日、合同で練習を行い、技術を磨きました。

4月4日(金)消防学校の入学式
last up date 2014年04月08日

米子市にある鳥取県消防学校で4日、入校式が行われ、新入職員が消防業務の基礎的な知識や技術を得るための教育訓練をスタートさせました。

4月3日(木)サクラ満開
last up date 2014年04月04日

3日は気温も高くなったことから全国各地で桜が見ごろとなりました。米子市にある湊山公園でも花が満開となり多くの花見客で賑わいました。

境港商工会議所の女性会が、観光の振興などに役立ててもらおうと、2日、観光協会に傘を贈りました。

米子空港と羽田など、3つの空港を結ぶ新しい路線が1日から就航し、記念式典が開かれました。

トライアスロンのジュニア選手を育成する春季ジュニア強化キャンプが米子市内で27日から4日間行われ、参加した子どもたちが意識を高め合いながら練習に励みました。

3月28日(金)源吉兆庵の内覧会
last up date 2014年04月02日

岡山市に本社のある和菓子製造会社の工場が米子市に完成し、28日 関係者に公開されました。

3月27日(木)鳥取地方の桜 開花
last up date 2014年04月02日

鳥取地方気象台は、27日 鳥取地方の桜が開花したと発表しました。

3月25日(火)境港にクジラ!
last up date 2014年04月02日

境港市の海岸で25日クジラが打ち上げられているのが見つかりましたがその後死亡しました。

西日本で初めてとなる最新型の救助工作車が配備され、24日、米子市の西部消防局で運用開始式が行われました。

3月21日(金)鳥取県の妖怪
last up date 2014年04月02日

鳥取県にちなんだ妖怪をまとめた冊子が完成し、21日に水木しげるロードで本の著者が県内のお化けについて解説しました。

また、伯耆町と日吉津村それに南部町の3月議会も20日、新年度当初予算案などの議案を採決して閉会しました。

耐震改修工事が続いていた米子市公会堂が完成しリニューアルオープンを前に19日に議員や報道機関に公開されました。

3月18日(火)環境大と連携
last up date 2014年03月20日

米子市で18日、鳥取環境大学の懇談会が開かれ学生が地域交流事業について報告しました。

3月17日(月)武尊選手を囲む会
last up date 2014年03月20日

立ち技格闘技「クラッシュ」の王者で、今月、初防衛戦を勝利で飾った米子市出身の格闘家、武尊選手を激励する会が16日、市内で開かれました。

3月14日(金)県議会 質問戦
last up date 2014年03月20日

鳥取県の2月議会は、14日、議員が手話通訳者の確保や山陰新幹線構想について知事を質しました。

米子市のお宅で飼っているイヌがちょっと変わった行動をしているということでちょっと拝見してきました。

来月4日から米子市の湊山公園で開催される米子桜まつりを前に12日、桜を彩るぼんぼりの取り付け作業が行われました。

11日で東日本大震災から丸3年が経過しました。米子市内では追悼イベントが行われ、参加した人たちが震災を風化させないことを心に誓いました。

3月10日(月)海外企業の商談会
last up date 2014年03月12日

海外の輸入業者に地元の商品をアピールしようと米子市で10日、食品の商談会が行われました。

今シーズンJ3で戦うガイナーレ鳥取のユニフォームスポンサーが決まり7日発表されました。

美容専門学校、米子ビューティーカレッジの卒業式が6日行われ、32人の学生が新たな門出を迎えました。

3月5日(水)中海の環境修復
last up date 2014年03月10日

米子市錦海町沖の中海で湖底の環境を修復するための「覆砂」事業が始まっています。

3月4日(火)手作りひな人形展
last up date 2014年03月10日

3月3日のひな祭りに合わせて伯耆町の岸本公民館で手づくりのひな人形の展示が始まっています。

3月3日(月)春ネギ出荷式
last up date 2014年03月10日

鳥取県西部特産の「白ネギ」のうち「春ネギ」の出荷式が3日、米子市で開かれました。

2月28日(金)米子市議会 開会
last up date 2014年03月10日

米子市の3月議会が28日に開会し、野坂康夫市長がおよそ593億円の来年度の一般会計当初予算案などを提案しました。

米子市の市民団体が淀江産業廃棄物最終処分場の建設に反対する公開質問状を米子市に提出しました。

2月26日(水)境港市長定例会見
last up date 2014年03月04日

境港市の中村市長は26日の定例会見で来年度の当初予算が152億円になることを明らかにしました。

2月25日(火)春の訪れ
last up date 2014年02月26日

25日の県西部は各地で3月下旬並みの気温となるなど暖かい一日でした。この陽気に誘われて米子市内の梅園で春の訪れを告げる梅の花が咲き始めています。

2月24日(月)県議会 代表質問
last up date 2014年02月26日

鳥取県議会の2月定例会は、24日から代表質問が始まりました。

鳥取県内の公立高校で21日、一般入学者選抜の願書受け付けが始まっています。

湖などの自然の中で泳ぐ競技大会中海オープンウォータースイム2014の実行委員会が発足し、今年は6月29日に開催することが決まりました。

境港市にある水木しげるロードをリニューアルするための検討委員会が19日に開かれ基本構想の策定に向けて意見を交わしました。

2月18日(火)米子市長 定例会見
last up date 2014年02月20日

米子市が18日、環境を考える街づくりを進めようと冊子を発行しました。

ハンドボール国内トップの首位攻防戦が15日に境港市で開かれ、熱戦が繰り広げられました。また、16日には選手らが地元の子どもたちを指導しました。

2月14日(金)管粥神事
last up date 2014年02月17日

大山町で14日、江戸時代から続く伝統の管粥神事が行われ、今年1年の作柄を占いました。

境漁港の衛生管理について学ぶ講演会が開かれ市場の関係者が整備への理解を深めました。

境港市の上道地区で、地域の人たちが「除雪隊」を編成することになり、11日、出陣式と訓練が行われました。

2月10日(月)米工生が出前授業
last up date 2014年02月17日

電気について関心を高めてもらおうと南部町立南部中学校で10日、高校生による出前授業が行われました。

2月7日(金)知事定例会見
last up date 2014年02月10日

鳥取県の平井知事は、7日、定例会見を開き新年度の当初予算案が3,380億円余りになることを明らかにしました。

米子市で6日、警察や自治体の担当者などが交通死亡事故現場で再発防止の検討会を開きました。

2月5日(水)両三柳交番が移転
last up date 2014年02月06日

老朽化に伴って建て替えられた米子市の両三柳交番の運用が始まっています。

2月4日(火)米子高専の卒業発表
last up date 2014年02月06日

米子高専機械工学科の学生が4日、卒業を前に、約1年間取り組んできた研究の成果を発表しました。

今月9日に投開票が行われる境港市議会議員選挙を前に3日から期日前投票が始まっています。

1月31日(金)高校生の租税教室
last up date 2014年02月04日

米子南高校で卒業を前にした3年生が税金の仕組みや役割について学びました。

鳥取大学と民間企業が共同で尿もれしにくい新たな紙おむつを開発しました。

1月29日(水)庄司家で防火訓練
last up date 2014年01月30日

1月26日は文化財防火デーです。これに合わせて境港市では、指定文化財で避難訓練を行い、防火意識を高めました。

1月28日(火)滝桜の植樹
last up date 2014年01月29日

境港市内の公園に28日、福島県にある日本三大桜のひとつ「滝桜」の子孫にあたる苗木が植樹されました。

境港市の中村勝治市長は水木しげるロードの20周年を機に全面リニューアルすることを発表し市役所内にプロジェクトチームを発足させました。

JR伯備線で作業員3人が特急列車にはねられ犠牲になった事故から24日で丸8年を迎え、関係者が花を手向けて安全への誓いを新たにしました。

7月12日から鳥取県内各地で開かれる「全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会」のボランティア募集が24日から始まります。

1月22日(水)実習用の車を寄贈
last up date 2014年01月27日

米子市にある鳥取県立産業人材センターで自動車整備学科に22日、最新装置を備えた軽自動車が贈られました。

米子市の野坂康夫市長は21日の定例会見で、電力需要のピークを抑える実験のため、庁舎に蓄電池を設置したことを発表しました。

来月2日告示の境港市議会議員選挙を前に20日からポスター掲示板の設置が始まりました。

JR米子駅前にあるショッピングセンターの元映画館に来月、多目的スペースがオープンすることになり17日から内覧会が始まっています。

米子市公会堂の前庭を、広く市民に利活用してもらおうと16日、関係者が集まり意見交換会を開きました。

昭和の懐かしい米子の町の風景を捉えた写真展が市内の郵便局で開かれています。

境港の高校生が14日凍るか凍らない温度域『氷温』について学ぼうと米子市内の研究所を訪れました。

米子市の皆生海岸で13日、新年恒例の寒中水泳大会が開かれ、参加者が真冬の海に挑みました。

国立がん研究センターは鳥取県内で行われている内視鏡検診について長年研究を行っており米子市で開いた報告会で、「内視鏡検診受診で胃がん死亡率減少効果を認めた」と発表しました。そこでこの内視鏡検診について県内ではどういった取り組みが進んでいるのか、また、この結果から見えてきた展望などについて取材しました。

1月9日(木)高校生のかるた大会
last up date 2014年01月10日

米子南高校で9日、新春恒例のかるた大会が開かれました。

南部町を走る路線バスの利用者増加を目指して地元の人らが8日、園児の描いた絵をバスに飾りつけしました。

1月7日(火)商工振興 祈願祭
last up date 2014年01月10日

米子市の商工振興祈願祭が、7日に行われ、地元企業の経営者らが商工業の発展を祈願しました。

1月6日(月)仕事はじめ
last up date 2014年01月10日

行政機関や多くの一般企業は6日に仕事始めとなり、平成26年の業務がスタートしました。

鳥取県総合芸術文化祭「とりアート」のダンスワークショップが4日、米子市内で開かれ参加した人たちが東京で活躍している現役ダンサーから指導を受けました。

米子市と日吉津村で3日成人式が開かれ、二十歳を迎えた人たちが大人としての気持ちを新たにしました。

12月27日(金)仕事納め
last up date 2013年12月28日

鳥取県西部のすべての市町村は27日に仕事納めをして1年を締めくくりました。

12月26日(木)美術作品の寄贈
last up date 2013年12月27日

米子市出身の芸術家の作品が26日、美術館へ寄贈されました。

年末年始の帰省客が増える時期を前に25日、境海上保安部が境港でフェリーの安全点検を行いました。

12月24日(火)米子市議会 閉会
last up date 2013年12月26日

米子市の12月議会は24日に最終日を迎え、今年度一般会計補正予算案など21議案を可決、同意して閉会しました。

米子市役所で23日、正月飾りの門松の設置作業が行われ、新年を迎える準備が整いました。

米子空港と神戸、成田、それに、茨城空港を結ぶスカイマーク社の空の便が20日に就航しました。

米子市の賀茂神社天満宮に戦後初めて大しめ縄が奉納されました。

日曜画家グループが東北の復興を支援するチャリティー展を開いています。

鳥取県と境港市それに米子市は、17日中国電力から事前報告を受けた島根原子力発電所2号機の新規制基準適合性確認申請について最終的な意見を留保すると回答しました。

格安航空会社スカイマークの就航に合わせて米子鬼太郎空港の改修工事が完了し、16日にお披露目されました。

境港市の高齢者福祉施設で13日、航空自衛隊美保基地の隊員と小学生がもちつきを通して利用者と交流を深めました。

現在、耐震診断が行われている境港市民会館ホールが大規模地震で倒壊する危険性が高いとして12日から使用停止となりました。

今年5月から調査が行われていた米子市の観音寺狼谷山遺跡(おおかみたにやま)の古墳から鳥取県西部で初めてとなる馬具(ばぐ)などが出土しました。

鳥取県内で一斉に10日から「年末の交通安全県民運動」が始まりました。

12月9日(月)伯耆町議会 開会
last up date 2013年12月10日

伯耆町の12月議会が9日に開会し、森安町長が今年度一般会計補正予算案など5議案を提案しました。

12月6日(金)南部町議会 開会
last up date 2013年12月09日

一方、南部町議会は6日に開会し、一般会計補正予算案など15議案が提案されました。

12月5日(木)県議会 質問戦
last up date 2013年12月06日

鳥取県議会は5日に一般質問を行い、議員が、スカイマーク就航や東京のアンテナショップなどについて知事を質しました。

中国電力が米子市内で4日島根原発2号機 新規制基準の安全対策に関して原発30キロ圏内の自治体関係者に説明しました。

日野郡内の鳥獣被害を防止しようと3日に対策協議会が設立されました。

12月2日(月)米子市議会開会
last up date 2013年12月03日

米子市の12月議会が2日に開会し、野坂市長が、およそ4億9510万円の今年度一般会計補正予算案など17議案を提案しました。

境港市役所で29日、緊急地震速報の配信訓練に合わせて職員が身を守る行動を確認しました。

妻木晩田遺跡の発掘調査についての委員会が27日に開かれました。

11月27日(水)強盗対応訓練
last up date 2013年11月28日

境港市の金融機関で27日、強盗対応の訓練が行われ、関係者が防犯意識を高めました。

11月26日(火)鳥取県議会開会
last up date 2013年11月27日

鳥取県の11月議会が26日に開会し、平井知事が、総額およそ26億6000万円あまりの今年度一般会計補正予算案など36議案を提案しました。

中国電力が25日、島根原発の再稼働について鳥取県や米子市、それに境港市に概要を説明しました。

本格的な雪のシーズンに備えて米子市内で22日、除雪作業車の出発式が行われました。

中国電力は、21日、島根原子力発電所の安全審査を申請するにあたり鳥取県内の30キロ圏内の自治体に対して事前報告を行いました。

島根県松江市で20日、中国地方5県の知事が集まり広域連携について意見を交わしました。

米子市の野坂市長は19日の定例会見で、今年度のふるさと納税が1億円を突破したことを報告しました。

日本塗装工業会のメンバーが18日、米子市内の施設で壁の塗り替えの奉仕活動を行いました。

高級淡水魚として知られるホンモロコの水揚げ作業が15日、大山町の養殖池で行われました。

米子市の中心市街地にあるやよいが14日にリニューアルオープンし大勢の買い物客で賑わいました。

南部町で移動販売をしている米子市の百貨店が交通安全アドバイザーとして買い物客に事故に巻き込まれないよう呼びかけることになりました。

11月12日(火)大山で初冠雪
last up date 2013年11月13日

中国地方の最高峰「大山」で12日、初冠雪が確認されました。

災害時の避難所で特設の公衆電話機が使用できるようにと県内で初めて米子市内の公民館に設置され11日から運用が始まりました。

旧ソ連に強制抑留させられシベリアで様々な労働を強いられた人たちが次世代に伝えようと辛い経験を話しました。

11月7日(木)松葉ガニの初競り
last up date 2013年11月11日

山陰を代表する冬の味覚「松葉ガニ」漁が解禁となり、7日に境港で初競りが行われました。

11月6日(水)富有柿の初出荷
last up date 2013年11月11日

南部町特産の富有柿の選果作業が6日から始まりました。

11月5日(火)島根原発 防災訓練
last up date 2013年11月06日

島根原発2号機の事故を想定した自治体などの初動対応訓練が5日、鳥取、島根両県で行われました。

知的障がいのある人が、4日米子市に集まり陸上競技会を開きました。

鳥取県の平井知事や野坂米子市長それに中村境港市長が1日、島根県の溝口知事に対して島根原子力発電所の再稼働など重要な判断の際には鳥取県側の意見を反映するように申し入れをしました。

