地域情報誌「コムコムマガジン」

2019年11月号

こんにちは。コムコム編集部の細田です。
11月号はついに始動!!コムマガ編集部健康部の健康法特集です。

コツコツ健康を維持したいあなたにもしっかりトレーニング!
シェイプアップしたいあなたにもオススメ!!
タイプ別で見て頂ける企画となっております。

今回はタイプ別に4つのスポットに取材に行ってきました★
Webではそれぞれのプラスワンポイントをご紹介しますねー!!
タイプA みぞくちテラソ(伯耆町溝口)
カフェスペースで休憩

「色々やってはみるけど長続きしない…、まずは運動習慣を身に付けたい!」
という方に15分から始められるプログラムが魅力的でした。

カラオケの機種はJOYSOUND!!充実の設備です。
大きな声で思い切り歌ってすっきり発散できます!

さらに、挽き立てコーヒーをいれてくれるマシーンや自動販売機も完備の休憩できるカフェスペースもあります。
おしゃべりしたり、本を読んだりゆっくりできる憩いスペースです♪

TEL:0859-62-7110
住所:鳥取県西伯郡伯耆町溝口647番地
   伯耆町役場 溝口分庁舎5F
営業時間:月〜金曜日  10:00〜20:00
     土曜日/祝日 10:00〜19:00
定休日:日曜日
価格:テラソ会員 3,300円(税込)/月額
   
タイプB フィットネス&スタジオパル(伯耆町大殿)
足湯でおしゃべり時間

「自分時間がなかなかとれない、運動時間を確保して忙しい毎日でも疲れにくい身体を作りたい!」
という方にマシーンやトランポリンを使って楽しく体幹を鍛えられるプログラムが魅力的でした。

ヨガやダンス、ステップ台を使ったプログラムやキッズクラスもあるので親子で通ってみるのも良いですね!

こちらの施設には、足湯の他にもハンモックにのってのんびりできるフリースペースや、 芝生、プールもある温泉、お食事処も、併設されています。

充実の設備が整っているので、たまには自分時間を確保してゆっくり満喫してみるのはいかがでしょう?

TEL:0859-68-4811
住所:鳥取県西伯郡伯耆町大殿1010
営業時間:月〜金曜日 10:00〜21:00
     土曜日   10:00〜20:00
     日・祝日  10:00〜19:00
定休日:水曜日
価格 :正会員    6,050(税込)/月額
    伯耆町 町民会員 5,500(税込)/月額
    そのほか平日シニア会員やジュニア会員も
   
タイプC フィジカルパワージム(米子市灘町)
自分に合ったトレーニングを相談

「緩んだ身体を引き締めたい!!でも一人じゃ続かない〜」 という方に、
ひとりひとりの体に合わせたトレーニングや体づくりが魅力的でした。

毎週月曜の10:30からは「ボディメイク 入門クラス」があり、少人数制のグループトレーニングで、「よし!私も頑張るか!」とモチベーションが上がります。
効果的でキレイに痩せたいけど、パーソナルトレーニングはちょっと不安…と感じている⽅にぴったりです。

入門編に物足りなくなったら、パーソナルトレーニングに切り替えてステップアップを目指してみるのも◎!

TEL:080-5630-0820
住所:鳥取県米子市灘町3−26
営業時間:10:00〜24:00(最終受付時間)
定休日なし
価格:体験80分3,500円
   パーソナルトレーニング
   :90分×5回→37,500円
   :90分×10回→75,000円
   :90分×17回→119,000円
※1回コース、少人数制トレーニングなどもあります。    
タイプD 笑いヨガ(日野町家崎耕平さん)
全身を使って笑います

「「忙しい毎日、ストレスも溜まりがち…」
何かすきま時間で発散できること無いかな…という方に、道具は何もいらない!!
笑いで意識を変えて心も身体も健康に!!
いつでも実行できる新感覚の健康法が魅力的でした。

大人になるにつれて笑う機会が少なくなり、仕事中は眉間にしわが… なんて方も少なくないと思いますが、笑いヨガはまず、とにかく笑うことから始まります。

最初は恥ずかしくて、ぎこちない笑いでも 脳は作り笑いと本当の笑いを区別できないので、作り笑いがそのうち本物の笑いにすり替わるんだそう。

ぜひ一度体感してみてください。
帰り道は、思い出し笑いできっと自然とニコニコしちゃいます。

TEL:080-2920-7528(家崎さん直通)
予約制・出張講座
移動の距離や時間などによってかわります。
気軽にお問い合わせください。
今回のテーマは「自分を受け入れること」なんか自己啓発の本のタイトルにありそうですね…。
でも、私が今自分らしく生きれるようになったのは、これに尽きると思います。


全て人のせいにしていた20代

高卒でフリーターで生計を立て、365日バイトと遊びに明け暮れているときは、仕事は遊ぶお金を稼ぐためだと思って毎日仕事をしていました。
その時のゴールって、結婚して、子ども産めるのが夢!みたいな今考えるとそんなの夢じゃ無いなって事を真剣に将来設計に組み込んでいたんです。

