地域情報誌「コムコムマガジン」

こんにちは。コムコムマガジン編集部の渡部です。
12月号は「ウェルカニ料理コンテスト」に私たち編集部の3人が潜入取材してきた様子を掲載。取材を通して、改めて山陰に暮らす幸せを再確認しちゃいました。


今回私たちは審査員として、このコンテストに潜入。
私たちも人の子ですから、「これが美味しかった!」「あれが一番好きだった!」と言いたくなる気持ちはあります!が、グッと堪えて、公平にいきますね(笑)。


「旅館・ホテル部門8店舗」「飲食店部門7店舗」計15品のカニ料理は、冊子に全部載っていますのでじっくりご覧くださいね。
Webでは、潜入裏話をお届けします。

コンテスト取材スタ〜ト★
ウェルカニ料理コンテストスタート

特別審査員(30名)と一般審査員(30名)の合計60名が会場に集まりました。
このコンテスト主催の「名物料理を作る会」事務局長の戸田さんより、「人数分しかないので、ひとり一皿ずつですよ」と注意があったのにもかかわらず!最後には、「あれ食べてない」という人がチラホラ……。
なんと編集部細田も「私もあれ食べてない……」と。後日また言ってたくらい(笑)。食べ物の恨みは恐ろしいですね。

「パルディア」の収録に遭遇!!?
パルディアの収録の後ろで

初めての「ウェルカニ料理コンテスト」開催だったので、色々なメディアの方が取材に来ておられました。コムマガ読者の皆さんにもおなじみ『パルディア』からも、「ほのまる」のお2人が!
後ろで盗み聞きしていましたが、さすがのボキャブラリーの多さ。テレビは瞬時に味を判断したり、色々こなさないといけないので、頭の回転の速さが求められますね。

審査員という重大任務を無事終えて…
自分に合ったトレーニングを相談

審査を終え、海を眺めて達成感に浸るコムマガ編集部員。
山陰の海のめぐみなくしては、このコンテストは成立しない!!これからもこの海と自然に感謝して、環境を大切にしよう、と誓うふたりなのでした。


山陰の人も、そうでない人もカニを食べにウェルカニ山陰!!プレゼントは、もちろんカニがお得に食べられるチケットです。コムマガからのプレゼントの他に、「ウェルカニ料理 インスタチャレンジ」もありますので、挑戦してみてください!「#comcommag」も一緒につけていただけると嬉しいです。

今やっていることにちょっと退屈だなと感じたら、思い切って今まで苦手だったことや、やったことが無いことにチャレンジしてみませんか?

一見今の仕事ややりたい目標とは真逆かもしれないことも、実際にやってみると好きな事との共通点を見つけたり、目標への近道になることも。一番もったいないのは「興味ないから」でやるチャンスを潰しちゃうこと。

今回のWebコラムでは苦手な事をやり始めるコツをお話します。




関係ないことを楽しもう
最近人に会うとよく、「おもしろい事が無い」「趣味とか特になくて」っていうセリフを聞きます。
昔私もこれと言った趣味と言えばカラオケか、ドライブくらい……。
人に自慢できるような趣味も無くて何をしているときが一番楽しいかなんて無いから退屈だったことがありました。

でも、そんな時に友達から勧められたスノボやハンドメイドなどがめちゃくちゃ楽しくて、ハマった時期がありました。
はっきりいってそれまでは下手だし絶対やらないーって思ってたんですよね。でも、あまりに暇だったのでちょっとやってみようか、みんなも行くなら行ってみようかなくらいの気持ちで始めたんです。

一人で行ってたらつまらなかったかもしれませんが、みんなと一緒だったからか、最初の1回目が滅茶苦茶おもしろくて。
それからすぐにボードも買って、一式道具も揃えて毎週、たまには一人でも滑りに行くくらいハマっていました。

人って新しい趣味とか遊びを覚えるときって、盲目になれると思うんですよね。子どもが新しい玩具を買ってもらってそればっかり遊ぶみたいな。




やらない理由
ハマるものって、自分では見つけられなかったり、苦手そうって最初から決めつけている事が多かったりします。
興味がないから、遠いから、寒いから、時間がないから、お金がかかるから...色々遠ざけちゃう理由はいーっぱいある。だから、おもしろい物が見つからなくて退屈だったり日々の生活が嫌になったりするのかなとも思います。

楽しい事が見つかると大抵の人は嫌なこととか苦手な事が気にならなくなって、とにかく早く楽しい事に集中したいって思うはず。
そういう楽しみっていうのは、なかなか自分では見つけられないから、色んな人に聞いたり、一緒になって始めたりするのがおすすめ。
私も最初は人に誘われないとはじめなかったんですが、一度そうやって苦手そうでも楽しめると言う事を知り、今では自分からなんでもやってみようかなって思える様になったと思います。

そうやって楽しいが増えていけば、自然とそれが仕事や人との縁に繋がって行くし、好きな物や楽しいものが勝手に自分に集まってくる。楽しい事が無い、趣味が無いって人は、ぜひ一度興味がない事にチャレンジしてみて欲しい!




嫌いは好きの反対
特に絶対嫌!って思っている事とかの方がハマる可能性は高いかも(笑)
だって、それだけ強い感情があるものだから、おもしろいかもって思った瞬間にすごい好き。に変わる可能性があるから!

前からやってみたいと思っていた事よりは、あえて興味が無い物、嫌いだと思っていることへのチャレンジ、おすすめです。

この冬もまた雪のシーズン、外に行くのが苦手、嫌いって思って居る人はまず思い切って外に出てみると、新しい発見があるかも知れませんよ!

コムマガ読んで、おもしろい箇所があればぜひ行ってみてくださいね。
アンケートにお答えいただいた方に抽選で素敵なプレゼントをご用意いたしました!

今号のプレゼントは、
冊子 6ページウェルカニ料理コンテスト参加店 の内、カニマーク付きのお店で使える
【500円引きチケット×4枚セット(2,000円分)】
を合計10名様にプレゼントいたします。詳しくは冊子をご確認ください。
応募締め切りは2019年12月20日(金)です。ご応募お待ちしております!
コムコムマガジンの特集を作っている米子コンテンツ工場って?
米子コンテンツ工場メンバー
いつもコムコムマガジンを読んでくださってありがとうございます。
私たち、米子コンテンツ工場が冊子とWebの特集ページを作っています。

みなさんからのアンケートも楽しく読ませていただいております。それを元に、地元のおすすめスポットを探し、日々奔走しています。私たちならではの視点で、みなさんに楽しんでいただけるコムコムマガジンを目指します。

おすすめスポットがあるよ!という方、取り上げて欲しいテーマがある方は、ぜひアンケートにもご記入ください!

また、Instagramもやっていますので、commaga2018を検索してみてくださいね。
「#comcommag」をつけての投稿もお待ちしております。
過去のコムコムマガジン
last up date 2019年11月26日