鳥取・島根両県が合同で不法投棄を防ごうと31日、一斉検問を実施しました。

神戸税関境税関支署で30日、終戦後、旧満州から引き揚げた人が税関に預けた通帳が67年ぶりに持ち主の家族へと返還されました。

JR米子駅の南北一体化事業について29日、米子商工会議所の会頭らが米子市長に対して事業の推進を要望しました。

拉致問題の早期解決に向けて米子市内で28日、国民のつどいが開催されました。

10月25日(金)知事定例会見
last up date 2013年10月29日

鳥取県の平井知事は、25日に定例会見を開き島根原子力発電所の再稼働について来月1日に島根県知事に対して周辺地域の意見を聞くように申し入れすることを明らかにしました。

大山町の大山寺で24日、毎年恒例となっている「秋のご縁日」が行われました。

米子市は、市民を対象にまちづくりに関するアンケートを実施し、その結果をまとめました。

米子市で22日、1日限定の行政相談所が開かれました。

今月19日から3日間に渡って開催されたエコツーリズム国際大会は21日に大会宣言を採択し、閉会しました。

地元の秋の味覚を味わう山菜会が18日、南部町で開かれ訪れた人が、香茸や平茸などを、堪能しました。

米子鬼太郎空港に12月就航予定のスカイマーク社と鳥取県が16日、地元の公民館で運航スケジュールなどを説明しました。

米子高専で17日、県内企業が仕事内容などを紹介して学生に地元で働く魅力を伝えました。

冬の使者コハクチョウが15日、米子水鳥公園に初飛来しました。

様々な障がいのある人が水泳とランニングの2つの競技に挑戦する「全日本チャレンジドアクアスロン皆生大会」が14日に行われました。

日南町で11日、保育園と小学校それに中学校の一貫教育に取り組んでいる成果の報告会が開かれました。

米子市立図書館は10日、リニューアルオープンに伴い鳥取県立図書館をはじめ県の産業振興機構など4つの機関とビジネス支援サービスで連携する協定を結びました。

米子市で9日から宇宙科学技術連合講演会が始まりました。

10月8日(火)入れ歯の供養
last up date 2013年10月09日

10月8日はゴロ合わせから「入れ歯」の日です。米子市では8日、歯科関係者が参加して抜けた歯や入れ歯の供養を行いました。

10月7日(月)国際救助犬の訓練
last up date 2013年10月08日

米子市で7日、地震の被災地などで活躍する災害救助犬が地元の人に救助の技を披露しました。

先月の米子・ソウル便の搭乗率は57.7%で、2カ月連続で50%を上回りました。

コナラやミズナラなどの木が枯れる「ナラ枯れ」被害が広がっているのを受けて大山周辺の関係機関が連携して対策を講じることになりました。

境港市役所の玄関横に、市内の障害者福祉サービス事業所の製品を販売するお店がオープンしました。

10月1日(火)米子市長定例会見
last up date 2013年10月03日

米子市は、1日から30リットルサイズの可燃ごみ指定袋を販売することになり、さらなるごみ減量化に取り組むことになりました。

米子市中心市街地活性化協議会が30日に総会を開き、今年度事業計画を決めた他来年度から取り組む民間事業案などについて話し合いました。

9月27日(金)米子市議会 閉会
last up date 2013年10月01日

米子市の9月議会は一般会計補正予算案など議案を可決して閉会しました。

新しい管制塔の運用が始まっている航空自衛隊美保基地で26日、記念行事が開かれました。

境港市の中村市長は25日の定例会見で、建て替えをした第二中学校が完成したことを報告しました。

来月19日から開催されるエコツーリズム国際大会でツアーガイドを行う人材を育てようと米子市内で24日、おもてなし研修会が行われました。

米子市のキャラクターヨネギーズをデザインした弁当が完成し、24日から県西部のコンビニエンスストアで発売されることが決まりました。

9月20日(金)消防学校の卒業式
last up date 2013年09月30日

鳥取県消防学校で今年4月に採用された新人消防職員が5か月半に渡る訓練の集大成を公開して20日に卒業を迎えました。

今月28日から始まる映画を切り口にしたまちおこしイベント「第三次米子映画事変」について、19日、実行委員会のメンバーが今年の内容を明らかにしました。

9月18日(水)無審査の絵画展
last up date 2013年09月30日

無審査で誰でも参加できる作品展「アンデパンダン絵画展」が米子市内のギャラリーで開かれています。

次世代を担う子どもたちにサッカー選手などが夢を持つ大切さをつたえるこころのプロジェクト「夢の教室」の協定書の調印式が17日に南部町で行われました。

9月16日は「敬老の日」です。各地で様々なイベントが行われていますが、境港市では中村市長が今年度百歳を迎える高齢者の自宅を訪問して祝い状と記念品を贈りました。

9月13日(金)県議会代表質問
last up date 2013年09月30日

鳥取県議会は、13日から代表質問が始まり自民党の議員が県政課題について質問しました。

JR米子駅構内で12日、車いすの転落事故を想定した訓練が行われ、参加者が万一の事態に備えました。

東日本大震災の発生から2年半となった11日、大山町の小学校で児童が卒業生のシンガーソングライターと一緒に被災地へエールを送りました。

日吉津村のショッピングモールで10日、今月10日からの自殺予防週間に合わせて街頭キャンペーンが行われました。

9月9日(月)美容消毒法の講習会
last up date 2013年09月12日

鳥取県西部で美容業に携わる人たちが9日、米子市内で講習会に参加して消毒法について学びました。

今月1日に解禁された日本海の秋の味覚ベニズワイガニが6日、境港に初水揚げされました。

9月5日(木)米子市議会 開会
last up date 2013年09月06日

米子市の9月定例議会が5日に開会し、43億7,500万円にのぼる今年度一般会計補正予算案などを提案しました。

9月4日(水)県西部に大雨
last up date 2013年09月05日

4日も鳥取県西部は断続的に雨の降る一日となり土砂崩れなどの被害がありました。

南部町にある賀祥ダムの下流に水力発電所が完成し、3日、運転開始式が執り行われました。

南部町の遊休農地の解消に努めようと2日から、パトロールが始まり、参加者が遊休農地の管理や現状について把握しました。

来月5日に開会する米子市の9月議会で提案される補正予算案は、およそ43億円に上ることが分かりました。

来月1日のベニズワイガニ漁解禁を前に29日、境港市の境水道でかにかご漁船の検査が行われました。

大山町の梨選果場で28日から鳥取県オリジナル品種の赤梨「新甘泉」の選果作業が始まりました。

8月27日(火)豪雨を検証
last up date 2013年08月28日

7月から8月にかけて集中豪雨が相次いでおり鳥取県と県西部の町長らが災害時の今後の連絡体制や住民避難の方法などについて意見を交わしました。

日野町に住む高校生に26日、行方不明の高齢者を保護したとして感謝状が贈られました。

今年5月、日南町役場内で町の清掃センターから預かった現金21万1,175円が無くなったとして23日、増原町長らが謝罪しました。

8月22日(木)平井知事定例会見
last up date 2013年08月23日

鳥取県の平井知事は22日に定例会見を開き、9月議会に提案する補正予算案が100億円規模になる見通しを示しました。

今年10月に鳥取県西部で開催されるエコツーリズム国際大会を前に「大山ワンダーエコツーカレッジ」と題した講演会が開かれ、参加者が地域の歴史や背景などについて理解を深めました。

8月20日(火)エンジョイ科学館
last up date 2013年08月21日

米子高専で20日、中学生を対象にした科学教室が開かれました。

8月19日(月)地域医療を体験
last up date 2013年08月20日

鳥取県内の医療機関で19日、地域医療セミナーが開かれ、医師や看護師を目指す学生が医療現場を体験しました。

米子市の中学生が柔道の全国大会出場を前に16日、教育長を表敬訪問しました。

8月15日(木) 夏の成人式
last up date 2013年08月17日

お盆の帰省にあわせて鳥取県西部の3町で15日、夏の成人式が行なわれおよそ200人が大人の仲間入りをしました。

米子市河岡を流れる野本川で14日、レガッタの大会が開かれ参加した人たちが爽やかな汗を流しました。

西部消防局は、今年1月から6月までの上半期に県西部で発生した火災などの災害状況をまとめました。

米子市の野坂市長が12日、帰省客らにふるさと納税をPRして米子市への寄付を呼びかけました。

境港市で9日、マアジとクロマグロの調査報告会が開かれました。

さかいみなと漁港・市場活性化協議会は、8日に会議を開き今後の漁港と市場整備について考えました。

米子市出身の女性がカヌー競技の世界選手権に出場するのをまえに7日、壮行会が開かれました。

境港市の中学生が7日から東日本大震災の現地研修に行くのを前に6日、境港市役所に出発のあいさつに訪れました。

境港市出身のプロビーチバレー選手が5日、境港市役所を訪れ、市長に現在の活動や今後の目標などを報告しました。

陸上自衛隊米子駐屯地で2日、第8普通科連隊長兼米子駐屯地司令の着任式が行われました。

米子市で1日、来年の春卒業を予定している高校生を対象にした就職説明会が開かれました。

米子市富益町の神社で31日、本殿修理のためにご神体を遷す仮殿遷座祭が執り行われました。

広島・長崎の被ばく体験を風化させず核のない平和な社会をつくろうと反核平和の火リレーが鳥取県内で行われています。

7月29日(月)苗木をプレゼント
last up date 2013年07月30日

日南町の保育園で29日鳥取銀行の「とっとりグリーンウェイブ」を応援する活動のひとつリレー植樹が行われ園児らに苗木をプレゼントしました。

8月の終戦の日を前に多くの人に平和について考えてもらおうと米子市内で戦争に関する写真や作品などの展示会が開かれています。

警察の仕事を体験する就職説明会が25日米子警察署で開かれました。

境港市出身で世界的な写真家である植田正治さんの生誕100年を記念して作られたオリジナルフレーム切手セットが完成し、24日、贈呈式が行われました。

米子市議会は23日、臨時議会を開き、あやまって建築許可した土地代などの損害賠償およそ1442万円を支払う和解案を可決しました。

7月22日(月)美容技術の競技会
last up date 2013年07月23日

米子市で22日美容技術を競う大会が開かれ、出場した選手らが日ごろの研さんの成果を発揮しました。

7月19日(金)全国ナシ研究大会
last up date 2013年07月22日

大山町のナシ園に19日、日本全国からナシ農家が訪れ、農園の管理方法などを視察しました。

7月18日(木)市営住宅の答申書
last up date 2013年07月19日

米子市の「新市建設計画」の見直しに伴い、廃止が検討されている市営大垣住宅に関して諮問を受けた淀江地域審議会が18日、米子市長へ建て替えを要望する答申書を提出しました。

7月17日(水)日南トマト初出荷
last up date 2013年07月18日

日南町で17日、特産のトマトが初出荷されました。

米子市の市立図書館と美術館が、来月17日にリニューアルオープンすることになり、現在の様子が報道関係者に公開されました。

子どもたちと赤ちゃんが関わることで、人間関係やコミュニケーションについて学ぶ講座が、15日米子市で開かれ、小中学生や高校生が命の大切さについて考えました。

米子市の福生東地区で、12日津波を想定した避難訓練が行われ、住民が万一の事態に備えました。

今月27日、28日に開かれる第40回米子がいな祭を前に祭の関係者が成功と安全を祈願しました。

伯耆町と南部町の教育委員会が10日、協定を結び不登校の児童生徒が通う教育支援センターにおいて互いに連携を図り子ども達の学校への復帰を支援していくことになりました。

鳥取県の日野川流域にある自治体や企業などでつくる水利用協議会は9日、これまで「一時的解除」にとどめていた日野川の取水制限を9日から正式に解除することを決めました。

7月8日(月)中国地方梅雨明け
last up date 2013年07月09日

広島地方気象台は、8日中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

福岡県吉富町(よしとみまち)の議員が5日、日南町を訪れ石見東太陽光発電所など中山間地域の現状を視察しました。

今月13日に開幕する「夏の全国高等学校野球選手権記念鳥取大会」の組み合わせ抽選会が4日、米子市で行われ、対戦相手が決まりました。

7月3日(水)商店街で被害
last up date 2013年07月09日

米子市内の商店街で足元を照らす設備や育てている木が折られるなど被害が相次いでいます。どんな状況なのか取材しました。

サッカーJ2のガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取が道路運送法違反の疑いで警察の取り調べを受け書類送検された事に対し、2日に塚野社長が記者会見を開いて謝罪しました。

新型インフルエンザやサーズなど、感染症に対応する専門施設が、1日、鳥取大学医学部附属病院に開所しました。

境港が国交省の認定する住民参画型のみなとづくり「みなとオアシス」に認定され28日、登録証が交付されました。

6月27日(木)県議会閉会
last up date 2013年06月30日

鳥取県の6月議会は27日に最終日を迎え、およそ93億円の今年度一般会計補正予算案などを可決して閉会しました。

長年にわたり地域の環境美化に功績のあった個人や団体を表彰する環境省の地域環境美化功労者表彰を日吉津村の女性団体が受賞しました。

米子市の崎津団地に建設中の国内有数の大規模太陽光発電施設について、建設している会社が今年10月から試運転をそして来年2月からは本格的な商業運転を始めることを明らかにしました。

南部町で24日、高齢者の居場所を作ろうと住民自治組織が運営するコミュニティホームがオープンしました。

JR米子駅から広島市内を結び高速バスのルートが来月20日から変更になることが明らかになり沿線の町では、困惑しています。

夏の参議院選挙を前に、立候補者を紹介するポスター掲示板の設置が20日から始まりました。

6月19日(水)アジサイ咲く
last up date 2013年06月27日

米子市尾高にある大神山神社でアジサイの花が見ごろを迎えています。

18日の鳥取県西部は午後から雨が降るお天気となりました。梅雨に入ってから雨が降らず日野川上流にある菅沢ダムの貯水率低下が懸念されていますが、18日の夜から19日にかけてはまとまった雨が予想されています。今後の見通しと水不足への影響について取材しました。