そんな思いで仕事をしているので、仕事に対する不満も多くて、「こんなにやってるのに時給安い!」とか「分かってない上司にいっつも文句言われる」「こっちは人が居ないときに来てあげてるのに!」みたいな傲慢な仕事の仕方をしていました。

その時は、自分の失敗や嫌なことがあると全部人のせいにしていました。
そしてどこまでも自分中心で世界が回っていると思ってるんですよね。

そんな生活も26才を越えてくると結婚と子ども産んだら、そのあとどうするんだろう?
結婚したら幸せになれるんだろうか?子どもを育てるって夢なんだっけ?と悩む様になりました。

その時に考えたのは、今の私に出来る事はなんだろう、ということ。



自分の“棚卸し”をする
学生時代と社会人になってから、どんなスキルが身に付いて、自分のやりたい事、やりたくない事、苦手な事、得意な事はなんだろうかと自分の事を客観的に見ながら”棚卸し”をしました。

その時に気が付いたのが、どの瞬間もその道を選んだのは自分だ。ということ。
当たり前なんだけど、その瞬間強制的に決められることなんてほとんどありません。
仕事を選ぶ時、辞めるとき、友達と遊びに行く時…どれも自分が気が乗らなくてもやると決めた事だということ。

自分で決めた事を人のせいにして、これが良く無かった。あれは嫌だった。というのって、
結局解決にならないんだなという事に気が付くと、まず人のせいにするのは置いといて、選んだならどうやったら良くなるか、楽しくなるかを考えるようになりました。



ポジティブシンキングになるためには
ここ、私のだめな所だなって目を背けたい事も、ちゃんと棚卸しすると、そうはいっても似たようなダメな人もいるし、こうしたらいいのになって、他人になったつもりで自分を見ると答えが出たりします。

自分をちょっと外から見るって、人によってコツがあると思いますが、私は嫌な所や好きな箇所を知り合いや漫画のキャラクターに例えて想像します。
こういう人が目の前に居たら、私ならどうやってアドバイスするかな…
今嫌な言い方だったなー○○さんみたいな言い方。こういうときは何て言い直したらいいのにって思うかなとか。
あとは○○さんにこう言ってもらえたら嬉しいなとかあのマンガのキャラクター良いこといってたわ!私もこう言おう!とか…自分には言えないことも他の人に置き換えるとすんなり言える事って意外と多いんですよね。

こういうやり方に慣れてくるといつの間にか何に対してもポジティブに考えられるし、自分のだめな所とか嫌な所も受け入れられるようになるんですよね。



好きな物を続けるための棚卸し
話しが少し戻りますが、好きな物を続けるために必要なことって、自分の棚卸しをすることなんだと思います。
好きな物はって言われても意外と自分の表面的な好きしかしらない事がおおくて、もっと本質の好きってのは人に好かれること、感謝されること。だったりします。
その事が分かるだけでも世界が変わるし、自分の考え方も変わります。
私なんかは180度変わったんじゃないかな。

でも、これの大事な所は人に言われるとダメって事。
人に自分の嫌な所を指摘されたら凹むし、アドバイスもらっても素直に受け取れないことも。
自分で気が付いてこうしたらいいって思ったら、それはなっとく出来るはず。
人に言われてやってしまうと、失敗したときにその人のせいにして逃げちゃうから、それはよくないんですよね。

とても難しい事ですが、もしこれを読んだ人がこれから自分ってどうなるんだろう?と先が見えない状態なら、一度ゆっくり自分の棚卸しをしてみてください。
そして、ゆっくり考えながら必要なものだけを残して、いらない本は捨てましょう(笑)
もうすぐ冬だし、お家に籠もることも多くなると思います。そんな時は一人でゆっくり自分と向き合ってみるのもおすすめですよ!
アンケートにお答えいただいた方に抽選に素敵なプレゼントをご用意いたしました!

今号のプレゼントは、
ツボラボ足マッサージャーを5名様、腹筋ローラーSHORT(専用膝マット付)を3名様、のびちゃんを2名様の合計10名様
にプレゼントいたします。
応募締め切りは2019年11月20日(水)です。ご応募お待ちしております!
コムコムマガジンの特集を作っている米子コンテンツ工場って?
米子コンテンツ工場メンバー
いつもコムコムマガジンを読んでくださってありがとうございます。
私たち、米子コンテンツ工場が冊子とWebの特集ページを作っています。

みなさんからのアンケートも楽しく読ませていただいております。それを元に、地元のおすすめスポットを探し、日々奔走しています。私たちならではの視点で、みなさんに楽しんでいただけるコムコムマガジンを目指します。

おすすめスポットがあるよ!という方、取り上げて欲しいテーマがある方は、ぜひアンケートにもご記入ください!

また、Instagramもやっていますので、commaga2018を検索してみてくださいね。「#comcommag」をつけての投稿もお待ちしております。
過去のコムコムマガジン
last up date 2019年10月25日