地域情報誌「コムコムマガジン」

コムコムマガジン4月号

こんにちは。コムコムマガジン編集部の村上です。 

今年は桜の開花が早くて、春を感じるのが少し早かったですが、4月になってより多くの花がおうちの庭先でもみられるようになりましたね。いよいよ春です! 

 

4月号は新しいことを始めるのにぴったりな特集です。 紙面では載せきれなかった詳細情報や、インタビューを深掘りしていきます。

PDFダウンロード
プレゼントフォーム
Facebookリンク
Instagramリンク
ポリテクセンター米子

ポリテクセンターでは、ものづくりに関わる職業へ就職を目指す方の訓練校です。

4月に募集している産業技術科、ビル管理技術科、電気設備施工科(ビジネススキル講習付)をご紹介!

産業技術科

産業技術科は、在所中に10個の資格が取得できるお得な科。鉄鋼や物流業界で必要になる資格と技能が身に付きます。

ダイナミックな溶接の仕事をしたい人、資格をとって就職活動に活かしたい人などにおすすめです。

産業技術科

ビル管理技術科は、建物設備について幅広く訓練する科です。幅広い内容を訓練するので、自分が何に興味があって、どんな仕事が向いているか迷っている方も、新たな自分を発見できるチャンスです。

今回から定員数が増えて、ますます注目の科です!

ダイナミックな溶接の仕事をしたい人、資格をとって就職活動に活かしたい人などにおすすめです。

産業技術科

電気設備施工科は、家の中のほとんどの電気設備を施工できるように訓練します。私たちの生活に欠かせない電気の工事現場で生きる実践的な作業を学べます。

産業技術科Fさん
質問

B 10個の資格が取得でき、広い視野で職探しできると思い産業技術科を受講しました。多くの資格を取れる分、学習範囲が広く、「意外と忙しい」というのが最初の印象でありました。

ポリテクセンターの生活に慣れてくると、毎日が新しいことの連続。

今取り組んでいる課題をクリアするために、考え工夫し、実践し、また考える。その過程がとても楽しいです。

受講期間の6ヶ月は時間が経つのがとても早く感じました。

質問

B 幅広い知識を持っておられ、座学も実技も分かりやすく、程よいペースで指導してくださいます。

先生一人に対して受講生の人数が多いので、いつもマンツーマン指導というわけにはいかないですが、一人集中して作業が出来たり、自分なりに考える時間をしっかりとれます。

また、本当にわからない時は、親身になって指導してくれるので、適度な距離感がとても良いと思います。

質問

B 前職で工具を扱う機会はなく、溶接や重機の運転ができるか心配でしたが、やってみたら案外できました。

ポリテクセンター米子では初めて触る道具、初めて経験する作業、自分とは違う業種を経験してきた人たちとの出会いなど、ここでしかできない体験があります。

資格の取得だけでなく、多くの『出会い』を通して、自分自身の視野を広げる手助けになると思います。産業技術科おすすめです!

ビル管理技術科修了生Fさん
質問

B 仕事はガスに関することですが、各ご家庭の相談事の中には、水道やエアコン電気と言ったこともあります。

ポリテクで基礎的なことを学んでいるため、工事等の際には技能の理解や習得がし易いです。また、受講期間中に取得した資格が現場で活かされることもあります。

質問

B ビル管理技術科は様々な分野に精通した技術を学べる場所です。水道や電気、空調と言った建築物にはかかせない部分を基礎から教えていただけるので、「自分にはどんな技術が向いているのか」を探すきっかけにもなると思います。是非受講してみてください。

ポリテクセンター情報
シルバー人材センター

シルバー人材センターは、原則60歳以上の方で、健康で働く意欲のある方が、家庭や企業などからあった依頼・求人などを受ける場所です。

退職後の社会との繋がりや、長年の経験値の活用の場にもなるシルバー人材センターですが、“月10日程度、週20時間を超えない程度”と無理をしない範囲の働く時間・日数に限られます。これは無理のない範囲の仕事をすることで、細く、長く続けるために設定されているんだそう。


長年の経験値の活用の場でもありますが、中には退職まで散々頑張ったから同じ仕事はしたくないなぁと感じられる方もおられるそうで、そんな方は今までしたことのないお仕事に挑戦することができます。