6月17日(月)県議会質問戦
last up date 2013年06月27日

鳥取県の6月議会は17日も一般質問が続き山陰道や米子道、それに中海架橋など交通網の整備について知事を質しました。

年金支給日の14日、米子警察署の警察官らがATM利用者に詐欺被害に遭わないよう呼びかけました。

6月13日(木)中海の水質は
last up date 2013年06月14日

今月23日に開かれる中海を泳ぐイベント、中海オープンウォータースイムを前に水質調査を行った結果、環境省の水浴場水質判定基準は「可」で、水浴場としての基準を満たしていることが分かりました。

6月12日(水)合同潜水訓練
last up date 2013年06月13日

境港市で12日、関係機関が合同で潜水訓練を行い、海難事故に備えました。

日野川流域の水利用協議会は11日、これまでの一律5%の取水制限を依然としてまとまった雨が降らないことから農業用水については12日から20%に引き上げることを決めました。

西部消防局で10日から始まった技術大会で消防署員が日頃の消防救助の訓練の成果を競いました。

6月3日 人権擁護委員の日をPR
last up date 2013年06月07日

毎年6月1日は、「人権擁護委員の日」です。この日にあわせて県内各地では、人権擁護委員による啓発活動が行われたり相談所が設けられました。

5月29日 米子市議が原発視察
last up date 2013年06月21日

米子市の市議会議員が28日、島根原子力発電所を訪れ、福島第一原発事故を受けて実施された安全対策などについて視察しました。

5月28日 境港市と米子高専が協定
last up date 2013年06月21日

境港市と米子高専が、産業や教育の振興など様々な分野について相互協力を進めようと、28日、包括連携協力の協定を締結しました。

「全国植樹祭」に出席された天皇皇后両陛下は、27日には大山町などを訪問され帰られました。

米子市内を流れる加茂川の水質浄化や沿岸の環境美化に取り組んでいる「加茂川を美しくする運動連絡協議会」が24日、総会を開き、恒例となっている一斉清掃の日程を決めました。

5月23日 全国植樹祭の準備進む
last up date 2013年05月23日

今月26日に開催される全国植樹祭まであと少しとなりました。メイン会場となる南部町のとっとり花回廊では着々と準備が進んでいます

今月27日から島根県のドクターヘリが鳥取県の西部と中部に運航されるのを前に22日、日南町で搬送訓練が行なわれ連携などを確認しました。

5月21日 白ネギ改良協会が総会
last up date 2013年05月22日

県西部地域特産の白ねぎ栽培について話し合う「白ねぎ改良協会」の総会が21日に開かれ、今年度は、およそ23億円の販売金額を目指すことが決まりました。

5月20日 皆生海岸水質調査
last up date 2013年05月22日

海水浴シーズンを前に20日、米子市の皆生温泉海水浴場で水質調査が行われました。

5月17日 粘土細工の作品展
last up date 2013年05月22日

樹脂粘土でつくった作品を集めた展示会が17日から米子市内で開かれています。

5月16日 伯耆町に移動キッチン車
last up date 2013年05月22日

伯耆町で16日、町内の各集落を移動できる移動キッチン車が営業を始めました。

5月15日 エコツーカレッジ開講
last up date 2013年05月22日

今年10月に、鳥取県で「エコツーリズム国際大会」が開かれるのを前に地域の人に理解してもらおうと「エコツーカレッジ」が15日から開講しました。

今月26日に開催される全国植樹祭を前に式典で排出される二酸化炭素を鳥取県内で認証取得した制度でゼロにしようと14日、関係者が集まり売買契約書の調印式が行われました

5月13日 大山夏山登山道の整備
last up date 2013年05月15日

来月の大山夏山開きを前に関係者が登山道を点検して危険個所を整備しました。

「全国植樹祭とっとり」まで2週間あまりとなり、着々と準備が進んでいます。

5月9日 サボテンの花
last up date 2013年05月12日

米子市内の民家でサボテンの花が咲き始め訪れる人の目を楽しませています。

5月8日 先月のソウル便利用
last up date 2013年05月09日

米子・ソウル便の先月の搭乗率は50%を割る49.9%で前の月より17.3ポイント下がりました。

米子市水道局の配水池設置工事にともなって、予定地となっている遺跡の調査が7日から始まりました。

5月6日 創作人形展
last up date 2013年05月07日

南部町の佑生出会いの館で粘土で作った人形の展示会が開かれています。

5月3日 藤まつり
last up date 2013年05月06日

大山町の住雲寺で3日から恒例の藤まつりが始まり、訪れた人が美しい藤の花を楽しみました。

5月2日 フェリー特別警戒
last up date 2013年05月03日

境港で2日、境海上保安部の職員がゴールデンウィーク期間中の特別警戒をはじめました。

5月1日 エコツーリズム実行委員会
last up date 2013年05月02日

今年10月に開かれる「エコツーリズム国際大会in鳥取2013」の実行委員会の総会が1日に開かれ、今年度に行う事業などが決まりました。

4月30日 水木ロードにJA直売所
last up date 2013年05月01日

境港市の水木しげるロードにオープンするJAの直売所「まちなかアスパル」の内覧会が30日に開かれました。

4月29日 自転車で福めぐり
last up date 2013年05月02日

米子市内の神社をサイクリングやジョギングで巡るイベントが29日に開かれ、参加した人たちが爽やかな汗を流しました。

4月26日 イカ一斉休漁
last up date 2013年04月28日

全国漁業協同組合連合会に所属するイカ釣り漁船が燃油高騰の理由から26日と27日、一斉休漁しています。

4月25日 境港市長定例会見
last up date 2013年04月26日

境港市の中村勝治市長が25日に定例記者会見を開き、水木しげるロードに5月1日からJAのアンテナショップがオープンすることを明らかにしました。

東日本大震災で被災し伯耆町で新たな工房を立ち上げている障がい者施設の第2工場に24日、焼きたてのパンを販売するコーナーがオープンしました。

4月23日 野坂市長 初登庁
last up date 2013年04月26日

今月21日の米子市長選挙で当選した野坂康夫さんが23日、初登庁し3期目の市政をスタートさせました。

21日に投開票が行われた米子市と大山町の選挙で米子市長に野坂康夫さん、大山町長に森田増範さんが再選されました。

4月19日 ミニ大山を新緑に
last up date 2013年04月23日

JR米子駅に設置されている大山の模型「ミニ大山」が19日、全国植樹祭を前に春をイメージした新緑に化粧直ししました。

境港市出身で、映画制作会社「東宝」の前身となる会社を設立した増谷麟さんを顕彰しようと、今年秋に映画の上映会が開かれることになりました。

境港と北海道を結ぶ新たな海上貨物輸送のルートを検証する試験輸送の船が17日、境港に入港しました。

境港市の水木しげるロードで16日、カプセルオモチャの自動販売機が燃やされたり妖怪神社のさい銭箱が壊されたりするなどの被害が相次いで報告されました。

4月15日 RORO船試験運航
last up date 2013年04月24日

境港で15日、山陰地方と北海道とを結ぶ新たな海上貨物輸送のルートを作ろうと、車両を収納できる「RORO船」を使った貨物の試験輸送が始まりました。

4月12日 超小型EV試作車発表
last up date 2013年05月03日

電気自動車の開発や生産を目指すナノオプトニクスエナジーが一人乗り用の超小型電動車両「UNIMO(ユニモ)」を完成させ、12日、試乗説明会が行われました。

4月11日 「大人の学校」開校
last up date 2013年05月03日

米子市で元高校教師が国語や音楽などの授業をする「大人の学校」が11日に開校し、参加者が古事記や童謡などを楽しみました。

境港へのクルーズ客船の寄港によって地域経済の活性化を図ろうという「境港クルーズ客船環境づくり会議」が発足しました。

4月9日 「潮止め松」救え
last up date 2013年05月03日

米子市の湊山公園入り口にある天然記念物「潮止め松」は松葉全体が枯れたため伐採することが決まり、新芽を移植することになりました。

4月8日 ひなまつりコレクション
last up date 2013年04月26日

先祖代々伝わる雛人形を訪れる人に見てもらおうと江府町で8日から奥大山ひなまつりコレクションが始りました。

4月5日 全国植樹祭のリレー植樹
last up date 2013年04月07日

来月26日に開催される全国植樹祭を前に県内をリレー形式で巡回した植樹が5日、ゴールしゴールのとっとり花回廊に関係者がサクラを植えました。

4月4日 消防学校の入校式
last up date 2013年04月07日

米子市で4日、消防学校の入校式が行われ、新入職員が消防業務の基礎的な知識を得るための教育訓練をスタートさせました。

4月3日 備前焼の作品展
last up date 2013年04月07日

備前焼の女流陶芸家が米子市内でグループ展を開いています。

4月2日 どらやき神社
last up date 2013年04月07日

4月1日 各地の桜満開
last up date 2013年04月07日

今年5月に開かれる全国植樹祭の会場を29日、鳥取県の平井知事が視察しました。

3月28日 養殖ギンザケの試食会
last up date 2013年03月29日

境港市で28日、美保湾沖で養殖されたギンザケの試食会が行われ、大勢の参加者が味を堪能しました。

3月27日 米子市長選の看板設置
last up date 2013年03月29日

4月に行われる米子市長選挙と市議会議員補欠選挙のポスター掲示場の設置作業が27日から始まりました。

3月26日 施設に古布寄付
last up date 2013年03月29日

公益社団法人 米子法人会が26日、県西部の介護老人福祉施設に古布や古タオルを寄贈しました

3月25日 ロシア商談会
last up date 2013年03月26日

ロシアの建築関係の企業家が米子市で商談会に参加して今後の貿易の可能性を探りました。

3月22日 夕陽の丘神田 竣工
last up date 2013年03月26日

大山町が整備を進めていた休養施設のリニューアル工事が終了し、22日に現地で竣工式が行われました。

3月21日 日野郡米作り研修会
last up date 2013年03月26日

日野郡産米の品質向上と産地のブランド化を図ろうという研修会が21日に開かれ、農家の人たちが認識を深めました。

3月20日 鳥取でサクラ開花
last up date 2013年03月26日

鳥取地方気象台は20日、桜が開花したと発表しました。

3月19日 伯耆町の高齢者教室
last up date 2013年03月26日

伯耆町立岸本公民館の高齢者教室が19日に開かれ、参加した人たちがハンドマッサージを通して親交を深めました。

3月18日 災害対策の銀行新店舗
last up date 2013年03月26日

地元の銀行が18日、本店が被災した場合でも営業が続けられるよう対策を備えた新店舗を米子市にオープンさせました。

湊山公園で15日、米子桜まつりを前に夜桜見物用のぼんぼりの取付作業が行われました。

3月14日 養殖ギンザケを出荷
last up date 2013年03月25日

東日本大震災で被災し、2年前から境港市沖の美保湾で養殖されているギンザケの水揚げが14日に行われ、県内へ出荷されました。

3月13日 消防職員が意見発表
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部消防局で13日、若手職員の意見発表会が行われ、日頃の業務で感じていることを力強く訴えました。

3月12日 梅の花 満開
last up date 2013年03月25日

米子市内で梅の花が満開となり、春の訪れを感じさせています。

3月11日 東日本大震災から2年
last up date 2013年03月25日

東日本大震災から11日で丸2年となりました。鳥取県内各地では地震発生時刻にあわせて黙とうをささげ、犠牲者に哀悼の意を表すとともに1日も早い復興を願いました。

境海上保安部は7日、隠岐諸島沖の日本の排他的経済水域に停泊していた韓国船籍の漁船を巡視船などの停泊命令を無視して逃走したとして漁業法違反の疑いでだ捕しました。

3月7日 県立高校入試
last up date 2013年03月25日

鳥取県の県立高校で7日から入学試験が始まりました。

3月6日 看護学校で卒業式
last up date 2013年03月25日

米子市の看護学校で6日、卒業式が行われ卒業生が医療人としての自覚を胸に新たな一歩を踏み出しました。

3月5日 トライアスリートが講演
last up date 2013年03月25日

米子市内で4日、トライアスリートの大松沙央里さんが講演会を開き、スポーツの楽しさや難しさを伝えました。

JR米子駅で4日、無差別殺傷事件を想定した訓練が行われ、関係機関が連携を深めました。

3月1日 高校で卒業式
last up date 2013年03月25日

鳥取県内のほとんどの高校で1日に卒業式が行われ、生徒らが学び舎を巣立ちました。

今年開催する中海オープンウォータースイムについて話し合う実行委員会の準備会が米子市内で開かれました。

日吉津村でのハウス栽培のチューリップが収穫の時期を迎えて村内の農産物時直売所などに出荷されています。

米子市議会の原子力発電エネルギー問題等調査特別委員会が26日に開かれ、島根原発に関する中国電力との安全協定の改定について議会の方針を議論しました。

2月25日 鳥取県消費者大会
last up date 2013年03月25日

米子市で25日、「鳥取県消費者大会」が開かれ参加者がエネルギー消費について理解を深めました。

2月22日 サイバー犯罪の対策を
last up date 2013年03月25日

米子市で22日に開かれた講演会で参加した人たちがサイバー犯罪対策について理解を深めました。

県立高校の入学願書受け付けが21日から各高校で始まりました。

サッカーJ2のガイナーレ鳥取が20日から米子市に去年完成した新たな拠点「チュウブYAJINスタジアム」でトレーニングキャンプを始めました。

調理師を目指して学んでいる高校生が19日、プロの料理人から地元の食材を使った料理を教わりました。

2月18日 自殺対策講演会
last up date 2013年03月25日

米子市内で18日、自殺対策講演会が開かれ、訪れた人たちが自殺の現状やゲートキーパー(門番)としての自殺対策について学びました。

日南町の旧阿毘縁小学校で進められていた太陽光発電所の建設が断念されることになりました。

米子市議会の原子力発電・エネルギー問題等調査特別委員会が14日に開かれ、先月行われた防災訓練の成果や課題などについて意見を交わしました。

2月13日 白ネギ取り引き協議会
last up date 2013年03月25日

県西部で収穫される白ネギの販売計画について13日、生産者と卸売業者が意見を交わしました。

2月12日 境港の貿易まとめ
last up date 2013年03月25日

神戸税関境税関支署がまとめた去年の貿易概況によりますと境港での輸出額は2年連続の減少、また輸入額は3年ぶりの減少となりました。

2月11日 書道ガールズ
last up date 2013年03月25日

境高校書道部の生徒らが11日、音楽に合わせて大きな紙に文字を書く書道パフォーマンスを披露しました。

米子市の富益保育園で給食の中に異物が混入していたことが分かり、米子市は8日、記者会見を開いて謝罪しました。

2月7日 知事定例会見
last up date 2013年03月25日

鳥取県の平井知事は7日の定例会見で新年度の当初予算が3,305億円を超える規模になることを明らかにしました。

2月6日 日野川への想いを語る
last up date 2013年03月25日

日野川流域の自治体の関係者らが6日、日南町に集まり「流域における水資源の保全」について考えました。

米子ソウル便の搭乗率低下を受けて、米子市は、職員らで応援団を作るなど独自の支援策をはじめました。

2月4日 中心市街地に拠点
last up date 2013年03月25日

米子市中心市街地にある笑い通り商店街で4日から夕食の配達などをする生活支援サービスが始まりました。

米子市中心市街地活性化基本計画の1つとして米子市紺屋町にサービス付き高齢者向け住宅が建設されることになり1日に関係者が起工式をして工事の安全を祈りました。

大勢の観光客が訪れる境港市の水木しげるロードに31日、津波発生時の避難場所を示した案内看板が設置されました。

米子市の介護施設で30日、高校生によるファッションショーが開かれ、生徒らが高齢者との交流を深めました。

米子市では29日、エコツーリズム国際大会に使用するロゴマークの審査会が開かれ大会のロゴマークが決まりました。

1月28日 ふるさとの写真展
last up date 2013年03月25日

大山町の名和公民館で昭和40年代〜50年代の町内の風景をおさめた写真展が開かれています。

伯耆町内で2ヵ所目となるメガソーラーが建設されることになり、25日に町長と事業者の代表が協定書に調印しました。

平成18年にJR伯備線で保線作業員3人が特急列車にはねられ犠牲となった事故から丸7年を迎えた24日、関係者が献花式をして安全運行への誓いを新たにしました。

鳥取県それに米子市と境港市が中国電力と結んでいる原子力安全協定の見直しについて、中国電力は23日の協議会で「社内で慎重に検討している段階」と述べるに留まりました。

1月22日伯耆町長に森安さん再選
last up date 2013年03月25日

任期満了に伴う伯耆町長選挙が22日に告示され、午後5時で立候補の届け出が締め切られた結果、現職の森安保さんが無投票で再選を果たしました。

境港市内の酒蔵で21日、関係者らが集まって新酒の仕込み作業を行いました。

1月18日 伯耆町に太陽光発電
last up date 2013年03月25日

伯耆町内の民有地に発電総出力約4500キロワットの太陽光発電所(メガソーラー)が建設されることになりました。

去年11月に米子市で開催された国際マンガサミット鳥取大会の実行委員会の総会が17日、開かれました。

米子鬼太郎空港に16日、合格祈願の大絵馬が設置されました。

大山町で栽培が進む北米原産のエキナセアがインフルエンザと花粉症に一定の効果があることが分かりました。

1月14日 皆生温泉海水浴場
last up date 2013年03月25日

米子市の皆生温泉海水浴場で14日、寒中水泳大会が開かれ、参加した人たちは今年1年の健康と活躍を誓いました。

大山の四季を捉えた写真コンテストの作品展が米子市内のギャラリーで開かれ、訪れる人の目を楽しませています。

1月10日 高専生の模擬選挙
last up date 2013年03月25日

米子高専の学生が衆議院選挙を想定した模擬投票を体験して選挙や政治への意識を高めました。

1月9日 米子下町観光ガイド
last up date 2013年03月25日

米子市の寺町周辺など下町をボランティアで案内する「米子下町観光ガイド」を利用した人は、去年1年間でおよそ1,000人に上ることが分かりました。

1月8日 高校でかるた大会
last up date 2013年03月25日

米子市内の高校で8日、生徒全員が参加する新春かるた大会が開かれ、盛り上がりました。

1月7日 商工振興祈願祭
last up date 2013年03月25日

米子市の商工振興祈願祭が7日に行われ、地元企業の経営者らが商工業の発展を祈りました。

1月4日 仕事始め
last up date 2013年03月25日

行政機関や多くの企業は4日が仕事始めとなり、平成25年の業務がスタートしました。

日吉津村のデパートで4日、高校生が音楽に合わせて巨大な紙に「書」をしたためる書道パフォーマンスを披露して訪れた買い物客らを沸かせました。

境港市の中村市長は27日の会見で防災、観光、中海圏域連携などことし1年の取り組みを振り返りました。

境港市で26日、スポンサーを募集していた11体の妖怪ブロンズ像が設置され、完成披露セレモニーが行われました。

12月25日 小型EVの生産開始
last up date 2013年03月25日

米子市で電気自動車の研究開発を行っているナノオプトニクス・エナジーが25日、記者説明会を開き、生産段階に移行する電気自動車などを発表しました。

境港市でベニズワイガニのPRなどに取り組む「ベニガニ有志の会」と「ベニガニ料理推進協議会」が海とくらしの史料館にレプリカを贈呈し、24日に披露されました。

12月21日 大山町議会 閉会
last up date 2013年03月25日

山町議会は21日、総額3億1千万円余りの一般会計補正予算案や議員定数を削減する条例改正案など30議案を可決して閉会しました。

任期満了に伴い来年1月に実施される伯耆町長選挙の立候補予定者説明会が20日に開かれました。

自治会や町内会の代表として功績のある人に贈られる団体功労者として、境港市本町の自治会長 釘谷吉三さんが総務大臣表彰を受けました。

境港市内のアパートで18日の早朝、火事があり2人が死亡しました。

航空自衛隊美保基地で17日、基地の除雪隊員が集まり編成完結式を行いました。

米子市は今年の市政主要ニュース11項目を発表しました。

12月13日 北朝鮮の漂流船
last up date 2013年03月25日

隠岐島付近で見つかった北朝鮮の漂流船が13日、海上保安庁の巡視船で美保湾にえい航されました。

12日の午前、北朝鮮が人工衛星と称する事実上のミサイルを発射しました。国内への影響はありませんでしたが、鳥取県西部の各自治体でも対応に追われました。

12月11日 反射材着用の徹底を
last up date 2013年03月25日

11日から交通安全運動が始まり重点項目の1つに「反射材の着用の徹底」が掲げられています。歩行者が反射材を付けた時と付けなかった場合では車からの見え方がどう違うのでしょうか。先日行われた実験を取材しました。

12月10日 小村新監督就任
last up date 2013年03月25日

J2ガイナーレ鳥取の新しい監督に小村徳男さんが就任し記者会見で抱負を語りました。

12月7日 高校生の魚食実習
last up date 2013年03月25日

境港総合技術高校の生徒が7日、ベニズワイガニを使った魚食実習を行い、カニの美味しい食べ方を学びました。

12月6日 県議会質問戦
last up date 2013年03月25日

6日に開かれた鳥取県の11月議会で議員が弓浜半島の砂浜の保全や米子港の活用などについて知事を質しました。

今年9月に着工した日南町の石見東太陽光発電所が完成し5日、関係者らが落成式をして祝いました。

12月4日 合同作品展
last up date 2013年03月25日

写真や能面、陶芸などの作品を一堂に集めた展示会が米子市内で開かれています。

12月3日 食品の放射性物質検査
last up date 2013年03月25日

福島第一原発の事故などによって市民が食品に対して安全性を求める中、米子市で食品の放射性物質検査が3日から始まりました。

11月に交通死亡事故が多発したのを受けて30日、県内各地で安全運転を呼びかける街頭広報が行われました。

来月4日に公示される衆議院議員選挙のポスター掲示板の設置作業が29日から始まりました。

11月28日 どぶろく鍋 発送
last up date 2013年03月25日

伯耆町福岡地区の人たちが地域活性化のため取り組んでいるどぶろく造りで新商品の「どぶろく鍋」が完成し28日、全国へ発送されました。

11月27日 鳥取県議会開会
last up date 2013年03月25日

鳥取県の11月議会が27日に開会し、総額およそ35億円の今年度一般会計補正予算案などが提案されました。

米子公共職業安定所「ハローワーク米子」が26日から米子市末広町に移転しました。

11月22日 ソテツのこも巻き
last up date 2013年03月25日

本格的な冬のシーズン到来を前に22日、米子市の湊山公園でソテツのこも巻き作業が行われました。

境港市の水木しげるロードで観光客を楽しませる妖怪の着ぐるみに、新しい仲間が2体加わることになりました。

鳥取県と米子市、それに境港市が中国電力と結んでいる島根原子力発電所の安全協定の見直しについて話し合う初めての協議会が20日に開かれ、鳥取県側が立地自治体並みの権限をもつ内容に改定するよう中国電力に申し入れました。

米子松蔭高校で19日、テレビ電話を使って県外の高校と商品を模擬取引する授業が行われ、生徒が商品取引の流れを学びました。

ロンドンオリンピック・アーチェリー競技の女子団体戦で銅メダルに輝いた川中香緒里選手が16日、母校の米子南高校を訪れ凱旋報告しました。

本格的な冬を前に15日、米子地区の道路管理者らが集まり、協議会を開いて除雪体制を確認しました。

11月14日 銀行で強盗対応訓練
last up date 2013年03月25日

14日にはこれから年末を迎えるのを前に境港市内の銀行で強盗対応訓練が行われ、行員が万一に備えました。

11月13日 高校生の就職面接会
last up date 2013年03月25日

来年の春に高校を卒業する予定の生徒を対象にした就職説明会が13日、米子市内で開かれました。

本格的な雪のシーズンに備えて、米子ICで12日、高速道路の除雪などをする作業車の出動式が行われました。

気軽に出来るニュースポーツの大会が9日に境港市で開かれ、参加した人たちが楽しいひと時を過ごしました。

国際マンガサミットの取材に韓国からケーブルテレビ局の取材班が来日しています。

11月7日 松葉ガニ 初競り
last up date 2013年03月25日

冬の味覚 松葉ガニが7日、境港に初水揚げされ、今シーズン初めての競りが行われました。

米子鬼太郎空港に6日、鬼太郎の家をイメージしたフォトスタジオが登場しました。

11月5日 富有柿の初出荷
last up date 2013年03月25日

南部町で5日、特産品である富有柿の初選果が行われ、地元をはじめ関西や岡山などにむけて出荷が始まりました。

11月2日 県境連携協議会
last up date 2013年03月25日

鳥取・岡山両県の県境連携推進協議会は2日に研修会を開き、出席者が「公務員参加型の地域おこしのススメ」について学びました。

1日、鳥取・島根の両県知事と米子・境港の両市長が、今後の原子力防災について、足並みをそろえて協議を進めていくことを確認しました。

ウェブデザイナーを育成する「デジタルハリウッドSTUDIO米子」の支援に関して鳥取県と関連企業が31日、協定を結びました。

JR米子駅前と山陰道米子中インターチェンジを結ぶ都市計画道路米子駅陰田線が30日、4車線となり開通しました。

米子市内で29日、不法投棄のパトロールが行われ、関係者が今後の対策を話し合いました。

10月26日 ラッセル車の点検
last up date 2013年03月25日

冬の間、線路を雪から守る「ラッセル車」の整備点検が26日に公開されました。

ブラジル鳥取県人会の会長が25日、米子市役所を訪れ、野坂市長と今後の交流活動などについて話し合いました。

JR境線の名物「鬼太郎のイラスト列車」に新しく加わる車両が公開されました。

10月23日 平井知事定例会見
last up date 2013年03月25日

鳥取県の平井知事は、23日の定例会見で拉致担当大臣が辞任したことを受けて誠に残念で遺憾であると述べました。

境港総合技術高校の生徒が22日、オーストラリアでの乗船実習に出発し、家族や関係者らが実習の無事と健康を祈り見送りました。

米子市の中心市街地に19日、ポップカルチャーの拠点がグランドオープンしました。

障がいのある人たちの就職促進を図ろうと18日、合同面接会が米子市内で開かれました。

米子市で17日、大津波を想定した避難訓練が行われ、大勢の人が参加しました。

10月16日 海抜表示板を設置
last up date 2013年03月25日

東日本大震災を教訓に、日頃から市民に津波対策の意識をもってもらおうと16日、米子市内に海抜表示板が設置されました。

任期満了に伴う南部町長と町議会議員選挙が14日に行われ、町長選では現職の坂本昭文さんが3選を果たしました。どんな選挙戦だったのか振り返ります。

大山のスキー場で12日、冬のシーズンを前にリフトのイスを取り付ける作業が始まりました。

10月11日 米子空港で救難訓練
last up date 2013年03月25日

米子空港で11日、飛行機事故に備えて関係機関が消火訓練や救難訓練をして連携を確かめあいました。

鳥取大学医学部付属病院に「心と体にやさしい」をコンセプトにした最新の手術室が完成しました。

10月9日 コハクチョウ初飛来
last up date 2013年03月25日

冬の使者コハクチョウの第一陣が9日、米子水鳥公園に初飛来しました。

障がいのある人たちが水泳とランニングに挑戦するチャレンジドアクアスロン大会が8日、米子市内で開かれ、参加した選手たちが日頃の練習成果を披露しました。

10月5日 テロ対策の合同訓練
last up date 2013年03月25日

境港で5日、海上保安部や警察などが参加して、テロの対策訓練を行い、連携を深めました。

日南町子育て支援センターの着工式が4日に行われ、関係者らが工事の安全を祈願しました。

中海の環境悪化の原因となっている浚渫(しゅんせつ)くぼ地を石炭灰造粒物(せきたんばいぞうりゅうぶつ)で埋めて改善を図る事業が今月からスタートするのを前に関係者が事業について説明しました。

全国で介護に携わる人たちが2日、米子市で技術や心構えなどを競いました。

米子市が1日、原子力災害時の安全対策を考えるプロジェクトチームを発足させました。

中国電力 島根原子力発電所の事故に備えて、大気中の放射線量などを測る訓練が28日、米子市と境港市で行われました。

9月27日 県議会一般質問
last up date 2013年03月25日

とっとり花回廊の入場券が、不適切に処理されていたことについて、鳥取県の平井知事は第三者委員会を設けて、調査を進めることを明らかにしました。

9月26日 中海経済協議会 設立
last up date 2013年03月25日

中海、宍道湖、大山圏域の商工団体が26日、地域経済の発展を目的に協議会を立ち上げました。

米子市河崎に年中無休の小規模デイサービス事業所が完成し25日、関係者が出席して開所式が行われました。

9月24日 毒劇物災害に備えて
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部の消防隊員が毒劇物の災害に備えて訓練を行い、連携を深めました。