説明会や研修会もあるので、やってみたいことにどんどんチャレンジできる場所にもなりそう。

今回の取材で印象的だったことは、「シルバーで天職を見つけた」という方がいらっしゃったということ。そう思えるほど、仕事に対して楽しさややりがいを感じるということができるなんて、そうそうないですよね。自分自身が退職を迎えた後の人生が楽しみになりました。

会員さんに聞いてみたノムラさん

食品製造業界を退職後、色々なことをして過ごしていたノムラさん。いろんなことをやり尽くして、手持ち無沙汰の時間がどんどん増えてしまったそう。元々忙しくしている方が性に合っているのかも…とお友達とシルバーに参加されました。

「私のように、手持ち無沙汰に感じている方は、隙間時間に数時間働く、ということができるのでいいと思います。会社員とは違って、対応できない時・事は『できない』と言えるので、心にも余裕ができるんじゃないでしょうか」


今ノムラさんが対応されているのは、利用者 Tさんの病院の付き添いやお部屋の片付け。

基本的に、利用者の依頼はシルバーへ電話して、対応できるか確認することになるのですが、一昨年から利用されているTさんは、片付けの依頼の時に病院の依頼の予定を合わせるそうです。

「いけない時は他の方に対応してもらうことになりますが、事前に会う機会があるので、その時に予定調整をさせてもらいます。その辺りはお互いの信頼関係などで柔軟に対応させてもらいます。配慮しあって依頼したり働いたりできると、お互いに気持ちいいですよね。その心地よさがやりがいにもつながると思います。」



依頼後にお茶会をしたり、おしゃべりする時間を楽しんでおられるお二人の様子が想像できて、こちらもほっこりしてしまうインタビューになりました。

会員さんに聞いてみた吉持さん

先にシルバーで働いていた先輩からのお誘いで、シルバーに入った吉持さん。もともと学生時代から樹木の勉強をしていて、樹木関係に従事されていました。

長年の技術と経験をシルバーでも最大限発揮され、他の方にレクチャーもされています。

植栽班吉持さんがとても大切にしているのは、『緊張感を常に持って作業をする、してもらう』こと。

「みなさんが少しでも長くシルバーで働いて、生きがいのある生活をしてもらうために怪我なんてあってはならないこと。仕事内容によっては高所になることもあるので、危険なこともあります。年齢や体力を鑑みて、仕事内容を振り分けることもありますよ。」



植樹班の一年の締めくくりは、米子市役所の前に門松を飾ること。新人の方にとっても一年の集大成となります。

門松に使われる葉花は、シルバーで植栽班に依頼があったご家庭からのご提供だそう。

「庭に植っている南天などを提供していただいて、出来上がる門松は、みなさん社会貢献の表れで、本当に素晴らしいものです。

今年の門松は、子どもたちにも参加してもらうことを検討しています。このことで、子どもたちにも社会貢献の気持ちを学んでもらえると嬉しいです。」



インタビュー中に米子の景観の話までにも発展したりして、植物への愛や社会貢献への意気込みを感じました。年末の門松も楽しみです!

新しい取り組み

シルバー人材センターでは、令和3年度に新たな取り組みがスタート。

実はこの取り組み、どのような取り組みになるかまだ決まっていないそうなんです!

農業に興味のある会員に集まってもらい、みなさんが考えたものを基に、事務局も一緒になって企画を考えていく予定なんだとか。我こそは!と思う方は、ぜひ参加してみてください。

新事業詳細
シルバー人材センター情報
新店舗インフォメーション

新店舗なのにもう人気沸騰中!

そんな新店舗の情報をもう少し詳しくお教えしちゃいます!

Hayami洋菓子店

ずらりと並んだケーキや焼き菓子は、境港出身の女性オーナーが1人で全部作っているそう。長い間修行され、この度夢をかなえて開業したお店は今、境港で話題沸騰中!