秋の全国交通安全運動が21日から始まり、初日は子どもや高齢者の交通事故防止を呼びかけました。

9月20日 県議会 代表質問
last up date 2013年03月25日

鳥取県の9月議会は、20日から質問戦が始まりました。

9月19日 秋のとっとり花回廊
last up date 2013年03月25日

南部町にあるとっとり花回廊でサルビアの花が満開となり、訪れる人の目を楽しませています。

9月18日 台風の影響で境港冠水
last up date 2013年03月25日

台風16号の接近に伴って、18日境港市で一部地域が冠水するなどの影響がでました。

9月17日 にぎやかに敬老会
last up date 2013年03月25日

17日は各地で敬老会が開かれ、長寿を祝いました。

南極観測船「しらせ」が14日、境港に入港し関係者らが歓迎式典を行いました。

9月13日 書道で日本一周
last up date 2013年03月25日

東日本大震災の復興を願い日本一周のマラソンをしながら全国各地で「絆」の文字を書き続けている愛知県の女性書道家が13日、米子市内の百貨店で書道のパフォーマンスを披露しました。

9月12日 境港市議会開会
last up date 2013年03月25日

境港市の9月議会が12日開会し、3選を果たした中村勝治市長が「これまでの取り組みを結実させたい」と所信表明しました。

中国 上海の格安航空会社「春秋航空」による上海−米子間のチャーター便が今月23日から来月25日まで合わせて10往復運航されることが決まりました。

水木しげるロードで10日、ボランティアの人と警察官らが振り込め詐欺など犯罪被害防止のPR活動を行いました。

9月7日 県民総合福祉大会
last up date 2013年03月25日

米子市内で7日、県民が安心して暮らせる福祉社会を確立するための大会が開かれ、参加した人たちが理解を深めました。

ベニズワイガニが6日境港に初水揚げされ、港は活気付きました。

9月5日 市民生活の安心安全協定
last up date 2013年03月25日

米子市と郵便事業者が5日協定を結び、今後連絡を取り合いながら市民生活の安心安全の向上に努めることになりました。

9月4日 伯州綿の収穫
last up date 2013年03月25日

境港市で特産化を目指している伯州綿の綿の摘み取りが始まっています。

9月3日  中心市街地の活性化は
last up date 2013年03月25日

米子市の中心市街地活性化について有識者らが委員会を開き進捗状況などを確認しました。

9月1日のベニズワイガニ漁解禁を前に31日、境港でかにかご漁船の出漁式が行われました。

来月1日のベニズワイガニ漁解禁を前に、船に積んでいる漁具の点検が行われました。

米子市の崎津地区で計画されている大規模太陽光発電所「メガソーラー」についてソフトバンクの子会社など事業者側と鳥取県や米子市など土地所有者側とが29日に、運営に関する協定を結びました。

日南町で太陽光パネルによる発電所の計画を進めていた会社が27日町内生山にある埋め立て地での計画を断念したことを発表しました。

8月27日 鳥取・広島知事会議
last up date 2013年03月25日

鳥取県と広島県の知事会議が27日、境港市で行われ、互いの連携策などを申し合わせました。

8月24日 日南町でまんが講演会
last up date 2013年03月25日

日南町でアニメ制作会社社長の長谷川 洋さんが24日まんがと地域振興について講演しました。

8月23日 とっとり就職フェア
last up date 2013年03月25日

来年3月に大学などを卒業する人や一般求職者を対象にした就職フェアが開かれ、今年は去年を上回る企業が参加しました。

8月22日 中海の自然を守る
last up date 2013年03月25日

環境省が絶滅危惧種に指定している水生植物カワツルモの観察会が22日、中海で開かれました。

8月21日 いじめ問題を協議
last up date 2013年03月25日

黒坂警察署の担当者と管内4町の教育長、それに小中学校の校長が20日、意見交換会を開き、いじめ問題などについてたがいの状況を確認し合いました。

伯耆町が町内の工業団地で公募していた太陽光発電事業について応募のあった2社のうち米子市内の業者に内定したことを発表しました。

鳥取県は老人クラブの組織力を活用した地域での支え合い活動を推進していこうと17日、伯耆町老人クラブ連合会と伯耆町が協定を結びました。

米子市の野坂市長は16日に開かれた市議会の全員協議会で、議員に対し震災がれきを受け入れないことを報告しました。

8月15日 夏の成人式
last up date 2013年03月25日

お盆の帰省にあわせて15日、鳥取県西部の伯耆町と日南町それに日野町の3町で夏の成人式が行われ、新成人が大人への一歩をスタートさせました。

8月14日 漫画家たちの終戦記録
last up date 2013年03月25日

8月15日で今年終戦から67年を迎えます。日南町美術館では有名漫画家たちが昭和20年8月15日をテーマにした作品展が開かれています。

境港市の「水木しげるロード」は13日、お盆の帰省客や県外からの観光客でにぎわいました。

8月10日 帰省ラッシュ始まる
last up date 2013年03月25日

お盆をふるさとや観光地で過ごす人たちの帰省ラッシュが、10日から始まっています。

8月9日 総合特区の推進協議会
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部エリアが地域活性化総合特区に指定されたのを受けて、9日に今後の方針を話し合う協議会が開かれ、事業ごとに分科会を設け、実現に向け話し合っていくことを決めました。

8月8日 高校生の就職説明会
last up date 2013年03月25日

米子市で8日、来年春に卒業する予定の高校生で、鳥取県内への就職を希望している生徒を対象にした「事業所説明会」が開かれました。

中海をテーマとしたポスターコンクールの審査会が6日に開かれ、関係者が集まって最優秀賞などを決めました。

広島に原爆が投下されてから67年目を迎えた6日、米子市の朗読ボランティアグループ火曜の会が朗読会を開いて平和の大切さを訴えました。

4日からの米子がいな祭に参加する韓国束草市の舞踊団と沖縄県読谷村の青年会が3日、野坂市長に意気込みを語りました。

8月2日 上海からチャーター便
last up date 2013年03月25日

今月4日に開幕する国際まんが博に合わせて2日、米子鬼太郎空港に上海からのチャーター便が到着しました。

JR境港駅の隣にあるみなとさかい交流館に、1日ゲゲゲの鬼太郎などの妖怪が描かれた巨大壁画が登場しました。

7月31日 日南町の太陽光発電は
last up date 2013年03月25日

日南町で31日、臨時議会が開かれ、町が民間事業者と計画する太陽光発電所の建設が賛成多数で承認されました。

7月30日 川中選手が銅メダル
last up date 2013年03月25日

29日に行われたロンドンオリンピックのアーチェリー競技女子団体で、日本チームの米子南高校出身の川中 香緒里選手らが見事、銅メダルを獲得しました。

まんが王国とっとりをPRするキャラバン隊が中海テレビ放送を訪れ、開幕が迫った国際まんが博をPRしました。

鳥取県出身の漫画家ゆかりの観光地などを紹介する番組に登場する漫画キャラクターの選考会が米子市内で開かれました。

地域を限定して規制緩和や財政支援が受けられる総合特区に25日、鳥取県が申請していた構想が指定を受けました。

鳥取大学医学部付属病院は24日会見を開き、乳がんで乳房を部分切除した患者が自分の脂肪細胞を移植する方法で乳房の形を整える手術の臨床研究を全国ではじめて実施することを発表しました。

中海・宍道湖・大山圏域市長会が23日、米子市内で今年度初めての総会を開き事業内容について確認しました。

7月20日 中海湖岸堤部会
last up date 2013年03月25日

米子市で20日、中海に関する会議が開かれ、出席した各機関が湖岸堤整備の実施状況などについて報告しました。

7月19日 日南トマト初出荷
last up date 2013年03月25日

県内最大のトマトの産地 日南町で19日、夏秋トマトの出発式が行われ、初出荷を祝いました。

7月18日 妖怪が「海の月間」PR
last up date 2013年03月25日

境港で18日、ゲゲゲの鬼太郎などの妖怪がうちわを配って海の月間をPRしました。

7月17日 県西部梅雨明け
last up date 2013年03月25日

広島地方気象台は17日に中国地方が梅雨明けしたと発表しました。

米子市の加茂校区の人たちが地域をきれいにしようと16日、海岸清掃に汗を流しました。

7月13日 妖怪屋敷のATM設置
last up date 2013年03月25日

大勢の観光客で賑わう境港市の水木しげるロードにかやぶき風の屋根など妖怪屋敷風にデザインされたATM現金自動預け払い機が登場しました。

7月12日 YAJINスタジアム
last up date 2013年03月25日

J2のガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取は12日、会見を開き米子市安倍のゴルフ場跡地に建設を進めているYAJINスタジアムの協賛金について8月末まで強化キャンペーンを展開して多くの人から寄付を募ることを発表しました。

大手ビール会社が11日、泳げる中海を目指して活動を続けているNPO法人に売り上げの一部を寄付しました。

7月10日 がいな祭の安全祈願
last up date 2013年03月25日

米子市の勝田神社で10日、がいな祭の安全祈願が行われ、関係者が祭の無事を祈りました。

7月9日 クロマグロの調査に出発
last up date 2013年03月25日

鳥取県水産試験場の研究員が9日、日本海のクロマグロの生態調査のため鳥取県沖に向け出発しました。

境港と韓国、ロシアを結ぶ環日本海定期貨客船が就航3周年を迎え、6日に記念セレモニーを開いて祝いました。

米子市クリーンセンターの地元住民で作る対策委員会は、新たに境港市からの可燃ごみを受け入れることを容認し、5日、野坂市長に対して平成28年度以降のごみ処理計画の同意書を提出しました。

7月4日 県西部今年一番の暑さ
last up date 2013年03月25日

4日の県西部地方は、気温が上がり各地で今年一番の暑さとなりました。

7月3日 中村市長初登庁
last up date 2013年03月25日

先の境港市長選挙で無投票当選した中村勝治さんが3日初登庁して3期目の市政をスタートさせました。

7月2日 海開きを前に訓練
last up date 2013年03月25日

皆生温泉海水浴場の海開きを前に関係機関が水難事故を想定した訓練をして海水浴シーズンに備えました。

韓国の大学生と米子高専の学生がいっしょに海岸の清掃をして環境問題について学びました。

6月28日 県警が合同で配備訓練
last up date 2013年03月25日

鳥取・島根両県の警察が28日、凶悪事件発生を想定した緊急配備訓練を行い、連携を深めるとともに万一に備えました。

島根大学の学生が27日、日南町を訪れ林業の実状を学びました。

6月26日 伯州綿の防虫対策
last up date 2013年03月25日

境港市では特産化を目指して伯州綿の栽培に取り組んでいますが今年は特にアブラムシの発生が目立ち関係者が対策に追われています。

米子市内で25日、大山・日野川・中海学協会の総会が開かれ今年度も引き続き、おやこクイズ検定やセミナーを開くことなどを決めました。

米子南高校出身で現在、近畿大学3年生の川中 香緒里さんがロンドンオリンピック アーチェリー競技の日本代表に決まりました。

6月21日 マグロの内臓料理
last up date 2013年03月25日

今月24日に開かれる「まぐろ感謝祭」で振る舞うマグロの内臓を使った料理が完成し、関係者がその味を確かめました。

鳥取県西部の中小企業で経営に携わる人たちがマネジメントのレベルアップを図ろうと自己研さんに励んでいます。

6月19日 台風4号の影響は
last up date 2013年03月25日

19日の鳥取県西部は台風4号によって交通機関などに影響が見られました。

6月18日 境港にマグロ水揚げ
last up date 2013年03月25日

境港で18日、今年2回目となるマグロの水揚げがあり港は活気づきました。

今月10日に大阪市で開かれた「第96回 日本陸上競技選手権大会」の女子3,000メートル障害で優勝した荒井悦加選手が境港市を訪れ、中村勝治市長に喜びを報告しました。

環日本海経済活動促進協議会の総会が14日に開かれ、今年度は中国東北部との物流ルート拡大に向けた取り組みを進めることなどを決めました。

6月13日 中海の水質調査
last up date 2013年03月25日

中海を泳ぐイベント、「中海オープンウォータースイム」の開催を前に13日、水質調査が行われました。

6月12日 梅雨の対策は
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部も梅雨入りし、これから雨が降る日が多くなってきます。そこでこの梅雨の時期に必要な対策などについて取材しました。

鳥取県は去年9月の台風12号により堤防や護岸が倒壊するなどした佐陀川に洪水監視カメラ3基を設置して10日から運用を始めました。

6月8日 境港市長選挙は無投票か
last up date 2013年03月25日

任期満了に伴う境港市長選挙の立候補者予定説明会が8日開かれ、現職の陣営から関係者が出席しました。

ガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取が米子市安倍のゴルフ場跡地に建設を進めているYAJINスタジアムは着工から1ヵ月半が経過しました。現地がどのようになっているのか取材しました。

6月6日 津波の避難所巡る
last up date 2013年03月25日

境港市に住む人たちが6日、津波の際の避難場所を巡りながら健康ウォークを楽しみました。

米子市が表明している震災がれきの受け入れについて5日、市民グループが米子市議会に対してがれきを受け入れないことを求める署名簿と陳情書を提出しました。

鳥取県内に国の補正予算による「放射線モニタリングポスト」の整備が完了し、計測データが文部科学省のホームページで公開されています。

6月1日 日野川でアユ漁解禁
last up date 2013年03月25日

日野川で1日、アユ漁が解禁となり、待ちわびた人たちが初釣りを楽しみました。

広島県福山市のホテル火災を受けて消防と米子市の関係者が市内のホテルで緊急点検を実施しています。

5月30日 佐陀川を点検
last up date 2013年03月25日

去年9月の台風で被災した米子市の佐陀川で30日、堤防や護岸の点検が行われ、梅雨の時期を前に安全を確認しました。

5月29日 医療連携ネットワーク
last up date 2013年03月25日

ITを活用して病院間で患者情報を共有する仕組み「電子カルテ相互参照システム」が従来よりさらに幅を広げて29日から運用が始まりました。

米子市は28日、地震や台風などの大規模災害に備えるために大阪府の自治体と災害応援協定を結びました。

5月25日 学校給食に異物混入
last up date 2013年03月25日

米子市の中学校と小学校で24日に提供された給食のスープの中から長さ数センチの針金状の異物が見つかり、市の教育委員会が原因を調べています。

5月24日 中継・とっとり花回廊
last up date 2013年03月25日

バラの見頃を迎えたとっとり花回廊から中継でお伝えします。

5月23日 丸木舟で航海実験
last up date 2013年03月25日

弥生時代後期に松江と米子・大山とを結んだ海上交易ルートを再現しようと市民らが丸木舟を使った航海実験を行いました。

5月22日 大山登山道を整備
last up date 2013年03月25日

大山の夏山開きをまえに22日、大山観光局や大山遭難救助隊などのメンバーが登山道の整備をおこないました。

5月21日 県西部でも部分日食
last up date 2013年03月25日

21日は全国各地で「金環日食」を観測しました。残念ながら鳥取県西部では金環日食を見ることは出来ませんでしたが大勢の人が部分日食を楽しみました。

5月18日 水鳥公園で植樹
last up date 2013年03月25日

米子市の女性奉仕団体が18日水鳥公園にクヌギを植樹しました。

5月17日 夏山シーズンに備えて
last up date 2013年03月25日

6月の夏山開きを前に警察署の署員らが17日、大山で遭難救助訓練を行いました。

米子市内のクレジット会社が16日、中海の再生に役立ててもらおうと寄付金を贈りました。

5月15日 消防救助の競技会
last up date 2013年03月25日

米子市で15日、西部消防局管内の隊員たちが消防救助技術の大会に臨み、日ごろの鍛錬の成果を発揮しました。

5月14日 サボテンの花 咲く
last up date 2013年03月25日

米子市の民家で自家交配したサボテンが咲き始め、大勢の人たちが訪れて鑑賞しています。

5月11日 がいな祭の事務所開き
last up date 2013年03月25日

米子の夏を彩るがいな祭りの企画実行本部事務所が11日に開設され、祭にむけた準備が本格的にスタートしました。

今年度から公立化された鳥取環境大学が、10日、米子市に西部サテライトキャンパスを開所しました。

5月9日 震災がれきの講演会
last up date 2013年03月25日

俳優の山本太郎さんが8日、米子市で講演会を開き、米子市が受け入れを表明している震災がれきの問題について市民の力で阻止して欲しいと訴えました。

5月8日 日野町でシバザクラ見頃
last up date 2013年03月25日

日野町でシバザクラが見頃を迎え、訪れる人の目を楽しませています。

5月7日 ヤギの赤ちゃん誕生
last up date 2013年03月25日

米子市内でヤギを活用した循環型農業を実践している農場に先月、ヤギの赤ちゃん4頭が生まれたということでちょっと拝見してきました。

境港市の水木しげるロードでは、開設以来の観光客が4日に2000万人を突破しました。

ポルフィリン症の難病指定を実現しようと患者を支援する人たちが3日、境港市で署名活動をしました。

5月2日 青いアマガエル
last up date 2013年03月25日

米子市で青い色のアマガエルが見つかり、周囲を驚かせています。

5月1日 ぼたん見頃
last up date 2013年03月25日

松江市の大根島でぼたんの花が見頃を迎え訪れる人の目を楽しませています。

テノール歌手、山本耕平さんが30日、初めてのリサイタルを地元米子市で開き大勢の人が観賞しました。

4月27日 合同潜水訓練
last up date 2013年03月25日

境海上保安部と境港消防署の隊員らが27日、合同で潜水訓練をして連携を深めました。

4月26日 大山ものづくり学校
last up date 2013年03月25日

5月3日にオープンする「ものづくり学校」の様子を中継でご紹介します。

江府町の住民グループが町長選挙と議員選挙を同じ日に行おうと有権者に議会の解散を求める署名を集めることになりました。

境港市と市内の民間企業が24日、津波が発生した際に一時避難場所として施設を使用できる津波避難ビルの協定を結びました。

米子市の福市で発生した交通死亡事故を受けて23日、関係者らが現場で事故防止策を検討しました。

南部町の旧家が3日間限定のギャラリーとなり初日から多くの人で賑っています。

4月19日 梨の交配
last up date 2013年03月25日

鳥取県特産の二十世紀梨の交配作業が最盛期を迎え、農家の人たちが作業に追われています。

利用者の予約に応じて運行する大山町の「スマイル大山号」の出発式が行われました。

放射線量を測定するモニタリングポストが県内5ヵ所に設置され、来月から稼働することになりました。

4月16日 PAC大賞
last up date 2013年03月25日

中海テレビ放送の331チャンネル、パブリックアクセスチャンネルに寄せられた作品の中から大賞がきまり15日に表彰式と講演会が開かれました。

4月13日 高規格救急車を寄贈
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部消防局に最新の資機材を備えた救急車が寄贈されました。

4月12日 桜満開
last up date 2013年03月25日

県西部の各地で桜が満開になっています。

大山町の男性が東日本大震災からの復興を願って菜の花で作った応援メッセージをおくっています。

成年後見制度にかんする相談や権利の擁護を支える県内初の拠点が10日、米子市に開所に、関係者らがテープカットして祝いました。

県内外に「まんが王国とっとり」をPRするキャラバン隊の募集が9日から始まりました。

4月6日 春の交通安全運動
last up date 2013年03月25日

春の交通安全運動が6日から始まり、各地で啓発活動が行われています。

4月5日 消防学校で入校式
last up date 2013年03月25日

鳥取県消防学校の入校式が5日に行われ新人消防士が夢への一歩を踏み出しました。

4月4日 桜の見頃は
last up date 2013年03月25日

4月に入って春本番を迎え、お花見を心待ちにしている方もいらっしゃると思います。そこで、米子市内の桜の状況を取材してきました。

米子市内の医療福祉専門学校で3日、入学式が行われ、およそ100人の新入生たちが新たな思いを胸に学校生活をスタートさせました。

4月2日 サルスベリを植樹
last up date 2013年03月25日

米子市内の公園を緑豊かな場所にしようと、女性団体がサルスベリの木を植樹しました。

南部町と鳥取大学は30日、まちの活性化や学生の教育活動に関して互いに連携を強めていこうと協定を結びました。

鳥取県産のブランド牛を多くの人に知ってもらおうと「肉の日」の29日、和牛生産者らでつくるPRチームが発足しました。

3月28日 梅の花 見頃
last up date 2013年03月25日

米子市の梅園では、梅の花が見頃を迎え、親子連れなどの見物客を楽しませています。

3月27日 自治会加入の窓口開設
last up date 2013年03月25日

自治会への加入促進をはかろうと27日、米子市役所に自治会加入の相談窓口が設置されました。

大山を舞台に毎年行われているハンバーガーの祭典「とっとりバーガーフェスタ」が今年は10月7日と8日の2日間開催されることになりました。

今年11月に開かれる国際マンガサミット鳥取大会の残り日数を示す看板が、JR米子駅前に設置されました。

3月22日 境矢石遺跡で説明会
last up date 2013年03月25日

南部町の境矢石遺跡で、弥生時代前期から中期の木棺墓などが新たに見つかりました。

境港で水揚げされるベニズワイガニを使った料理「境港新かにめし」が販売から1周年を迎えるのを前に記念事業が開かれました。

米子市のNPO法人がカフェレストランを来月オープンすることになり、20日には関係者を招いて竣工式を行いました。

3月19日 健康講座
last up date 2013年03月25日

米子市で19日に開かれた健康講座で、参加した人たちが食習慣と生活習慣病のつながりについて学びました。

3月16日 魔法の美術館
last up date 2013年03月25日

最新のデジタル技術を駆使した光の現代アート「魔法の美術館」が17日から境港市内で始まるのを前に関係者らが集まって16日、開幕式が行われました。

米子市の野坂康夫市長が15日、東日本大震災による被災地の災害廃棄物を条件付きで受け入れる考えがあることを明らかにしました。

3月14日 ぼんぼりの取り付け
last up date 2013年03月25日

湊山公園では14日、園内にぼんぼりを取り付けて花見の準備が始まりました。

3月13日 大山の春スキー 
last up date 2013年03月25日

3月も半ばを迎えましたが、大山のスキー場は今シーズンも雪に恵まれ、入り込み客が6年ぶりの20万人にあと少しとなっています。

3月12日 原子力防災の意見交換
last up date 2013年03月25日

鳥取県の平井知事が12日、県西部総合事務所を訪れ、原発事故の発生に備えた防災機材を見てまわったほか、職員と安全対策について意見を交わしました。

3月9日 地域情報化セミナー 
last up date 2013年03月25日

米子市で9日、県内の情報化について考えるセミナーが開かれ、参加者が災害時の危機管理などについて知識を深めました。

先月の米子ソウル便の搭乗率は61.5%と、前の月より14.5ポイント増加増加しました。

3月7日 看護学校で卒業式 
last up date 2013年03月25日

米子医療センター附属看護学校で7日卒業式が行われ、卒業生が新たな一歩を踏み出しました。

3月6日 台湾から教育視察団
last up date 2013年03月25日

台湾の高校の校長や教頭らでつくる教育旅行視察団が山陰を訪れており、6日は米子市内の高校を視察しました。

3月5日 米海軍掃海艦が境港に
last up date 2013年03月25日

アメリカ海軍の掃海艦「パトリオット」が5日、友好と親善を目的に境港に初めて入港しました。

3月2日 春ネギ初出荷
last up date 2013年03月25日

米子市で2日、鳥取県西部特産の春ネギが出荷され、今年は去年より2週間ほど早く市場に出回ることになりました。

3月1日 大山北麓エリア開発
last up date 2013年03月25日

大山町では1日、町内で「食」をテーマに起業を目指す人たちが公開プレゼンテーションにのぞみました。

2月29日 震災復興のトラック市
last up date 2013年03月25日

東日本大震災から1年になるのを前に、大山町で29日、特産品を満載したトラックの移動販売が行われ、大勢の買い物客でにぎわいました。

2月28日 洋上救急に備えて 
last up date 2013年03月25日

船の上の傷病者に緊急の治療を必要とする場合に備え28日、境海上保安部と医師らがヘリコプターを使った訓練に臨み、動作を確認しました。

南部町にある祐生出会いの館で毎年恒例となっている年賀状版画コンクール応募作品の展示が始まっています。

米子市と米子警察署は、24日に暴力団の排除に関する合意書に調印し、緊密に連携をはかっていくことになりました。

2月23日 東北の地酒が集結
last up date 2013年03月25日

東北の地酒を味わって東日本大震災の被災地を元気づけようというイベントが24日から米子市内の飲食店で始まります。

2月22日 水木記念館の壁画移設
last up date 2013年03月25日

来月8日のリニューアルオープンに向けて工事が進んでいる境港市の水木しげる記念館で22日、水木さん直筆の壁画を展示品として移設する工事が行われました。

2月21日 記録的積雪の大山は 
last up date 2013年03月25日

先日、観測史上最高の積雪を記録した大山では、晴れ間が続いた21日も雪かきに精を出す人の姿が多く見られました。

2月20日 鳥取県市長会議
last up date 2013年03月25日

米子市で20日、鳥取県内4市の市長が会議を開き、国への要望をまとめました。

今月18日と19日に開かれる「地域ふれあいフェスタ」(鳥取県西部広域ネットワーク「テゴネット」主催)でネパールから取り寄せたスパイスと特産の黄金タモギダケの入ったカレーが販売されることになっています。今回はこだわりのカレーを作っている「ネパール教育支援」のみなさんをご紹介します。

鳥取県西部広域ネットワーク「テゴネット」は今月18日と19日にカニ汁の振る舞いや吹奏楽の演奏など、境港市の魅力を集めた「地域ふれあいフェスタ」を開催します。このうち19日に出演を予定している境港市のボランティアグループ「かもめ会」の練習にお邪魔して、イベントへの意気込みなどを伺いました。