ラインナップが豊富で行くたびに新しい商品に出会えます。
中でも、シュークリーム(220円税込)は個数の購入制限があるほど大人気。

皮はナッツの香りがたっぷりなザクザクタイプ。クリームは濃厚でバニラビーンズが沢山入った甘さ控えめなぼってりタイプ。この相性がたまりません!
これ以上の至福があるかと思う味わいがお口の中を満たしてくれますよ。

そんなスイーツのおともに近くの焙煎豆屋さん「Blue Ocean Coffee(ブルーオーシャンコーヒー)」とコラボして販売しているドリップパックもおすすめ。かわいいロゴがはいったパッケージなので、プレゼントにも喜ばれそうです。

旨くてお手上げ屋

おかき専門店というだけあってなんとおかきは30種類もありました。
地元の食材を中心につくられ、鬼太郎のキャラクターパッケージなのでお土産にもぴったりです。

人気ナンバー1という蟹の味を買ってみました!かわいい蟹の形で見た目もかわいい。蟹の風味とおかきの香ばしい感じがよくあい、我が家は即完売でした!
他にも「トマトバジル」や「きんぴらごぼう」など味の想像がつかない気になるおかきがたくさんありましたよ。

そして、私、コムマガ編集部バーラがおすすめしたいのはその場で食べられる「そばおやき」(300円)。よく子どもと水木しげるロードにお散歩に行くのですが、たくさん歩くので、小腹がへるんですよね。そして疲れてちょっと腰掛けたくなります。
そんな時丁度水木しげるロード真ん中あたりにお店もあるので、場所的にも、お腹にも、そして、お財布にも丁度いいんです。是非立ち寄ってみてくださいね。

Plumeria(プルメリア)

GOOD BLESS GARDEN1階に誕生したPlumeria(プルメリア)はスタッフの山本さんが担当となり、しっかりカウンセリングして自分を変えるためのアイディアを出してくれます。
他のエステに比べるとメニュー幅も多くあちこち通わなくてもPlumeriaに行けばいろんな角度からわくわくする自分に出会える糸口がみつかりそう。

私、コムマガ編集部バーラの場合「ワインやコーヒーが好きな人は歯が黄ばみやすい…」という世間話にぎくり!まさに黄色い歯の私。歯を白くする発想ってなかったけど、この金額で、歯が真っ白になって、毎日鏡を見てうきうきするなら、やってみたいかも!と感じました。
バーラ、現在37歳、日々進む老化に鏡をみて只々ため息をつくばかりでしたが、行動してみる勇気とアイディアを山本さんにたくさん教えてもらいました。

是非また試してみたいです。

米子のまなびすと
まなびすと

デジハリでは実案件やコンペの募集が随時あり、受講期間中はトレーナーサポートのもと様々なチャレンジができるのですが、西口さんもいろいろチャレンジしたそうです。

本誌での言葉でもあった通り、苦手だったデジタルが身近になったことで、なんとデジタルで絵を描いて、絵本のコンペにも参加したそう!もともとイラストを模写するのが好きだったということもあり、アナログでは描いていたこともあったけれど、初めてデジタルで描いてみたそうです。

ペンタブレットがなかったので、すべてマウスで描くという挑戦。結果はだめだったけど、チャレンジすることが楽しくデジタルで絵を描く楽しさに出会ったとか。

チャレンジすることで、新たにたくさんの可能性をみつけた西口さん。

「在宅」「趣味」「子育て」の自分の理想のワークバランスを保ちつつ、きらきら輝き活躍する西口さんの今後が楽しみです。

Youtube
middle
PDFダウンロード
プレゼント
プレゼント応募ボタン

アンケートにお答えいただいた方に、抽選で素敵なプレゼントをが当たります。

応募締め切りは2021年4月20日(火)です。ご応募お待ちしております!

米子コンテンツ工場メンバー
いつもコムコムマガジンを読んでくださってありがとうございます。
私たち、米子コンテンツ工場が冊子とWebの特集ページを作っています。

みなさんからのアンケートも楽しく読ませていただいております。それを元に、地元のおすすめスポットを探し、日々奔走しています。私たちならではの視点で、みなさんに楽しんでいただけるコムコムマガジンを目指します。

おすすめスポットがあるよ!という方、取り上げて欲しいテーマがある方は、ぜひアンケートにもご記入ください!

また、Instagramもやっていますので、commaga2018を検索してみてくださいね。「#comcommag」をつけての投稿もお待ちしております。

過去のコムコムマガジン
last up date 2020年02月25日