2月15日 タケノコの皮で作品展
last up date 2013年03月25日

米子市内の男性がタケノコの皮で作った動物のアート展を開催し、話題を呼んでいます。

2月14日 自転車盗難の防止を
last up date 2013年03月25日

バレンタインデーの14日、米子市で警察官らがチョコレートを配って、自転車の盗難防止を呼びかけました。

2月13日 ひな人形展
last up date 2013年03月25日

米子市内で、江戸時代以降のひな人形を集めたコレクション展が開かれています。

皆生温泉と水木しげるロードとを結ぶ直行の路線バスが10日から運行をスタートさせました。

2月9日 白ネギの販売計画は
last up date 2013年03月25日

3月の春ネギ出荷を前に9日、鳥取県西部のネギ生産者や市場関係者らが米子市で会議を開き、今後の対策を話し合いました。

2月8日 高専でエネルギー講演会
last up date 2013年03月25日

8日、米子高専で開かれた特別講演に参加した学生が、このところの国内外のエネルギー情勢やそれにまつわる今後の課題などについて知識を深めました。

2月6日 水木記念館を無料開放
last up date 2013年03月25日

水木しげる記念館が今月9日からリニューアル工事のため臨時休業するのを前に6日から入館料が無料となり大勢の人が訪れています。

2月7日 夫婦の作品展
last up date 2013年03月25日

米子市在住の夫婦による作品展が南部町で開かれています。

2月3日 沖縄のチャーター便
last up date 2013年03月25日

米子と沖縄を結ぶ相互チャーター便が3日就航し、沖縄から大勢の観光客がやってきました。

2月2日 高専生が模擬選挙
last up date 2013年03月25日

米子高専の4年生が、選挙権を持つ前に、選挙の仕組みや意中の候補者を選ぶ傾向などを学び選挙に対する意識を高めました。

2月1日 寒ボタン見頃
last up date 2013年03月25日

松江市八束町のボタン園で、寒ボタンが見頃を迎えています。

1月31日 「痛車」EVを披露
last up date 2013年03月25日

米子市法勝寺町に31日、アニメやゲームのキャラクターなどを描いた車、通称「痛車」が登場しました。

1月30日 スケッチ展
last up date 2013年03月25日

米子市の男性がイギリスでの研修中に描いたスケッチ画の展示会が市内のギャラリーで開かれています。

太陽の光に当たれない病気「ポルフィリン症」を患う男性が27日、境港市役所を訪れ、先日厚生労働省に出向いて行った難病指定の請願活動について報告しました。

境港で水揚げされるクロマグロの内臓を原料にした調味料が完成し、26日、関係者が料理を試食して味を確かめました。

1月26日の「文化財防火デー」を前に25日、米子市の有形文化財に指定されている市役所旧館、山陰歴史館で消防訓練が行われました。

6年前にJR伯備線で保線作業員3人が列車にはねられ死亡した事故の七回忌法要が24日執り行われました。

1月23日 中村市長が公務に復帰
last up date 2013年03月25日

交通事故によるけがの治療のため療養していた境港市の中村勝治市長が23日、およそ3カ月ぶりに公務に復帰しました。

1月20日 海藻肥料の野菜販売
last up date 2013年03月25日

境港市の飲食店で20日、中海の海藻で作った肥料を使った農産物の販売が行われました。

1月19日 LED防犯灯を設置
last up date 2013年03月25日

米子市で防犯灯を従来の蛍光管からLEDに付け替える作業が行われました。

1月18日 春の山陰民窯展
last up date 2013年03月25日

山陰両県で活躍する窯元の作品を集めた展示販売会が18日から米子市のデパートで始まり、人気を集めています。

1月17日 春待つ稚アユ
last up date 2013年03月25日

日吉津村にあるアユ生産場では多くの稚アユたちが春の訪れを待っています。

米子市内のギャラリーで、大山の四季をテーマに開催した写真コンテストの作品展が開かれています。

今年の11月に県西部で開催される国際マンガサミットのPRなどを行う「勝手にマンガサミット応援団」が13日に結成されました。

1月12日 鳥取県の食が一堂に
last up date 2013年03月25日

鳥取県内のおいしいものを集めた物産展が米子市内の百貨店で始まり人気を呼んでいます。

米子市を拠点に活動する漫画家が、11日に野坂市長のもとを訪れ、漫画を通したまちづくりを進める「まんが王国とっとり」の建国をPRしました。

1月10日 高校生のかるた大会
last up date 2013年03月25日

米子市内の高校で10日、全校生徒が参加して新春のかるた大会が開かれました。

1月9日 皆生海岸で寒中水泳
last up date 2013年03月25日

米子市の皆生温泉海水浴場で9日、地域の人たちが寒中水泳をして今年1年の健康と活躍を祈願しました。

1月6日 今年は辰年
last up date 2013年03月25日

今年の干支は「辰」ですが、境港市の史料館には辰年にちなんだ生き物が登場し、訪れる人を楽しませています。

1月5日 世界の笛で演奏
last up date 2013年03月25日

世界各国の笛の音色を楽しむ演奏会が開かれ、集まった人たちが楽しいひと時を過ごしました。

1月4日 仕事始め
last up date 2013年03月25日

正月三が日を終えた4日から、県西部の各自治体では仕事始め式をして新年の業務に入りました。

1月3日 成人式
last up date 2013年03月25日

3日は、県西部の米子市と大山町それに日吉津村で成人式が開かれ、出席した若者たちが大人としての一歩を刻みました。

12月28日 仕事納め
last up date 2013年03月25日

県西部のほとんどの役所では28日に仕事納めをして1年を締めくくりました。

中海沿岸の4市でつくる中海市長会が出雲市を加えて新たなスタートを切ることになりました。

12月26日 スクールセミナー
last up date 2013年03月25日

米子市で26日、小学校や中学校の教育現場でタブレット型のパソコンや電子黒板などを使ったデジタル教科書の普及促進をはかろうと教育セミナーが開かれました。

12月23日 大山スキー場開き
last up date 2013年03月25日

大山のスキー場「だいせんホワイトリゾート」は23日、スキー場開き祭をしてシーズン開幕を祝いました。

鳥取県の平井知事は22日の定例会見で、中国電力との原子力安全協定を12月25日に締結することを明らかにしました。

来年の干支、辰年に合わせて平成24年の妖怪が「一反木綿」に決まりました。

ガイナーレ鳥取を応援する書とかすりを使ったパッチワークの合同作品展が米子市で開かれています。

北朝鮮の金正日総書記が死去したとの報道を受けて19日、鳥取県は情報連絡室を設けて対応にあたっています。

鳥取県西部広域交流ネットワーク「テゴネット」は、毎月各市町村にスポットを当てた「地域ふれあいフェスタ」を開催しています。今月は大山町月間です。このイベントに、地元で人気の大山おこわが販売されるということで、おこわを作っている大山町の女性グループ「弥生の風」さんをちょっと拝見しました。

12月15日 原発の安全協定は
last up date 2013年03月25日

米子市長と境港副市長が15日、鳥取県知事に島根原子力発電所に関わる中国電力との安全協定について締結を認める方針と条件について報告し、年内の締結を目指すことになりました。

12月14日 専門学校生の発表会
last up date 2013年03月25日

YMCA米子医療福祉専門学校の4年生が14日、卒業研究の発表会を開き、実習を通してまとめた論文を紹介しました。

交通量が増える年末に向けて13日から交通安全県民運動が始まり、飲酒運転の根絶や反射材の使用などを呼びかけました。

島根原子力発電所に関わる中国電力との協定について、米子市議会は12日に全員協議会を開き、賛成多数で安全協定の締結に同意しました。

12月9日 チャリティー絵画展
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部で活躍するアマチュア画家のグループが米子市内のデパートで9日から、東日本大震災の復興チャリティー展を開催しています。

12月8日 うそつきとうふの日
last up date 2013年03月25日

12月8日は、県内に古くから伝わる「うそつきとうふの日」です。米子市淀江町では、この日に合わせたイベントが開かれ、大勢の市民らでにぎわいました。

12月7日 日南町にメガソーラー
last up date 2013年03月25日

日南町の埋め立て地に、東京に本社を置くベンチャー企業が「太陽光発電所」を建設することになりました。

12月6日 ギンザケの養殖試験
last up date 2013年03月25日

三陸沖でギンザケを養殖していた水産会社大手の日本水産が、震災の影響を受けたため6日から境港市沖での養殖をスタートさせました。

12月5日 ユニセフ写真展
last up date 2013年03月25日

米子市で5日から、ユニセフ 国際連合児童基金の活動写真展が開かれ、多くの人に支援の輪を呼びかけています。

日南町多里地区で、木の葉からアロマオイルを抽出する実験が行われています。

境港で1日、魚を大きさや種類ごとに仕分けする大型の選別機の運用が始まりました。

米子市文化ホール多目的広場では、イルミネーションが始まり夜を彩っています。

11月29日 植樹のオーナー認定
last up date 2013年03月25日

米子市内の公園で29日、緑豊かな施設にしようと市民が樹木のオーナーとなって植樹しました。

農家と福祉作業所が連携して28日、学校給食用のブロッコリーを収穫しました。

11月25日 ソテツの冬支度
last up date 2013年03月25日

鳥取県内ではこのところ寒い日が続いていますが、本格的な冬を前に、米子市の湊山公園ではソテツのこも巻きをして冬支度を整えました。

伯耆町の男性がニューヨークのハーレム地区を写した写真展を開き、訪れる人の目を楽しませています。

南部町で23日、特産の富有柿を使った「全国柿の種吹き飛ばし大会」が開かれ、出場者がハワイ旅行目指して競いました。

11月22日 被災地へ新しい漁船
last up date 2013年03月25日

東日本大震災の津波で漁船が流された男性が、境港市で新たな船を調達し22日、故郷へ向け帰港しました。

米子市と大山町にまたがる妻木晩田遺跡の来場者が21日、40万人を達成しました。

11月18日 伯耆町の特産野菜
last up date 2013年03月25日

中海テレビ放送では、11月を「伯耆町月間」とし、様々な町の魅力をお伝えしています。今回は、「伯耆町の特産野菜」をご紹介します。

11月17日 EV軽トラの出発式
last up date 2013年03月25日

境港市の高校で17日、電気自動車に改造した軽トラックの使用が始まりました。

境港市が特産化を目指している伯州綿で作った「おくるみ」が16日、今年度生まれた赤ちゃんのお母さんに贈られました。

11月15日 雪氷作業車の出発式
last up date 2013年03月25日

本格的な冬の到来に備えて15日、高速道路の除雪などをする作業車の出動式が行われました。

米子市の弓浜半島に古くから伝わる「いただき」を日本全国に広めていこうと「いただきがいな隊」が結成されました。

松江市で7日に見つかったコハクチョウ1羽からA型インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて鳥取県は11日、野鳥監視活動を実施しました。

境港市の水木しげるロードで10日、米子市内の会社が街路灯とブロンズ像の清掃活動にあたりました。

11月9日 秋の全国火災予防運動
last up date 2013年03月25日

9日から秋の全国火災予防運動が始まりました。米子市内の高齢者施設では、消防と合同で訓練をして、万一に備えました。

11月8日 立冬
last up date 2013年03月25日

8日は、二十四節季の一つ「立冬」です。暦の上では冬に入りますが、南部町では昔ながらの炭づくりが始まっています。

11月7日 ズワイガニの初競り
last up date 2013年03月25日

今月6日に解禁となった冬の味覚ズワイガニが7日、境港に初水揚げされ港が活気づきました。

11月4日 富有柿の初出荷
last up date 2013年03月25日

梨やイチジクと並んで南部町の特産品である富有柿の選果作業が4日から始まりました。

11月3日 下町で国際交流
last up date 2013年03月25日

米子市の下町で3日、外国出身者と市民らが日本文化の体験を通して親睦を深めました。

11月2日 大山の紅葉 見頃
last up date 2013年03月25日

秋深まる大山で紅葉が見頃を迎えています。

米子市観光協会は11月3日に開く中心市街地をジョギングするイベントの参加者を募集しています。そこで、スポーツ観光マイスターの小原工さんにどんな内容なのかお話を伺いました。

10月31日 境港市で菊花展
last up date 2013年03月25日

境港市で、市の花に指定されている「菊」の展示会が開かれています。

10月28日 伯州綿製品を紹介
last up date 2013年03月25日

境港市が特産化に取り組んでいる「伯州綿」の商品が完成し、28日、中村市長が披露しました。

大規模災害などが発生した際に迅速な医療救護活動を行う鳥取県DMAT隊員の養成研修が27日から始まりました。

10月26日 大山で初冠雪
last up date 2013年03月25日

国立公園大山で26日、去年より1日早い初冠雪が観測されました。

10月25日 かんなくずでアート
last up date 2013年03月25日

伯耆町の男性がかんなで削った木くずを使って作品展を開いています。

10月24日 大山の紅葉
last up date 2013年03月25日

10月24日は二十四節季の一つ「霜降」でした。霜が降り始め、カエデやツタが色づき始める頃とされています。紅葉シーズンを迎えた大山を取材しました。

米子市内にある野外彫刻を題材に市民が撮影した写真の作品展が開かれています。

10月20日 大山環状道路が開通
last up date 2013年03月25日

台風12号の被害で通行止めになっていた県道倉吉江府溝口線、通称大山環状道路が20日、全線復旧しました。

米子市の皆生温泉で19日から、韓国人観光客へのサービス向上をはかろうと語学講座が始まりました。

日南町の福栄まちづくり協議会が、今月30日に健康づくりなどを目的にウォーキング大会を開催します。どんな大会なのかご紹介します。

10月17日 ゆるキャラカップ
last up date 2013年03月25日

各地の特産品などをPRするゆるいマスコットキャラクターいわゆる「ゆるキャラ」たちの大運動会が鳥取砂丘で開かれ、秋晴れの中熱い戦いを繰り広げました。

冬の使者、コハクチョウが14日、米子水鳥公園に初飛来しました。

10月12日 海岸の漂着物調査
last up date 2013年03月25日

海辺にどんなゴミが流れ着いているのか汚染実態を把握する調査が12日、弓ヶ浜で行われました。

境港市で13日事業所対抗の消火競技会が行われ、参加した人たちが防火への意識を高めました。

大山スキー場で11日から、リフトの取り付け作業が始まりました。

体育の日の10日、障がいのある人たちのスポーツ大会「全日本チャレンジドアクアスロン皆生大会」が開かれ、参加した人たちがさわやかな汗を流しました。

10月7日 生命のメッセージ展
last up date 2013年03月25日

交通事故で犠牲となった大学生のメッセージ展が米子市内の自動車学校で開かれ、訪れる人に安全運転の大切さを伝えています。

10月6日 米子市で総合防災訓練
last up date 2013年03月25日

鳥取県西部地震からちょうど11年を迎えた6日、米子市で津波を想定した防災訓練をして、万一に備えました。

10月5日 神社参道の修繕作業
last up date 2013年03月25日

先の台風12号で被害を受けた大山町の大神山神社参道で5日、ボランティアの人たちが修繕作業にあたりました。

10月4日 自宅でアケビ実る
last up date 2013年03月25日

南部町のお宅では、たくさんのアケビが実り、食べごろを迎えています。

南部町で3日からバスに関する2つの取り組みが始まりました。

大山町と八橋警察署が30日、暴力団排除を目的とした合意書に調印し、今後、互いの連携を強化していくことを確認しました。

境港と韓国のプサンを結ぶ新しい国際定期航路が就航したのを記念して29日、セレモニーが行われました。

9月28日 魚の供養法要
last up date 2013年03月25日

境港市で28日、水産関係者らが魚の供養法要をして、今後の豊漁を願いました。

日本で初めて航空自衛隊美保基地に配備が予定されている次期輸送機C‐2について、地元の住民と境港市、防衛省が意見を交わしました。

9月26日 花回廊のサルビア見頃
last up date 2013年03月25日

南部町にあるとっとり花回廊では、今、サルビアの花が見頃となり訪れる人たちを迎えています。

9月23日 日野川源流の碑 建立
last up date 2013年03月25日

日南町にある日野川の源流に23日、「日野川源流の碑」が建立されました。

9月22日 生食用食肉の講習会
last up date 2013年03月25日

10月1日から生食用の食肉にかかる規格基準が施行されるのを前に22日、鳥取県が講習会を開いて加工法などを説明しました。

9月21日 パリに渡って50年
last up date 2013年03月25日

日南町出身の画家足羽俊夫さんが、フランス・パリに渡って今年で50年になるのを記念して、日南町美術館ではこれまでの芸術活動の軌跡を紹介する特別展を開いています。

9月20日 電気自動車に試乗
last up date 2013年03月25日

米子市で20日、鳥取県や県内企業などが出資した電気自動車の先行開発車第一号の試乗が行われました。

19日は「敬老の日」です。各地でイベントが行われていますが、境港市では市長が今年100歳を迎えた長寿者宅を訪問して、伯州綿のひざ掛けを贈りました。

先の台風12号で海岸に大量のゴミが漂着したのを受け16日、皆生温泉旅館組合の人たちなどが清掃作業を行いました。

9月15日 ネパールの写真展
last up date 2013年03月25日

ネパールで暮らす人々の様子を撮影した写真展が大山で開かれ、人気を集めています。

大山梨選果場で14日、ロシアへ輸出する梨の選果作業が行われました。

米子市にある八幡神社から珍しい掛け軸と刀が見つかり13日、報道陣に公開されました。

9月12日 鉄道マン65年の歩み
last up date 2013年03月25日

65年間鉄道に関わる仕事を続けている男性が、米子市内のギャラリーで人生の軌跡をつづった歩み展を開いています。

9月9日 ベニズワイガニ初水揚げ
last up date 2013年03月25日

今月1日に解禁された日本海の秋の味覚ベニズワイガニが9日、境港で去年より3日遅い初水揚げを迎えました。

9月8日 地元作家の屏風を紹介
last up date 2013年03月25日

米子市美術館で地元にゆかりのある作家の屏風を集めた展示会が開かれています。

陶器やガラス製品など、鳥取県内の若き作家たちが手掛ける民工芸品の販売コーナーが7日、米子市内の百貨店に初めて設置されました。

9月6日 古タオル・古布贈る
last up date 2013年03月25日

県西部の企業でつくる団体が6日、米子市と南部町の介護施設などに古タオルを贈りました。

9月5日 台風12号の被害は
last up date 2013年03月25日

4日に鳥取県を縦断した台風12号は、各地で混乱をもたらしました。どのような爪痕を残したのか、台風12号による被害を振り返ります。

9月2日 台風の影響
last up date 2013年03月25日

大型で強い台風12号は2日午後5時現在、四国の室戸岬の南の太平洋上にあり、ゆっくりとしたスピードで北上しています。

9月1日は大正12年に発生した関東大震災の教訓を忘れないようにと定められた「防災の日」です。この日境港市では津波警報の訓練放送や、緊急時の避難所の協定を結んで災害への備えを強化しました。

境港で31日、ベニズワイガニ漁船の出漁式が行われ、関係者がシーズン中の安全と豊漁を祈願しました。

8月30日 二十世紀梨 初出荷
last up date 2013年03月25日

鳥取県の秋の味覚、二十世紀梨の選果が30日から大山町で始まりました。

8月29日 市議が中海視察
last up date 2013年03月25日

米子市議会の議員らが29日、中海周辺で行われている農業や漁業など整備事業の進捗状況を視察しました。

境港市の上道公民館に、今年もど根性スイカが実ったという情報をいただきました。そこで、どのように成長したのかちょっと拝見してきました。

米子水鳥公園で25日、季節外れのコハクチョウが確認されました。

道路脇の清掃や草刈りなどを行っている団体「ボランティア・ロードIN米子連絡協議会」が国土交通大臣表彰を受賞し、24日、伝達式が行われました。

境港市に進出した京都のベンチャー企業の子会社、DSコーポレーションが23日、竣工式をして、工場の完成を祝いました。

中海をクルージングしながら水環境について考えてもらおうというイベントが21日に開かれ、多くの市民が参加しました。このイベントを振り返ります。

JR米子駅に寄せられた東日本大震災の被災地へのメッセージが19日、被災地支援を行う米子市の職員に手渡されました。

8月18日 米子市議会の防災対策
last up date 2013年03月25日

18日に開かれた米子市議会の総務企画委員会で、出席者らが市の防災対策について意見を交わしました。

鳥取大学医学部附属病院は17日、内視鏡手術ロボットを導入してから1年が経過したことから、その成果などを発表しました。

南部町のとっとり花回廊で夏を彩るハイビスカスの花が咲き、訪れる人を楽しませています。

8月15日 夏の成人式
last up date 2013年03月25日

お盆の帰省に合わせて15日、県西部の3町で成人式が行われ、新たな門出を祝いました。

国道431号の渋滞緩和に向けた社会実験で、う回路に誘導する看板が各地に設置されました。

鳥取県は11日から、県内でと畜される全ての牛について放射性物質の全頭検査を始めました。

8月10日 大山に秋の気配
last up date 2013年03月25日

暑い日が続きますが、大山には早くも秋の気配が漂っているようです。

県西部の子どもたちから応募のあった中海をテーマとしたポスターコンクールの審査会が9日に開かれ、最優秀賞などを決めました。

8月8日 「戦争の記憶」展
last up date 2013年03月25日

米子市内で、太平洋戦争の資料を集めた展示会が開かれ、訪れた人に戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えています。

境高校の軟式野球部が鳥取県勢として30年ぶりに全国大会に出場することになり5日、境港市長に抱負を語りました。

8月4日 財政バスツアー
last up date 2013年03月25日

米子市の財政を学ぶバスツアーが4日に開かれ、参加した中学生が税金について理解を深めました。

再来年夏の完成を目指す米子市の図書館と美術館整備にともない3日、基本設計について市民が懇談会を開き、意見交換しました。

8月2日 熱中症パトロール
last up date 2013年03月25日

職場での熱中症を予防しようと2日、鳥取労働局の担当者らが、米子市内の建設現場をパトロールしました。

8月1日 ヒマワリ見頃
last up date 2013年03月25日

大山町茶畑集落の人たちが育てたヒマワリの花が見頃を迎えています。どんな様子かご紹介しましょう。

学校のグラウンド整備で流れ出た土砂をきれいにしようと29日、米子東高校の生徒らが清掃活動に汗を流しました。

大山口列車空襲の慰霊祭が28日行われ、参列した人たちが亡くなった多くの犠牲者に祈りを捧げました。

7月27日 元町交流センター完成
last up date 2013年03月25日

米子市元町通り商店街に27日、食堂やコミュニティースペースを備えた交流センターが完成しました。

米子市の野坂康夫市長や高校の校長らが26日、米子商工会議所に対して、来春卒業を予定している高校生の求人を確保するよう要請しました。

7月25日 熱中症予防の健康講座
last up date 2013年03月25日

米子市で25日開かれた健康講座で、参加した人たちが熱中症の予防について学びました。

境港市観光協会は東日本大震災の復興支援ソングを完成させ、22日、関係者に披露しました。

福島原発の事故の影響で、各地で原子力発電に対する不安が高まっていますが、境港市では市民向けの研修会が開かれました。

地元の食材を活かして地域の活性化をはかる「名物料理を作る会」が20日、試食会を開いて新作の味を確かめました。

7月19日 「海の日」表彰式
last up date 2013年03月25日

国民の祝日である「海の日」に合わせて19日、長年勤務している船員や海事関係者を表彰する記念式典が行われました。

米子市の加茂地区で18日、地元の人たちが清掃活動に汗を流しました。

7月15日 日南トマト初出荷
last up date 2013年03月25日

県内有数のトマトの産地である日南町で15日、選果場の竣工式と出発式が行われました。

7月14日 グラウンドゴルフ大会
last up date 2013年03月25日

日吉津村で14日開かれたグラウンドゴルフの大会で、参加した選手が日頃の練習の成果を発揮しました。

7月13日 夏の交通安全県民運動
last up date 2013年03月25日

夏の交通安全県民運動が13日から始まり、警察官や地域の指導員らが市民に交通事故防止を呼びかけました。

7月12日 ハスの花見頃
last up date 2013年03月25日

米子市の伯耆古代の丘公園でハスの花が見頃となっています。

7月11日 韓国大学生が茶道体験
last up date 2013年03月25日

韓国ハンリム大学の学生がホームスティで南部町を訪れており、11日には町内で茶道を体験しました。

7月8日 韓国の学生が海岸清掃
last up date 2013年03月25日

自転車で移動しながら日本海のゴミを拾う活動をしている韓国の学生が8日、米子高専の学生と一緒に弓ヶ浜海岸を清掃して環境問題について考えました。

7月7日 住宅火災で2人死亡
last up date 2013年03月25日

7日の未明、境港市で住宅を全焼する火事があり、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。

7月6日 米子がいな祭の祈願祭
last up date 2013年03月25日

今月30日と31日に開かれる第38回米子がいな祭を前に6日、関係者が市内の神社で祭りの成功を祈りました。

米子市の絵画教室に通う子どもたちが自由に描いた作品を集めた展示会が開かれ、話題を呼んでいます。

7月4日 高校生の乗船実習
last up date 2013年03月25日

境港で4日、高校生が航海技術などを学ぶ2週間の乗船実習をスタートさせました。

7月1日 高校でマグロ解体授業
last up date 2013年03月25日

境港市内の高校で1日、クロマグロの解体授業が行われ、参加した生徒達が地元の魚に親しみました。

伯耆町にある米子自動車道の大山パーキングエリアに30日、ETC登載車専用の出入り口、スマートICが開通しました。

米子市と南部町にまたがって整備が進められている国道180号南部バイパスの一部区間の供用が29日から始まりました。

国土交通省中国地方整備局と境港市は28日、災害協定を結び、境港市内で災害が発生した際、国土交通省の職員が現地情報連絡員として派遣されることになりました。

6月27日 中海で泳ぐイベント
last up date 2013年03月25日

中海の水質浄化に取り組んできたプロジェクトが今年、節目の10年目を迎え、中海を泳ぐイベントを開きました。

ロシアの国立サーカス団のメンバーが24日、境港市役所を訪問し、今後も定期貨客船を利用して日本にやってきたいと話しました。

米子市の自治会がコミュニティーセンターを建設することになり、23日に起工式をして工事の安全を祈りました。

6月22日 被災地へ救援物資を
last up date 2013年03月25日

東日本大震災の被災地である福島県へ救援物資を送ろうと米子市内の男性がプロジェクトを立ち上げ今週末に物資の受け付けを行います。そこで「救援物資を募る会」発起人の池田康一さんにお話を伺いました。

6月17日 民家で花ショウブ見頃
last up date 2013年03月25日

米子市内の民家で花ショウブが見ごろを迎えています。

6月21日 境港市展
last up date 2013年03月25日

境港市の美術展覧会が開かれ、市民から寄せられた力作が訪れる人の目を楽しませています。

6月20日 輸出車の放射線検査
last up date 2013年03月25日

境港市にある中古車輸出会社が20日、輸出する車の放射線検査をして安全を確かめました。

6月16日 大山選果場に新選果機
last up date 2013年03月25日

JA鳥取西部の大山梨選果場に新しい機械が導入され、16日、関係者が視察しました。

6月15日 父の日にバラを
last up date 2013年03月25日

今月19日の父の日を前に15日、境港市のバラ農家が市役所を訪問して、市長に花束を贈りました。

6月14日 放射線監視を強化
last up date 2013年03月25日

鳥取県は14日から、島根原子力発電所にかかる放射線量の定期調査について新しく測定場所を増やすなどして、監視体制の強化をはかることにしました。

6月13日 国道の節電対策
last up date 2013年03月25日

鳥取と倉吉の河川国道事務所は13日から、管理する県内3つの国道の照明と山陰道などのトンネル内の照明を夜間に消灯する節電の取り組みを始めました。

6月10日 道路ののり面を点検
last up date 2013年03月25日

これまでの大雨や今後の集中豪雨に備えて、国土交通省の職員らが国道9号など道路ののり面を緊急点検しました。

鳥取・島根両県の民間企業で組織する環日本海経済活動促進協議会の総会が9日に開かれ、今年度の事業について報告しました。

6月8日 淀江傘と織物展
last up date 2013年03月25日

米子市淀江町の伯耆古代の丘公園で、淀江傘と織物を紹介した作品展が始まりました。

6月7日 ハマヒルガオ見頃
last up date 2013年03月25日

このところ、暑い日が続いていますが、弓ヶ浜海岸では、ハマヒルガオが見頃を迎え、海岸の初夏を彩っています。

6月6日 米子人生大学 開講
last up date 2013年03月25日

生きがいのある暮らしにつなげていこうと毎年開かれている米子人生大学が、今年度も6日に開講しました。

6月3日 県警の合同訓練
last up date 2013年03月25日

松江市で3日、鳥取島根両県の警察が合同で連携を強める緊急配備訓練を行いました。

6月2日 境港市の国際交流員着任
last up date 2013年03月25日

東日本大震災の影響で来日が遅れていた境港市の新しい国際交流員が着任しました。

6月1日 人権擁護委員の日
last up date 2013年03月25日

6月1日は「人権擁護委員の日」です。この日に合わせて米子市と境港市では、委員らが街頭啓発をして、理解を呼び掛けました。

5月31日 マグロの水揚げ 続く
last up date 2013年03月25日

境港は31日もクロマグロの水揚げがあり、活気づきました。

5月30日 両県知事会議
last up date 2013年03月25日

鳥取県の平井知事は30日、島根県の溝口知事と対談して、原子力の安全対策などについて認識を確認し合いました。

5月27日 朝どれ野菜の出発式
last up date 2013年03月25日

高冷地で栽培される日南高原朝どれ野菜の出発式が27日に行われ、岡山市内のスーパーに出荷されました。

5月26日 農家食堂プレオープン
last up date 2013年03月25日

伯耆町福岡地区に廃校となった小学校を活用した食堂が完成しました。

5月25日 大山登山道の整備
last up date 2013年03月25日

大山の夏山開きを前に25日、登山道の整備が行われました。

5月24日 大山で伝統の「御幸」
last up date 2013年03月25日

平安時代に始まったとされる大山寺の御輿行幸が24日に行われ、大山に初夏の訪れを告げています。

5月23日 サボテンの花 満開
last up date 2013年03月25日

米子市内の住宅でサボテンの花が一斉に咲き、訪れる人の目を楽しませています。

米子市内の高校で20日から、校舎の壁面に植物を育てて省エネをはかるグリーンカーテンの取り組みが始まりました。

5月19日 合同潜水訓練
last up date 2013年03月25日

境海上保安部と境港消防署が19日、合同で潜水訓練を行い、連携を強めました。

5月18日 南部町のウド栽培
last up date 2013年03月25日

南部町の人たちが、4年前から特産化に取り組んでいるウドが、今年も元気に育ち、栽培農家を喜ばせています。

5月17日 大山で遭難救助訓練
last up date 2013年03月25日

来月の夏山開きを前に17日、大山で遭難救助訓練が行われました。

日南町日野上地区の人たちが、ウォーキング大会に参加して、地元の魅力を再発見しました。

5月13日 ソウル便支援ツアー
last up date 2013年03月25日

東日本大震災の影響で、米子‐ソウル便の韓国人利用客が激減していることを受けて13日、米子商工会議所のメンバーが支援ツアーに出発しました。

5月12日 移動販売車で巡回
last up date 2013年03月25日

日野郡などの中山間地をまわっている移動販売車に12日、地元の病院の看護師が同行し、訪れる買い物客の健康相談に応じました。

5月11日 春の全国交通安全運動
last up date 2013年03月25日

11日から春の全国交通安全運動が始まり、各地で啓発活動が行われています。

米子がいな祭の事務所開きが10日に行われ、関係者が成功を誓いあいました。

5月9日 春の町民運動会
last up date 2013年03月25日

米子市の和田町に住む人たちが、春の町民運動会に参加して、さわやかな汗を流しました。

日南町の福栄地区で、絶滅危惧種のサクラソウの自生地が発見されてから10周年を迎えましたが、今、現地ではサクラソウの花が見頃を迎えています。

5月5日 こどもの日
last up date 2013年03月25日

5月5日の子どもの日にちなんで、各地で子どもたちが楽しいひと時を過ごしました。

5月4日 水木ロードにぎわう
last up date 2013年03月25日

4日の「みどりの日」は朝から天候に恵まれ、境港市の水木しげるロードは多くの観光客で賑わっていました。

米子市淀江町にある日吉神社では、毎年恒例の神幸神事が行われ、威勢のよい掛け声が町内に響き渡りました。

5月2日 法勝寺電車の資料展
last up date 2013年03月25日

かつて米子市から南部町までを走っていた法勝寺電車の資料展が、米子市内で開かれており話題を呼んでいます。

サイト内検索